■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「成長」するためには、失うものが必要

2019年12月21日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

息子の「乳歯」の奥から「永久歯」が顔を出し、

前歯2本を抜きに行きました。

 

「えー!?嫌だよー!

 抜きたくないよー!!」

 

と、泣きそうになっていた息子に、

 

「綺麗な大人の歯を生やすために、

 早いうちに、抜かなきゃいけないんだよ」

 

と教えてあげると、

意外と早く覚悟を決めて、

 

「分かった!痛いかもしれないけど、頑張る!」

 

と、宣言してくれました。

 

実際の治療の時は、

親の私の方がドキドキしていましたが、

治療中も、抜いた直後もケロッとしていて、

 

「パパ、全然痛くなかったよ!

 つっくんもこれで、大人になるんだね!」

 

と、嬉しそうに、胸を張っていました。

 

人生において、成長するためには、

失うものが必要になります。

 

私は、電通において、

 

「年収1000万円」

 

以上を得ていましたが、それを捨てたからこそ、

 

「月収1000万円」

 

以上という境地に辿り着きました。

 

さらに、家族とずっと、

一緒にいられる人生を手にしました。

 

もし、安定的な「年収1000万円」を捨てることに

恐怖心を抱いて、それを必要以上に躊躇っていたら、

こんな有り難い未来には、到達していません。

 

そもそも、電通に勤務していた時代は、

子どもを授かることができませんでしたが、

退社した直後に、長男を授かったのです。

 

ストレスが無くなったことが、いかに、

人生を変えるのか、痛感しています。

 

今、多くの方とコミュニケーションを取る中で、

1度きりの人生、自分の望みを捨てる方が、

あまりに多いと感じております。

 

「これは捨てられないんです」

 

とおっしゃる方は、

 

息子で言うと、

 

「乳歯を抜きたくない!」

 

と言っているのと同じで、歯並びがガタガタになり、

今後の人生の彩りが、大きく変わることになります。

 

2020年、日本社会は大きく変わるでしょう。

 

海外を含めて、政治経済で大きなニュースがあり、

為替も大きく動いていくことが、予想されます。

 

会社員が、さらに苦しくなることも、明白です。

 

そのような中で、「チャレンジ」することが、

人生を大きく変えます。

 

来年、私は、

 

「フリーエージェント育成プログラム」

 

にご参加くださった100名強の皆様と、

一緒に歩んで行きます。

 

皆様を成功に導けるように、

精一杯、頑張りたいと思っておりますので、

プログラムメンバーの皆様、

2020年以降に人生を大きく変えられるよう、

一緒に努力していきましょうね^^

 

追伸;

 

本日は、前歯が抜けた息子の写真、3枚です!

 

 

大きな、大きな一歩!

 

これからも、息子と娘の成長を、

ずっと見守っていきたいです^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: