■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


赤西仁の「独立」とHIKAKINの「事務所所属」

2016年12月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_aoi20161207

 

黒木メイサさんが第2子を妊娠した報道を受けて、

夫の赤西仁さんを再評価する声が高まっています。

 

赤西さん自ら、第1子であるお嬢様の幼稚園の送迎を

積極的に行うなど、円満な家庭を構築された上で、

音楽活動も積極的に行い、中国などアジア諸国で

人気を博しているようです。

 

ジャニーズという大きな組織を退社することには

賛否両論ありましたが、彼の現時点の状況を見ると、

「独立」を選んだことが正解だったと感じます。

 

自由に表現して、自由なライフスタイルを送り、

自分が思い描いた通りの人生を歩んでいく。

 

これこそが、幸せな生き方だと思うからです。

もし、ジャニーズに残っていたら、

今よりも大きなステージに立てていたかもしれません。

 

しかし、当然ながら、その分様々な制約がありますし、

時間的な拘束も長くなります。

 

組織のしがらみの中で自由を無くすよりは、

たとえ自分が立つステージが小さくなったとしても、

自分らしく生きていくことを選べば、結果的に、

幸せな人生を歩むことができると感じます。

 

インターネットが拡がったことにより、

大きな組織に属さなくとも、自分らしい表現をして、

それを収益につなげることができるようになりました。

 

HIKAKIN」や「はじめしゃちょー」などはその好例で、

YouTubeでの自由な表現が、多くの方を惹きつけ、

それが多額の広告収入に結び付いています。

 

ところが、彼らが「UUUM」という

YouTuber専門の事務所に所属していることは、

少し残念に思っています。

HIKAKINはファウンダーで「最高顧問」の役員)

 

「個人」の時代であることを

もっともっとアピールしていただきたかったですが、

組織に属したことによって、少なからず、

自由度が下がってしまうのは間違いありません。

 

まだ設立から3年の若い会社ですから、

過度のしがらみは無いと思いますし、

現時点では良い相乗効果をもたらしているのでしょう。

 

しかし、今後、組織拡大に伴い、彼らの創作の質までもが

下がっていかなければ良いのですが、、、

 

そんなことを、赤西仁の「独立」と

HIKAKIN、はじめしゃちょーなどの「事務所所属」を

対比して感じました。

 

さて、解散まで1ヶ月を切ったSMAPは、

事務所との契約も切れる来年夏以降、

どのように動くのでしょうか。

 

国民への影響力が大きい彼らの動向を見つめ、

自分の生き方の参考にしたいですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

  • by ジャニー

    こんばんは。
    いつも興味深く記事を拝見させて頂いております。

    ジャニーズの一ファンである自分も当時は、赤西さんの独立・
    脱退に多少疑問を感じておりました。
    しかし、結果的に独立という形をとった事が彼にとって正解だったという
    見解になるほどなと思いました。
    組織で生きるのに向く人、個人で生きるのに向く人、色々な方々がおり、
    彼は後者のタイプだったのだなとこの記事を読んで確信しました。

    今後も引き続き、ジャニーズに対する興味深い見解を期待しています!

    13 12月, 2016 5:47 PM




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: