■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


肉から「腸」を守る「食物繊維」サプリ

2019年08月15日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

私は肉が大好きで、私の血を継いだ息子と一緒に、

焼肉やステーキを良く食べています。

 

過剰な肉食は、腸内に悪玉菌をのさばらせ、

それが、さまざまな病気の引き金になる恐れがあると

認識しています。

 

また、肉中心の食生活は、腸内で腐敗が起きやすく、

発がん物質が作られやすくなるとも言われます。

 

本来は、野菜などをバランス良く含めた食事を

心掛けることが大切なのですが、現代社会の中では、

それはとても難しいです。

 

伝統的な日本食は、玄米や麦飯に、

魚などを主菜にして、

根菜などの野菜や海藻を副菜にした

食物繊維たっぷりの食事でした。

 

ところが、一気に欧米化した現代の食生活では、

かつての日本のように、最適なバランスで

食事を摂ることは、とても難しくなっているのです。

 

単純に、野菜を増やせば良いかと言うと、

そもそも、野菜の栄養素が

激減しているという問題もあります。

 

だからこそ、サプリで補填する必要があるのです。

 

特に、私のように肉を愛する方は、

確実に不足する「食物繊維」を、

食事とは別に、摂取するべきです。

 

私は、20代の時、

腸のトラブルを改善するために

肉をやめた時期もあります。

 

マクロビオティックなどにも

チャレンジしたことがあります。

 

確かに、腸の調子は一時的に改善するのですが、

力が入らなくなったように感じる上に、

大好きな肉を我慢することにより、

大きなストレスを抱えました。

 

どちらが身体に良くて、

どちらが悪いのか、分からなくなる程でした。

 

その後、様々なことを試したのですが、

どれも大きな効果を感じずに悩み続け、

やっと出会うことができたのが、

先月末からご紹介しているサプリです。

 

「これは本当に凄い!

 お腹の悩みが、一気に解決しました!」

 

私のもとに、お喜びの声が、続々と届いています。

 

お喜びいただけた上で、

収入もいただけるなんて、

本当に幸せなことだと思います。

 

あなたも、低価格で高品質な製品を愛用し、

健康を維持した上で、そのビジネスに乗って、

大きな収入を得ませんか?

 

8/22(木)22:00-23:00

 

9/8(日)15:00-16:00

 

無料のウェビナーを開催しますので、

こちらのURLから、

いずれかの日時をお選びになって、

お申し込みください。

 

http://fujisawa-ryo.com/kenko_b

 

両日ともご都合が悪い場合は、

「興味あり」をご選択いただければ、

次回のスケジュールを優先的にご案内致します。

 

追伸;

 

本日も、私と息子はお肉です!

 

 

私は「トップリブステーキ 300グラム」。

 

 

息子は「リブロースステーキ 300グラム」。

 

 

大好きなお肉を、我慢することなく食べて、

それでも、腸の調子が全く狂わないのは、

本当に有り難いことです^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b