■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「霧島神宮」「桜島」の偉大なパワー

2017年03月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

霧島の山深くに、荘厳にそびえる霧島神宮。

 

 

天孫降臨の神話にある「ニニギノミコト」を祀り、

坂本龍馬とおりょうも訪れた、

由緒ある神社を参拝しました。

 

 

大自然の緑と、鮮やかで朱塗りの豪華絢爛な本殿が、

とても美しく交差していて、静寂の中で、

不思議な力を感じました。

 

 

大鳥居は22.4メートルで、

「西日本一」の高さを誇るそうです。

 

 

また、境内の御神木の樹齢は800年で、

南九州一体の杉の祖先と言われます。

 

 

杉の祖先、、、

 

花粉症で悩む現代人は、

複雑な感情も覚えそうですね。

 

私も花粉症持ちなのですが、

ご利益を有り難く受け止めつつ、

その後しばらく、くしゃみと目の痒みを

味わわせていただきました。w

 

続いて、鹿児島市から見つめる桜島の反対側、

大隅半島から、桜島を半周しました。

 

 

桜島は、現在でも5000人が暮らしています。

いつ、大噴火が起きるかわからない中で、

桜島を愛し、住み続けている方がいるのです。

 

 

経済的な理由も含め、様々な要因があるでしょうが、

日本に住む限りは、大なり小なり、

自然災害のリスクと隣り合わせです。

 

それこそ、私のように東京に住み続ける人間も、

近いうちに起こると言われる関東大震災と

向き合わなければいけない日が、必ず来ます。

 

このような国民性、

世界の中では、奇異に映るかもしれません。

 

 

しかしながら、快晴に恵まれた中で、

雄大な桜島を間近で見つめながら、

ここから離れられないという感情も、

私は、理解できると思いました。

 

 

さて、フェリーで薩摩半島に戻り、

天文館を散策しましたが、

この辺りから感じられる昭和の香り、

とても好きです。

 

 

特に、路面電車の風情ある景色は、

いつまでも守って欲しいですね。

 

 

そして、お楽しみの鹿児島グルメ、

お昼は「さつま路」でカツ丼、

夜は「黒豚百寛」でさつま料理をいただき、

順調に太っております!w

 

 

ということで、本日が今回の旅の最終日!

 

故郷・鹿児島をたっぷり堪能しますね^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

坂本龍馬が訪れた天然露天の「名湯」

2017年03月16日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

今回の旅で最も楽しみにしていたのが、

鹿児島と宮崎の県境「霧島」にある、

坂本龍馬が訪れた天然の露天風呂です。

 

 

「日本初の新婚旅行」と称される、

坂本龍馬と、その妻おりょうの旅の道中、

この霧島の温泉に入ったと言われています。

 

大河ドラマ「龍馬伝」の中でも、

福山雅治さんと真木よう子さんが、

こちらの霧島いわさきホテル「緑渓湯苑」で

そのシーンを撮影されていました。

 

 

ですから、妻と私は、

おりょうと坂本龍馬になった気分、あるいは、

真木よう子さんと福山雅治さんになった気分で、

この名湯を味わいました。w

 

 

息子も、娘も、

初めての天然露天温泉に大興奮で、

渓流沿いの8つの湯船を、家族4人で堪能しました。

 

 

ホテルの詳しい方にお聞きすると、

坂本龍馬は、「薩摩藩士」だったそうです。

 

「西郷伊三郎」という名前を持ち、

西郷隆盛や大久保利通と深く交流して、

明治維新の礎を築いたのです。

 

この新婚旅行と言われている旅も、

「薩長同盟」への反発として、

龍馬が京都の寺田屋で襲われて負傷した後、

おりょうが薩摩藩に救援を求めて、

この地で療養したというのが事実です。

 

土佐を脱藩し偉業を成し遂げた坂本龍馬に

自分をなぞらえるのは、

とてもおこがましいことですが、

私も電通を脱藩し、数々の非難を受けた中で、

妻が守ってくれたからこそ、今があります。

 

龍馬は温泉に入りながら、

大事業を成し得た達成感とともに、

最愛のおりょうと過ごした日々に

一番の安らぎを覚えたと伝えられています。

 

そして私も、今回の旅をとても幸せに感じながら、

妻への感謝を忘れてはいけないと、

この霧島が教えてくれているように思います。

 

ちなみに、西郷隆盛は下級武士だったので、

霧島には入ることが許されなかったようですね。

 

様々な身分・立場の人間が、お互いに引き寄せられ、

日本を変えていったという歴史の事実。

 

混乱する現代の日本社会でも、

様々な人達が手を取り合って、

もう一度、維新するべきだと改めて感じました。

 

私にも、できることを11つ積み重ね、

仲間を拡大していきたいと思います。

 

さて、夜は懐石料理をいただいた後、

ホテルの大浴場(こちらも露天風呂があり巨大)に

息子と2人で入りました。

 

「翼も結婚したら、家族でここに来るんだよ」

 

と言ったら、

 

「つっくんはね、パパとママを連れて来るんだよ!」

 

と言う息子に、焼酎の酔いもあって、

涙してしまったのは秘密です!w

 

追伸;

 

霧島いわさきホテルの地下には、

バブルの名残か、巨大なゲームセンターがあって、

子供達も飽きずに遊んでいました^^

 


  

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料