■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


くら寿司が「年収1000万円」で新卒募集

2019年07月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

回転寿司チェーン大手の「くら寿司」が、

5月末に募集を開始した2020年春の新卒採用で、

「年収1000万円」の幹部候補生を募っています。

 

26歳以下

 

TOEIC800点以上

 

・簿記3級以上

 

という条件で、

最大で10名を採用するようです。

 

日本の人口は減少を続け、

国内だけの狭い視野で見た「外食産業」としては、

苦しい未来が想定されます。

 

ところが、昨日書かせていただいた通り、

日本食は現在、世界中に愛されています。

 

最近は、

 

「カツカレー・ラーメン・お好み焼き」

 

などに火が着いてきましたが、元来、

「寿司」こそが、日本食の「王道」です。

 

マーケットを海外に転じれば、

右肩上がりの未来を描けるはずなのです。

 

だからこその、人材への「投資」、

素晴らしいと思います。

 

特に、バイトテロ事件があった後に、

それでも「人」に投資をする姿勢に、

私は、田中邦彦社長の「愛」を感じます。

 

また、そのような企業の姿勢を

社会に示すという意味でも、

良い投資になっているでしょう。

 

ただ、私としては、

残念な(心配な)点が3点あります。

 

1つは、今回の採用が

「エグゼクティブ採用」であり、

既存の社員をマネジメントするような

立場になること。

 

これが、叩き上げで努力をしてきた社員の

士気を下げてしまう可能性があると感じます。

 

次に、応募してきているのが、

東大・慶應・早稲田の学生ばかりだということ。

 

そして、これに関する東洋経済の取材に対して、

田中社長が、

 

「多くの優秀な人から応募があった」

 

と、前向きに受け止められていること。

 

これも、学歴偏重の時代錯誤を感じました。

 

TOEIC800点以上」や「簿記3級以上」は、

経営的な観点を持って海外に攻めていく人材としての

基準として想定されるのでしょう。

 

しかしながら、サービス業には、

もっと別の力(広く言えば人間力)が

重要だと感じるので、少し違和感を覚えました。

 

最後に、

 

「卒業後に1年以上ブランクがある者は対象外」

 

となっていること。

 

人と直接対峙する仕事に関しては、

人とは違った人生経験が重要だと思います。

 

「大学を卒業して、2年、放浪の旅をしていた」

 

こんな人こそ、

私は採用したいと思うので、

わざわざ、「ブランク」がある人を

排除しなくても良いのでは?

と感じました。

 

ただ、人事とは、本当に難しいものです。

 

私も、大企業で部下を育成したり、

ベンチャーの役員として全社の人事を考える中で、

誰かを高く評価することが、

その他の方の評価を相対的に下げることになるという

難しさを感じることが多くありました。

 

現在、コミュニティを運営する中でも、

同じような悩みを抱えることがあります。

 

くら寿司が、大きな一歩を踏み出したことは大歓迎。

 

その上で、これから起こるであろう問題に、

適切に対応して、その他の外食産業でも、

人に投資ができる企業が増えていくことを

願っています。

 

追伸;

 

本日の写真は、釧路の「なごやか亭」!

 

 

「くら寿司」も、もちろん美味しいですが、

本場のいくら!ウニ!、最高でした^^

 

これだけ人を幸せにする「お寿司」に

関わる皆様の収入が、日本食の発展とともに、

どんどん上がっていくと良いですね!

 

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

日本食ブームの中で台頭する「ラーメン」

2019年07月06日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

「焼肉」「ステーキ」が大好きだった息子に、

「ラーメン」ブームが到来しました。

 

北海道で食べたラーメンに感動したようで、

東京に戻ってきてからも、

 

「今夜は何を食べたい?」

 

と聞くと、開口一番、

 

「ラーメン!」

 

と、興奮しながらリクエストされます。

 

私の妻は、胃腸の調子を崩さないために、

最近はラーメンを避けているので、

私が、自宅近くの複数のラーメン店に

息子を連れ出す日々が続いています。

 

 

 

かつて、日本食と言えば、

 

「寿司・天ぷら・すき焼き」

 

などが定番でしたが、最近は、

 

「カツカレー・ラーメン・お好み焼き」

 

などが人気だそうです。

 

一風堂などの日本ラーメン店が、

ニューヨークやロンドンに進出して

大人気になっていることも、その証左ですね。

 

北海道でも、「札幌ラーメン」「釧路ラーメン」

「旭川ラーメン」「函館ラーメン」と、

その地域ごとに発展したラーメンがあり、

今回の旅行では、函館以外のラーメンを

美味しく味わうことができました。

 

そして、それぞれのお店で、

外国人の方が召し上がっているのを拝見しました。

 

東京・渋谷の「一蘭」も、

連日、外国人の方の行列ができていますし、

日本のラーメンが、世界で大人気になっているのは、

間違い無い事実だと言えます。

 

脳科学者の茂木健一郎さんは、

彼の書籍である

 

「なぜ日本の当たり前に世界は熱狂するのか」

 

の中で、

 

 「うま味」という独自の味覚の発見を象徴として、

 日本食にはかなり細かい食感の分類がある。

 

 サクサク、まったり、シャキシャキ、とろ~り……

 

 世界中のどこを探しても、食感のオノマトペに

 これだけ数がある国はないだろう。

 

という、知的で独特な表現をされていますが、

その通りだと感じます。

 

自然豊かな日本では、

四季折々の食文化が育まれ、

食材の「旬」を楽しむための感性が発達してきました。

 

その上で、日本人の極めて繊細な感性が、

日本食の多彩な食感や味わいを

生み出してきたのでしょうね。

 

それが、札幌・釧路・旭川・函館という

同じ北海道内に4つのラーメン文化を作ったことにも

現れていると感じます。

 

また、香川=うどん、仙台=牛タン、

広島=牡蠣&お好み焼き、名古屋=ひつまぶし、

福岡=めんたいこ&ラーメンなど、

私達が開催する全国セミナーの各地に、

その地を代表するお食事メニューがあることにも、

改めて感激しています。

 

来週は、金沢。

 

日本海の海の幸をいただき、

日本のことがさらに好きになる日々を

楽しみにしております!

 

追伸;

 

スープまで飲み干す「完まく」、

6歳児が、本日も見事に達成でございます^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

原爆ドームの悲しみを、胸に刻んで…

2016年09月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

hiroshima20160903_4

 

広島の最終日、私達は新しい観光スポットよりも、

原爆ドームに再訪することを選びました。

 

 

hiroshima20160903_6

 

誰かを責めたり、何かを非難するのではなく、

人間とは、このような過ちを犯してしまう

愚かな生き物なのだということを認識し、

その悲しみを胸に刻み続けることが、

ここを訪れた人間の責務だと思います。

 

hiroshima20160903_7

hiroshima20160903_8

hiroshima20160903_9

 

hiroshima20160903_10

hiroshima20160903_11

hiroshima20160903_13

hiroshima20160903_14

hiroshima20160903_15

 

そうして、同じ過ちを犯さないように

一人一人が次代の平和を願い続けていくことが

この負の世界遺産が持つ大いなる価値です。

 

まだまだ小さい子供達は、

その真意を理解することはできていませんが、

今回の旅の思い出と共に、

これからもしっかりと教え続けて、

私が家庭の中でできる使命を果たしたいと思います。

 

さて、最後の広島ソウルフードは、

「村長の店」でカキ入りお好み焼きを選びました。

 

hiroshima20160903_16

 

hiroshima20160903_3

hiroshima20160903_5

 

「お好み村」と「お好み共和国」という

競合店が両隣に数十店舗乱立している中で、

独立した店舗として生き延びているお店ですので、

とても美味しかったです。

 

お店の方と色々とお話させていただきましたが、

小学生のお子様お二人を、まだ、原爆ドームに

連れて行けていないそうです。

 

目の前にある悲しみを、子供達にどう伝えるか、

広島の方も苦悩されているのだと感じました。

 

学校の「教科書」だけではなく、

それぞれが自ら情報を取って、

正しい歴史を適切に継承していきたいですね。

 

ということで、広島を中心にした中国四国の旅、

あっという間の6日間でした。

 

カープの連勝でマジックが「7」になり、

広島が大熱狂の中で現地を体感させていただけて、

とても幸せに感じています。

 

帰りの新幹線の中では、

「黒田の男気弁当」と、「カープの新菊丸弁当」、

「一番搾りの広島づくり」と、「宮島ビール」という、

広島尽くしで余韻を楽しみながら帰京しました。

 

hiroshima20160903_17

hiroshima20160903_18

hiroshima20160903_1

hiroshima20160903_2

 

この宮島ビールは、

宮島の弥山原始林に育まれた水を使った地ビールで、

宮島の老舗旅館20代目の有本茂樹さんが開発され、

350ml540円という高価格で勝負されています。

 

ビール好きな私も納得の味わいでしたし、

こうしてブランドを育てていく努力を、

応援したいと思います。

 

また、キリンの47都道府県一番搾りも、

とても面白い試みですね。

 

ラベルが違うだけではなく、

その土地の風土や郷土ならではの味覚に合わせ、

味も全く違うことに驚きました。

 

47種類すべてを、

現地で味わってみたいと感じましたよ^^

 

次はどこに行こうかな??

 

家族で楽しみながら、企画したいと思います!!

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料