■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


子育てに「もう遅い」はありません

2017年06月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

息子の幼稚園の「子育て・親育ち講演会」で、

お茶の水女子大学名誉教授の内田伸子先生が

素晴らしいお話をお聞かせくださいました。

 

「発達心理学」の第一人者であられる内田先生は、

子供の脳の成長には、3段階の成長があると説きます。

 

1.1次認知革命:生後10ヶ月頃

 

2.2次認知革命:5歳後半

 

3.3次認知革命:9-10

 

これらの革命期それぞれで、

脳が健全に育っていくことがとても大切なのです。

 

そして、より良く育てるために重要なのは、

親や周囲の大人が、「共有型しつけ」を

していくことだとおっしゃっていました。

 

「共有型しつけ」とは、

子どもに寄り添い、子どもの安全基地になり、

3H(ほめる・はげます・(視野を)ひろげる)を

続けてあげることです。

 

このような環境を与えることが、

「自律的思考力」と、「創造的想像力」を育み、

社会の中で活躍できる大人を生み出していくと

いうことなのです。

 

内田先生は最後に、

 

 「共有型しつけ」とかけ、「盆栽」と解けば、

 その心は、「松(待つ)」と「菊(聴く)」。

 

という、ユーモアを織り交ぜたお言葉を

与えてくださいました。

 

我が家の育児においても、

子どもたちの疑問を「聴いて」あげて、

焦って答えを教えたりせず、しっかり「待ち」、

その疑問を一緒に共有して、

課題解決していく力を身に付けさせてあげたいと

願っております。

 

素晴らしい学びを得ましたので、

先生の著書、

 

『子育てに「もう遅い」はありません』

 

をしっかり読み込んで、

引き続き、子供達に向き合っていきます。

 

そして、本日の学びに関しては、

ビジネスの指導においても全く同じで、

生徒さんに寄り添い、様々な疑問や悩みを共有し、

褒めて、励まして、視野を拡げてあげて、

答えを一緒に探し出し、成果につながった時は、

共に喜ぶ。

 

このような姿勢で導く指導者でありたいと

改めて、強く感じました。

 

追伸;

 

息子は「乗り物」、

 

 

娘は「おままごと」、

 

 

それぞれ、好きなことに夢中にならせて、

「時間」と「小さな疑問」を、

一緒に共有していきたいと思います^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

日米の子育ての「差」とビジネスの力

2015年08月13日

※あの有名な社長達の中で、

 藤沢涼が急上昇中です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa0813

 

息子の保育園、幼稚園を選ぶために

インターナショナルスクールを含めて

複数の体験入園をさせて頂いています。

 

その中で、日米の子育てにおける

大きな「差」を発見しました。

 

アメリカ人と思われる親御さんは、

お迎えの時に、お子様に対して、

 

「excellent!」

 

「incredible!」

 

「very good!」

 

「great!」

 

「amazing!」

 

「fantastic!」

 

「perfect!」

 

と、ほめ言葉を連発しているのです。

 

それに対して、日本人の親御さんは、

 

「早く歩きなさい!」

 

「よそ見するんじゃない!」

 

「またお弁当残してるじゃない!」

 

など、しかること前提で

向き合っている方が多かったのです。

 

先生も、

アメリカ人の先生はとってもほめ上手でしたが、

日本人の先生は、ほめるということよりも、

しつけのために厳しい指導をしているような

印象を受けました。

 

もちろん、日本人でも

ほめて迎え入れている方もいらっしゃいましたし、

逆に、アメリカ人の方が、

厳しくしかっている様子も見ました。

 

しかし、

複数の先生や親御さんを総合すると、

アメリカ人は「ほめて」育て、

日本人は「しかって」育てる、、、

 

そう感じる程の差があったのです。

 

そして、この違いにこそ、

経済の中に見る日米の大きな差の

要因があると考えました。

 

ほめられて育った子は、

自分に自信を持って堂々と

意見を伝えられるようになるでしょう。

 

そうして、自分で道を切り拓く

リーダーが多数生まれているのが

現在のアメリカだと言えないでしょうか。

 

「謙遜」は日本が誇る文化ですが、

しかられて育った日本人の子は萎縮してしまい、

グローバル社会の中で

イニシアチブを取れません。

 

そして、だからこそ、

世界の中でどんどん取り残されているとも

考えられるのではないでしょうか。

 

グローバル化の流れは、

今後ますます加速していきます。

 

これまでのように、日本だけの中で

「以心伝心」「沈黙は金」

と安穏と生きてこられた時代は

終焉に向かわざるを得ません。

 

そのような中で、

強く逞しく生きるために、

息子にとって最善の環境を用意したい、、、

 

そう、真剣に考え始めています。

 

 

>先輩の親御さんの皆様

 

保育園、幼稚園選びの成功例、

失敗例がありましたら、

シェアして頂けると嬉しいです^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料