■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


人生は、「よろこばせごっこ」

2018年10月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

両国国技館で開催されたアンパンマンの

テレビアニメ放送30周年を記念した特別ステージ

 

「アニバーサリー フェスティバル

 ありがとう!みんなのキラキラパーティー!」

 

に遊びに行きました。

 

 

 

ちょうど1年前に、

初めての大相撲観戦をした「枡席」から、

力士の方々ではなく、アンパンマン達を見つめ、

一緒に歌うという経験、貴重でした^^

 

 

そして、

 

 なにが君のしあわせ

 なにをして よろこぶ

 わからないまま おわる

 そんなのはいやだ!

 

「アンパンマンマーチ」を大合唱しながら、

作家である「やなせたかし」さんのお言葉を

思い出します。

 

「人間が一番うれしいことはなんだろう?

 長い間、僕は考えてきた。

 

 そして結局、人が一番うれしいのは、

 人をよろこばせることだということが

 わかりました。」

 

母親が一生懸命に料理を創るのは、

「美味しい!」と喜んで食べる

家族の顔が見たいから。

 

父親が汗をかいて仕事をするのは、

家族の喜びを支えていきたいから。

 

学問が得意な人は学問で、

絵を描ける人は絵を描くことで、

歌える人は歌で、人を喜ばせたいから。

 

そんな深い人生哲学が、

自分の顔を食べさせて、相手を喜ばせる

アンパンマンの登場につながったのです。

 

一方で、ばいきんまんは、

 

「食べ物の敵ではあるけれど、

 実は、パンだって、酵母菌が無いと創れない。

 

 バイキンも、食べ物がないと繁殖できない。

 

 つまり、パンとバイキンは、敵だけれど味方、

 味方だけど敵という、共生関係にある」

 

というテーマが裏にあり、

アンパンマンとばいきんまんの関係が

成り立っているとお聞きした時は、

その深さに、とても感動しました。

 

アンパンマンを生み出してくれた

やなせたかしさんに、心から感謝です。

 

私自身も、家族に対して、そして、

ビジネスを通して出会う皆様に対して、

 

 なにが君のしあわせ

 なにをして よろこぶ

 わからないまま おわる

 そんなのはいやだ!

 

この気持ちを持ち続けて接し、

たくさん喜んでいただけるように、

自分にできる努力をしたいと思います。

 

やなせさんが

「アンパンマン」を描き始めたのは、

なんと、50歳からだそうです。

 

日本にこれだけの感動を与えることは、

何歳からでもできる!

 

そんな勇気をいただけますよね。

 

私も、これから、

もっともっと大きなことができるよう、

誰かを喜ばせ、感動させられるよう、

家族や仲間とともに頑張ります^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

「自分の正義」と「相手の正義」

2016年07月16日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

tsubasa0716

 

ビジネスにおいても、恋愛においても、

「自分の正義」が「相手の正義」と違う、

という認識がとても大切だと考えています。

 

例えば、

 

「連絡は電話でするのが礼儀だ」

 

という正義を持っている人と、

 

「相手の時間を邪魔しないように、

 メールで連絡するべきだ」

 

という正義を持っている人は、

どちらが正しいとは言えません。

 

違う正義を持っている者同士ならば、

どちらかが歩み寄らなければ、

その関係性は破綻してしまいます。

 

理想はお互いが歩み寄ることですが、

相手の力が大きいのであれば、

こちらから歩み寄る意識が大切ですね。

 

私が広告代理店で会社員をしていた頃、

クライアントの社員から、ある大物アーティストの

コンサートのチケットを依頼されました。

 

広告代理店の営業は、このような

「チケット屋」を兼ねることも多く、

無理難題をクリアすることで、

次の大型発注につながるようなことも

珍しいことではありませんでした。

 

ところが、若かった私は、

本業の広告をしっかりやれば良いと捉え、

そのアーティストのチケットだけは難しいという

同期からの情報だけで、早々に諦め、

クライアントに謝罪の連絡をしました。

 

諦めきれないクライアントは、

私の上司に依頼をしました。

 

上司は人脈をフルに活用し、

手当たり次第に連絡をして、ついに、

プラチナチケット2席をもぎ取りました。

 

後日、その上司に言われた言葉は、

私の胸に突き刺さりました。

 

「良いか。

 俺たちの仕事は、広告だけじゃない。

 広告だけで評価してもらおうと思うな。

 

 クライアントの人生の課題すべてに、

 全力で向き合うのが、俺達の使命だ。

 

 彼だって、無理を承知で頼んでるんだ。

 結果、無理だったとしても、

 本気で挑むかどうかが大切だ。

 

 俺達がどれだけ相手のことを思っているのか、

 それが試されていると思え。」

 

私は、早々に諦めて赤っ恥をかいた上に、

「仕事以外は力を抜いて良い」という自分の正義を

勝手に振りかざしていたことに気付きました。

 

クライアントのおかげで自分の給料がある以上、

クライアントの正義に向かって死力を尽くすことを

学ばせていただいたのです。

 

アンパンマンの生みの親、やなせたかしさんも、

このように語っています。

 

 正義って相手を倒すことじゃないんですよ。

 

 アンパンマンも、

 バイキンマンを殺したりしないでしょ。

 

 だってバイキンマンはバイキンマンなりの正義を

 持っているかも知れないから。

 

相手の正義を尊重しながら、

それぞれの正義を定義していくことが

人生においてとても重要なことですね。

 

息子のアンパンマン号の爽快な走りを見ながら、

「正義」を考える、真夏の東京です。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

アンパンマンから指を無くした「優しさ」

2016年01月21日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa0121

 

息子が「アンパンマン」に夢中なので、

私も一緒に、やなせたかしさんの伝記や

自叙伝を読んでいます。

 

これだけ子供達に愛されるキャラクターを

生み出した背景からも、人生で大切なことを

学びたいと考えているからです。

 

やなせさんは、50歳まで、

代表作に恵まれない売れない漫画家でした。

同期や後輩が続々とブレイクし、

漫画家として名を馳せていく中で、

完全に取り残されたように感じていたそうです。

 

それでも、

子供達に愛される漫画を世に出したいと

ずっと諦めずに、54歳の時に、

「アンパンマン」の絵本を描きます。

 

ただし、この「アンパンマン」の

人気に火がついたのは、

彼が60歳を超えてからです。

 

やなせさんが、もし、

その道中で諦めていたら、

現在の漫画界も、子供達の文化も、

大きく変わっていたでしょうね。

 

さて、彼の言葉の中で、

私が一番感銘を受けたのは、

アンパンマンの「指」に関してです。

 

最初の絵本の時は、

5本の指がしっかりと描かれています。

 

ところが、テレビ放送に伴い、

アンパンマンだけではなく、

その他のキャラクターも

ミトンのような手袋をして

指が描かれなくなっています。

 

その理由を、やなせさんは

こう語っています。

 

「5本の指を描くのは時間が掛かります。

 

 アニメ制作をされる方が

 少しでも早くお家に帰って、

 子供達と遊べる時間を持てるように…」

 

アンパンマンが

日本中の子供達に愛され続けるのは、

作者であるやなせさんご自身が

周囲の方々を愛したからこそなのですね。

 

このようなストーリーに対しては

「美談にしているだけ」「綺麗事だ」という

批判的な意見もありますが、私は、

ひとつの事象から素直に学ぶべきだと

考えています。

 

やなせさんの愛を受け止めて、

これからも親子で、アンパンマンを

愛していこうと思います^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料