■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


1億総ジャーナリスト時代、到来

2020年10月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

「週刊エコノミスト」の記事に対するコメントが、

本日(10/8)22時時点で、約1500件になりました。

 

私は、そのすべてに目を通しました。

 

「この闇に、もっとメスを入れていくべき」

 

「勇気ある告白で素晴らしい。

 藤沢さんの活動を応援したい」

 

「その後も、東京五輪の賄賂や、

 嵐の櫻井翔の父親の天下り、

 国の給付金業務での中抜きや

 下請けへの圧力など、全く糾弾されていない」

 

などと、力強いお言葉に励まされました。

 

この記事が世に出た4年前は、

ここまでの反響はありませんでした。

 

ですから、社会の皆様がどう受け止めたのか、

私が知ることは難しかったのです。

 

ところが、

 

・インターネットやスマホが

 全世代に普及していること

 

・電通をはじめ日本の大企業に闇があることを、

 多くの人が感じ始めていること

 

・1億総ジャーナリスト時代が到来し、

 個々人の見解がシェアされる社会になったこと

 

によって、多くの方が動いてくださいました。

 

また1つ、社会を少しでも変える活動を

することができたように感じます。

 

その一方で、想定はしていましたが、

誹謗中傷もありました。

 

「いやいや、君の勤務態度は悪かったですよ」

 

「この情報商材屋の方が怪しい」

 

「こいつのブログを見たら、

 子どもの自慢ばかりでウザい」

 

少数ではありましたが、やはり、

批判的・敵対的な方がいらっしゃいました。

 

私の勤務態度に苦言を呈したのは、

元上司でしょうから、また、

あの当時の嫌な記憶がよみがえりますが、、、

 

無傷で社会を変えるなんてことは、できません。

 

改革には、必ず、痛みが伴います。

 

「この方の命は大丈夫なのだろうか?」

 

というご心配もあり、

私も、不安が全く無い訳ではありませんが、

私が生きた証を、こうして刻むことで、

日本の悪しき文化を変えられることを願っています。

 

追伸;

 

誹謗中傷で心が病まないように、運動!

 

最近は、私が運動している間、

子どもが椅子に座って、

お利口さんに待っています!

(そうそう、これぞ、子どもの自慢!)

 

何があっても、身体をたっぷり動かせば、

心は癒されます^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

電通の「半沢直樹」でありたい

2020年10月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

今から4年前、私が「週刊エコノミスト」の

記者の方と組み、“電通の深層”を

語らせていただいた記事のWEB版が再掲載され、

Yahooニュースに取り上げられました。

 

 

 

「私達は、雑誌社として、記者として、

 大きなリスクをとります。

 

 ですから、藤沢さん・・・。

 

 電通の深層を語っていただけませんか?」

 

目の前に、ずらっと並んだ

毎日新聞出版の皆様の“本気の意気込み”に、

私がお応えする形で、実現した取材でした。

 

その直後、新入社員だった髙橋まつりさんの

過労自殺報道がありました。

 

私は、彼女の悲劇を知った時、

もっと早く、私が電通の中で知った真実を

社会に伝えるべきだったと、深く後悔しました。

 

だからこそ、あの事件の後は、

私が“元電通マン”として、

社会に電通の深層を伝え、

電通を外から改革する責務があると

考えるようになりました。

 

社会の中には、

様々なご見解があるでしょう。

 

「お世話になった会社の顔に、泥を塗るな!」

 

などと、私を批判する声も多いです。

 

しかしながら、これが、私の“正義”です。

 

私自身、電通という会社の中で、

自殺寸前まで追い込まれた過去があるのです。

 

「やられたら、やり返す・・・」

 

上司だろうが、社長だろうが、

私は、容赦しません。

 

電通の“半沢直樹”でありたい、

という思いです。

 

また、現在は、

 

“ネットでの拡散”

 

という力があります。

 

4年前の紙での報道よりも、今回の方が、

圧倒的な影響力があります。

 

1人から始まった活動が、

やがて大きくなって、大きな企業を破壊し、

そして、新たな未来を創造する。

 

そんな時代が、到来しています。

 

日本を良くするために。

 

世界を良くするために。

 

私が目にした社会の“悪”が暴かれ、

正しい方向に軌道修正されることを願っています。

 

さて、もしあなたが、

組織に属することなく、

「自由」と「富」を得たいなら。

 

電通を退社してから、8年。

 

私のこれまでの叡智をあなたに授けて、

2021年に「年収1,000万円以上」に

導きたいと思います。

 

私は、1円もいただきません。

 

完全無料で、コンサルティングを致します。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「2021年1000万円」という

メッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

 

追伸;

 

Yahoo!ニュースでは、

「トランプ大統領」と「半沢直樹」と並んだ私。

 

 

当該記事や、皆様からのコメントも含めて、

スクショ画像をアップしております^^

 

 

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

「電通特集」に藤沢涼インタビュー記事掲載

2016年08月16日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

economist20160816_1

 

 

本日発売の「週刊エコノミスト」電通特集の中に、

私のインタビュー記事が掲載されています。

 

economist20160816_2

 

economist20160816_3

 

私が電通を退社してから4年になりますが、

「元電通マン」としての声を、

今でも、こうして求められることに、

電通という会社が持つ大きな力と、特殊性を感じます。

 

電通は、マスコミ業界における「黒子」の存在で、

これまで、その実態が明かされることは

ほとんどありませんでした。

 

しかしながら、

あらゆる真実が暴かれている2016年、

電通においても、

 

・東京五輪招致における「賄賂」

 

・パナマ文書における「脱税」

 

などの問題が表面化しているのは、周知の通りです。

 

マスメディアは沈黙を貫いても、

インターネットメディアまでは封じられず、

いよいよ、電通の陰の部分が露わになっているのです。

 

完璧な人間がいないように、

完璧な会社もありません。

 

ですから、電通を全面的に否定する姿勢は持ちません。

 

ましてや、私が12年勤めた会社ですから、

今現在の自分が経済的・精神的な自由を勝ち取り、

小さな成功を収められているのは、

電通のおかげだとも感じています。

 

ただ、電通が持つ独特の風土に対して、

否定的な感情を抱いてきたことも事実で、

起業直後は、そのような思いを度々、

記事にしてきました。

 

退社してから時間が経過したことで、

当時抱いていた怒りや悲しみは和らぎ、

感謝の念が大きくなっていますが、

昨今、電通の問題が露呈する社会的状況を鑑みて、

今回のインタビューを受けさせていただきました。

 

私は、電通が持つ「闇」は、そのまま、

日本が持つ「闇」だと考えています。

 

古い体質から脱し、

既得権益を破壊していかなければ、

日本は生まれ変わることができません。

 

極論を言えば、電通を変えることができれば、

日本を変えることができるとも考えているのです。

 

今回のインタビュー記事を通して、

元社員である私が、お世話になった会社を

侮辱しているように感じる方もいらっしゃると思います。

 

その非難は、覚悟の上です。

 

その上で、私は、古巣・電通へのエール、

そして、その先に、日本へのエールとして、

このインタビューを受けさせていただいたことを、

ご理解くださいますと幸いです。

 

今こそ、革命の時です。

 

電通には、大きく変化して、

私が辞めたことを後悔するような輝きを放って欲しい。

 

そして、今よりももっと、

「元電通マン」を誇りにできる未来を願っています。

 

週刊エコノミスト823日号「電通総力特集」、

田原総一朗さんへの取材などを含め、31ページにわたり、

電通の実態に鋭く斬り込んでいますので、

是非、お近くの書店でお買い求めくださいね。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

SMAP解散、芸能・テレビの闇を露呈

2016年08月14日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_tsubasa20160814

 

奇跡のように長く続いた25年間という月日が、

SMAPのメンバーだけではなく、マスコミも、

芸能界も、蝕んでしまったように感じます。

 

国民的アイドルが、巨大組織の奴隷に過ぎないと

「公開処刑」で露呈されてから7ヶ月、ついに、

SMAPの解散が発表されました。

 

あの会見でリーダーシップをとった木村拓哉さんが、

その責任を放棄したかのように「無念」「情け無い」

というコメントを発表したことが、メンバー間の

埋めようのない溝を感じさせます。

 

そして、一時代の「HERO」の終焉を

決定付けたようにも思います。

 

元マネージャーである飯島氏という

大きな「軸」を失ったSMAPは、

過日の会見での言葉の通り、無残にも、

「空中分解」してしまいました。

 

12月31日での解散ということで、当然、

紅白歌合戦の大トリが期待されますが、

もし、彼らが出演し、そこに涙があったとしても、

「公開処刑」と同じような苦味を感じる視聴者が

大半になってしまうかもしれません。

 

そのくらい、私達は、芸能やテレビの

「闇」を見てしまったということです。

 

そして、それは、芸能とテレビを繋いでいる

電通の闇でもあると考えています。

 

奇しくも、「週刊エコノミスト」2016年8月23日号

(2016年8月16日発売)において、

電通の闇が31ページの総力特集で記事にされるのは、

時代の流れの必然と言えるでしょう。

 

その特集の中で、私は、田原総一朗さんなどと共に、

「生き証人」として電通を語らせていただきます。

 

マスコミの成長と共に、長く繁栄し、

広告業界のガリバーとして君臨した電通の闇、

そして、芸能、テレビ、日本の闇に終止符を打ち、

メディアの再生、日本の再生に向かって歩み出すためにも、

大変価値のある特集だと考えていますので、

是非、ご覧になってくださいね。

 

さて、SMAPの解散を起点として、

ジャニーズの力も、フジテレビの力も、

これから確実に弱体化していくでしょう。

 

すでに、SMAPの後釜を担うであろう

嵐の冠番組は視聴者離れが進んでいますし、

先日の果敢なチャレンジだった

フジテレビ「めちゃイケ」も、想定された通り、

スポンサー離れを引き起こしているようです。

 

SMAPの解散が、あらゆることの

「終わりの始まり」にならないことを願いますが、

そうならないことの方が難しい、と言える状況です。

 

いずれにしても、一つの時代の終わりを見つめて、

そこから学び、新たな時代を創っていきたいですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料