■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「欠点」の背後に潜む「長所」

2015年06月11日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

 

tsubasa0611

 

欠点を自覚していない方はいないはずです。

 

しかし、その欠点を裏から見ると、

「長所」であることに気付いている方は

少ないのではないでしょうか。

 

例えば、重大な欠点こそが

偉大な才能の裏返しであることを

証明しているのが、エジソンの逸話です。

 

エジソンは子供時代、

先生から「学校に来るな」と

言われてしまう程の問題児でした。

 

授業は全く聞かず、

常にボーッとしていて、

先生が質問しても、

まともに答えられません。

 

それなのに、

いつも自分のやりたいことを

勝手に始めてしまいます。

 

そんな態度では

集団秩序を極端に乱すということで、

学校は彼を退学処分にしました。

 

ところが、母親は彼の欠点を否定せず、

そのまま大事に育てたのです。

 

そうして、思うがままに

好きなことに没頭し続けたエジソンは、

世界的な発明家になったのですね。

 

あなたが大きな欠点に悩んでいるなら、

視点を変えて、裏側から見てみることを

お薦めします。

 

例えば、

 

・怒りっぽい → 感受性が豊か

 

・落ち着きが無い → 好奇心旺盛

 

・口下手 → 朴訥

 

・時間にルーズ → おおらか

 

・自主性が無い → 協調性に富む

 

などです。

 

このような例はたくさんありますので、

是非、ご自分の欠点の裏側を

探してみて下さいね。

 

なお、欠点と長所は背中合わせなので、

自分が長所だと感じていることが

他人には欠点だと映っているかもしれません。

 

欠点は裏側から見て長所を伸ばす、

長所はその裏にある欠点を是正する。

 

そんなバランス感のある意識で、

自分の欠点と長所を見つめたいですね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料

ベネフィット・ファインディング

2015年03月10日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0310

 

歴史を学べば、「不況」の時こそ

ビジネス・チャンスが溢れていると

分かります。

 

トーマス・エジソンがGEを起業したのは、

大不況だった1873年の5年後です。

 

また、ヒューレッド・パッカードの創業は

第二次世界大戦が始まった1939年ですし、

スティーブ・ジョブズは、

Appleをベトナム戦争の直後、

1977年に創っています。

 

日本でも、戦後の大不況の中で

HONDAやSONYが生まれました。

 

発想の転換をすれば、

不況だからこそ、ビジネス・チャンスが

広がっているということです。

 

そして、

「社会をより良くしたい」という強い思いが、

ピンチをチャンスに変えているのでしょう。

 

明治維新の時は、

優れた人材がたくさん出現しましたね。

 

これも、幕末の大混乱の中で

「日本を変えたい」という思いが、

日本全体に広がっていったからこそですよね。

 

コネチカット大学のグレン・アフレック教授は、

逆境に置かれた時こそ、

そこから利益を見付ける努力によって

胸の中に希望が満ち溢れ、

難局を乗り切れると指摘しています。

 

暗闇の中でも光を探す

「ベネフィット・ファインディング」

が、未来を明るくするのです。

 

昨今、日本社会は混乱して、

誰もが未来を不安視しています。

 

しかし、過去がそうであったように、

このような時こそ、大きなチャンスがあります。

 

過去、社会が大混乱している時には、

お金が無くても、

地位が無くても、

肩書きが無くても、

誰もがチャンスを掴んできました。

 

ですから、今こそ、私達は

「ベネフィット・ファインディング」

の視点を持って、

ピンチをチャンスに変えていくべきですね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

スリープマネジメント

2014年09月10日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

tsubasa_mirror

 

7時間半睡眠の方が

5時間しか寝なかった場合、

翌日の作業能力は

15%もダウンすると言われます。

 

もし、徹夜をしてしまうと、

4割程度にまで下がるそうです。

 

ですから、

日中のパフォーマンスを

最大限に高める為には、

「睡眠時間の確保」が

とても大切なのです。

 

一方で、

大きな成果を出す為には、

何かを削って時間を創出することも

とても大切ですね。

 

平等に与えられた時間を

どう有効に活用するかが、

ライバルとの差に繋がるからです。

 

そして、その為には、

睡眠の質を上げることで、

短眠化を図ることも考えたいですね。

 

私自身、

ショートスリーパーを目指し、

色々と取り組んで来ました。

 

これまでは

なかなか苦戦していたのですが、

最近、少しずつ効果が出て来ました。

 

色々試した中で、

私が効果を感じたのは、

 

・睡眠前にアロマを炊く

 

・寝る直前に足湯をする

 

・リラックスする音楽を聴く

 

・自分の頭に合った枕に替える

 

・15分程度の昼寝

 

・90分周期を意識する

 

ですね。

 

特に、

お気に入りの香りに包まれて、

クラシック音楽でα波を出すことは、

深い眠りに誘ってくれます。

 

ただ、万人が

ショートスリーパーを

目指すべきとは思っていません。

 

真偽の程は定かでありませんが、

エジソンは4時間睡眠、

アインシュタインは

9時間以上寝ていたそうですからね。

 

それぞれの体質に合った

睡眠時間があるのだと思います。

 

そんな中で、

少しでも睡眠の質を上げたいなら、

上記をご参考にして頂ければと思います。

 

日々のパフォーマンスに

大きな影響を与えるスリープマネジメント、

しっかりと意識したいですね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Free Agent TRIBE Project】

 

半田やすひろさんと私が、

組織に依存せずに働く仲間を

拡大するプロジェクトです。

 

→ http://t.fujisawa-ryo.com/fatp

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

時間軸の「損益計算書」を黒字に

2014年05月25日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

 

tsubasa_sleeping

 

金銭面での「ケチ」は考えものですが、

時間に対しては、損得勘定の意識を

強く持つべきです。

 

日本人は特に、

長時間労働を「美」と

捉えていますよね。

 

誰よりも長く働くことが、

責任感の表れであると

正当化しているのです。

 

会社にもたくさんいました。

仕事も無いのに、

いつまでも自宅に帰らずに

ダラダラ残っている人・・・。

 

私はそのような方達を、

 

会社以外に、

「居場所」が無いのかな?

 

と思って見ていました。

 

そうやって

時間を浪費することは、

自らの「損益計算書」の上で

大きな赤字を発生させていると

自覚しなければいけません。

 

残業代が出るからと

小銭を稼いでも、

その時間で失っている

価値の方が圧倒的に大きいのです。

 

「時間」は、最高の資源です。

 

アインシュタインだって、

エジソンだって、

私達と全く同じ

「時間」という資源を使って

歴史的な偉業を成し遂げたのです。

 

「忙しくて時間が無い」なんて、

ただの言い訳に過ぎません。

 

自ら時間を創出し、

自ら時間をコントロールして、

時間軸の「損益計算書」を

大黒字に描いていきましょう。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

時には寄り道して、ゴミを拾おう

2013年07月05日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

0627

19世紀最大の発明である
「電話」を生み出したベルは、

「時には踏みならされた道から離れ、
森の中に入り込むのが良い。
そこでは、今まで見たことも無いものを
見出すことが出来る。」

と言っています。

横道にそれて感性を刺激することが、
創造力を引き出すと考えていたのです。

インターネットの発達により、
私達はすぐに「答え」を
手に入れることが
出来るようになりました。

これは、便利な反面、
森の中に入り込むチャンスを
私達から奪っていると言えます。

以前は、「答え」を探し求める道中で、
色んな人に聞いたり、
資料を片っ端から読み漁ったりして、
その中で出会った「ゴミ」が、
新たな発見に結び付いたのです。

ベルと並ぶ二大発明家
エジソンは、
こんな言葉を残しています。

「発明には、豊かな想像力と
ゴミの山が必要だ。」

偉人達が言う通り、
時には、寄り道をしましょう。

読書したり、
旅行したり、
多くの人と出会ったり。

そこで出会う「ゴミ」を拾って、
新たな道を見付け出しましょう。

 

【無料】10万円の塾を超える講義をプレゼント

⇒ http://bit.ly/13MImVc

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 

自由に使える時間を5時間増やす方法

2013年06月02日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

0602_6

「時間が足りない!」

多くの方が抱える問題だと思います。

そこで、
行動する時間の中から
無駄な時間を削減するのですが、
自由な時間を産み出すには
限界がありますよね。

ですから、「睡眠時間を削る」
という策を取らざるを得ません。

私は過去に、受験勉強の時や
音楽活動に夢中になっていた時、
徹夜を繰り返したり、
2-3時間睡眠を続けたり
していました。

ただ、週に1度は
20時間程死んだように眠るので、
結局、±0でしたね・・・。

会社に入ってから最初の数年は、
徹夜が続く上に、
土日も休めない日が多かったので、
全く眠れていませんでした。

あの時は、24時間という
誰にでも与えられた時間を
最大限に活用していたように思います。

でも、そんな生活を続けて、
身体を壊してしまったのです。

ですから、「睡眠時間を削る」
という選択肢は、
私の頭からは消え去っていました。

身体を壊す方法で
時間を産み出しても
本末転倒ですからね。

しかし、最近、FAS社内で
流行している書籍を読んで、
改めて短時間睡眠に
トライしようと思っています。

・大石健一氏「3時間熟睡法」

・藤本憲幸氏「短く深く眠る方法」

これらの書籍によると、
ナポレオンやエジソンは
短時間睡眠を実践していたようです。

1日3時間の睡眠を徹底し、
「睡眠は時間の浪費」と
捉えていたのです。

確かに、1日8時間睡眠の人が
3時間睡眠を実行できたら、
1日5時間もの自由な時間を
創出することが可能です。

1ヶ月で150時間。

1年で1800時間(75日)。

つまり、1年を365日ではなく、
440日にすることが出来ますね。

芸能界でも、
明石家さんまは寝ないことで有名です。

私も何度かお仕事でご一緒しましたが、
いつもお元気で、長時間の撮影でも
疲れていらっしゃいそうなお姿を
見たことがありません。

彼のように、
短時間睡眠法をマスターすれば、
1日1日の価値を最大限に高め、
目標を前倒しすることが可能でしょう。

睡眠を削ると言う方法は、
私には無理だと思っていましたが、
改めて、少しずつ取り入れてみます。

また定期的に、状況ご報告しますね^^

 

【無料】月収300万円メール講座(全30回)

⇒ http://bit.ly/13MImVc

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料