■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「朝のコーヒー」「夜のビール」の習慣

2017年12月29日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

2017年も残り3日となり、今年を振り返りながら、

買って読んでいなかった本をカフェに持ち込み、

ゆっくり過ごしています。

 

その中の一冊、

 

「朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる」

 

からの学びを、シェアさせていただきますね。

 

著者は、東京医科大学医学部卒業後、

マブチメディカルクリニックを開院し、

カフェインやアルコールを摂取した時の

人体への影響などについて

独自の調査を重ねている、馬渕知子先生です。

 

13リットルの水分補給」

 

が重要であることを説き、アンチエイジングを専門に、

人間の体を総合的にサポートする医療を

推進していらっしゃいます。

 

この本に興味を持ったのは、

私自身が、「朝のコーヒー」と「夜のビール」が

ほぼ、毎日の習慣となっているからです。

 

夜に関しては、最近、週に1-2日の休肝日も

設けるようになりましたが、

朝は、毎朝、コーヒーで目覚めます。

 

そして、実際に、コーヒーとビールは、

最速で自律神経をリセットできる

「最強のパフォーマンス飲料」だそうです。

 

コーヒーは、カフェインの作用で

交感神経が優位に働くことによって、

アドレナリンが全身をまわり、

仕事への集中力も高まるのです。

 

また、コーヒーの香りによるアロマ効果で、

緊張が解きほぐされ、リラックスする効能もあります。

 

一方、ビールは、副交感神経に働きかけ、

神経をなだめ、癒す力があり、

1日働いた体の疲れをも癒してくれます。

 

それぞれ、このような良い効能がありますが、

飲み方には、注意するべき点もあります。

 

コーヒーは、目覚めてすぐに飲むと、

コルチゾールが抑制されてしまい、

本来、身体が持っている体を覚醒する力が

失われてしまう可能性があるということで、

10時以降が良いそうです。

 

また、カフェインの効果は最大7時間続くので、

就寝の7時間前以降は避けるべきです。

 

つまり、10時~17時の間に、

13杯までにしておくことが推奨されています。

 

ビールももちろん、飲み過ぎは良くないですが、

馬渕先生が推奨されているのは、

アルコールと同じ量のお水を飲んでおくと、

二日酔いを防ぐ効果があるということです。

 

健康に関しては様々な見解があり、

どれを信じれば良いのか難しい部分もありますが、

この本で主張された内容は納得できる部分が多く、

早速、2018年の新たな習慣として

取り入れたいと感じました。

 

人生は習慣によって作られますから、

年末年始は、これまでの習慣を見直し、

来年がさらに良い年になることを願っております^^

 

追伸;

 

本日の写真は、自宅近くにオープンした

とても居心地の良いカフェです!

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

睡眠のリズムを取り戻す「時差ボケ」解消法

2016年07月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

ryo_aoi0708

 

アメリカから帰国後、久しぶりの時差ボケに

悩まされていたのですが、ネットや書籍の情報を

実践したところ、1日で回復しました。

 

私が実践したことは、主に以下の6つです。

 

・朝、強引に起きて、濃いめのコーヒーを飲む

 

・日中、陽の光を浴びながら、軽い運動をする

 

・夕食時、少しだけお酒を飲む

 

・ぬるめのお湯で少し長めにお風呂に浸かる

 

・リラックスできるアロマの香りをかぐ

 

・いつもより完全に、真っ暗にして眠る

 

国際線のパイロットは、70%近くの方が

睡眠障害等に悩まされているそうです。

 

日中の眠気や知的作業能率の低下だけでなく、

疲労感、食欲低下、吐き気、イライラ感など、

重い症状を抱える方も少なくありません。

 

今回、私が感じたのは、眠気や疲労感だけでしたが、

過去の経験よりもずっと、重い症状でした。

 

睡眠は健康維持にとても大切なことなので、

時差の大きな国を往復する時は、

十分に注意したいですね。

 

以前、人間が船や汽車で海外へ行っていた時代は、

現代のような時差ボケは認知されていませんでした。

 

しかし、飛行機により短時間で移動することで、

体内時計と現地の生活時間に大きなズレが

生じるようになったようですね。

 

このズレを「外的脱同調」と言い、そのせいで

ホルモンの分泌や、睡眠覚醒のリズムが崩れ、

体内時計がおかしくなるのが「内的脱同調」です。

 

この「外的脱同調」は到着直後、

そして、「内的脱同調」は到着1-3日後に、

その症状が最も重くなるそうです。

 

これらの時差ボケの症状は、

 

・朝型人間

 

・中高年者

 

・東行きフライト

 

ほど強くなるそうで、最近朝型になり、

年を重ねた私には、すべて当てはまります。w

 

西行きより東行きの方が、体内時計の調整が

より難しいそうなので、今後も渡米の機会を

積極的に作りたいと思っている私は、

今回をきっかけに自分なりの時差ボケ対策法を

固めておこうと思います。

 

カフェイン、アルコール、アロマ、入浴、日光、、、

 

時差ボケ対策だけではなく、日常の中でも、

これらの力を上手に借りながら、

最適な睡眠を取れるように、心掛けたいですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料

快眠の邪魔をする◯◯

2014年06月18日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

starbucks0618

 

カフェインが脳を興奮させる作用は、

若い人で2-3時間、高齢者になると

5時間以上になるそうです。

 

カフェインが多く含まれるものは、

コーヒー、紅茶、緑茶などに加え、

チョコレート、コーラ、

栄養ドリンクなどですね。

 

これらを、

集中したい日中に

摂取するのは効果的ですが、

睡眠前に摂ってしまうと、

快眠を妨げる作用があるので

注意が必要です。

 

そして、

現代人が注意しなければいけない、

快眠を邪魔する代表的なものは、

「携帯電話」です。

 

携帯電話のディスプレーが発する光が

脳を刺激し、睡眠ホルモンである

メラトニンの分泌を阻害することで、

寝付きを悪くします。

 

また、

仕事関係のメールによる

ストレスが加わると、

その悪影響は更に増します。

 

イギリスの

クリス・イジコフスキ博士は、

 

「就寝前にメールをチェックすることは

 エスプレッソコーヒー2杯分と同等の

 興奮状態を脳に及ぼす。」

 

と指摘しています。

 

ベッドに入ってからも、

iPhoneでメールチェックしたり、

ゲームをしたりしてしまう・・・。

 

こういう習慣を持つ方は

大変多いと思いますが、

このような行動が、

体を蝕んでしまいます。

 

就寝1時間前は、

電子機器から離れて、

最高の眠りに入れるように

心掛けていきたいですね。

 

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料