■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


生存確率50%からの復帰劇

2014年02月06日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

20140206_3 

2010年のカンヌ国際広告祭で、

インテグレーション部門の

グランプリになったのが、

ナイキの「LIVE STRONG」です。

 

「LIVE STRONG」

 

つまり、

 

「強く生きよう」

 

というキャンペーン名は、

生存確率50%と診断された癌を克服し、

フランスの自転車レース

「ツール・ド・フランス」で

7回連続優勝を果たした、

ランス・アームストロング選手の言葉。

 

1997年、彼は、

自分と同じく癌と闘う人を

サポートする為に、

 

「ランス・アームストロング基金」

 

を設立しました。

 

ナイキは、この基金の主旨に賛同し、

2003年から、基金が展開する

 

「LIVE STRONGキャンペーン」

 

の協賛を始めました。

 

癌と闘う人へのメッセージを

Twitterなどを通じて募り、

寄せられた3万6000通の応援の声を

ツール・ド・フランスの路上に

書き込むという、

壮大なプロジェクトです。

 

選手達の力強い走りと

感動的なメッセージは、

これを見た人に大きな勇気を

与えました。

 

その模様が、

こちらからご覧になれます。

 

 

ナイキはこのキャンペーンで

LIVE STRONGコレクションという

新たなラインナップを作り、

その収益を基金に寄付しています。

 

このように、

自社の商品が

直接社会貢献するものでなくとも、

広告のコミュニケーション展開を通して

社会に貢献することが可能です。

 

ナイキのこのような姿勢は、

これからの「共感」を重んじる時代に

大切なことを教えてくれます。

 

自分自身が、

社会にどんな貢献が出来るのか、

常に考えていきたいですね。

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料