■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


新入社員の過半数が「副業したい」

2018年06月20日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

産業能率大学がまとめた

2018年度新入社員の会社生活調査」で、

「副業できる制度があったら利用したいか?」

という問いに対して、「利用したい」が26.6%

「どちらかといえば利用したい」が30%と、

合計で過半数の「56.6%」に達しました。

 

この回答に対して、

 

「最低でも3年は、本業に集中しろ」

 

1人前のビジネスマンになることが先だ」

 

「新卒で入った会社で認められなければ、未来が無い」

 

というような、辛口の反対意見が多く見られました。

 

しかしながら、私は、

「いつだって若者は正しい」と考えていて、

副業を望む声が高まるのは、当然だと捉えています。

 

日本で長期的に生きていくことに希望を見出せず、

1つの会社で一生を終えることが

限りなく不可能に近くなっている現代、

複数のキャリアや経験を積んで、

スキルアップすることを望むのは、当然のことです。

 

いきなり起業することは、

ハードルがやや高いでしょうから、

1つの会社で安心を得ながら、

一方で、ワクワクする挑戦を重ねることは、

20代前半の若者にとって、

とてもバランスの良い選択だと思います。

 

ただ、「副業したい」という思いが、

会社員としての勤続期間が長くなれば長くなるほど、

行動に結びつかなくなることには注意が必要です。

 

30代、40代以上になってから、

副業としてスタートした事業が軌道に乗り、

満を持して起業するような方もいらっしゃいますが、

それは、相当の行動力が無いと、とても難しいでしょう。

 

1つの会社に勤めることで、

必要とされる体力・精神力は、

想像以上だと認識しておくべきです。

 

会社としては、1人を雇用することに対する効果を

最大化したいのですから、致し方無いと言えます。

 

また、生きていくことが可能な給料を与えられ、

それが十分に幸せだという錯覚が長期化すると、

多くの人は、行動する力を失ってしまいます。

 

私も、その1人でした。

 

だからこそ私は、会社を辞めるという選択をしました。

 

会社員生活は12年でピリオドを打ちましたが、

もし、もう少し長く勤めていたら、

起業することは諦めていたかもしれません。

 

体力、気力、行動力があるうちに、

視野を拡げて動いていかないと、

いざとなった時には、できることが制限されます。

 

現代の新入社員など、

若者の行動力に刺激を得ながら、

より良い人生にするための言動を、

今すぐスタートしたいですね。

 

追伸;

 

本日の写真は、大きなミッフィーちゃんと、娘です。

 

 

息子とは、将来の夢(車掌さんなど)を話し始めましたが、

娘が未来にどのようなビジョンを描き、

私にどう語ってくれるのか、とても楽しみにしています^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b