■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


スタバ会長のスピーチ「Ubuntu」の意味

2017年05月14日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

「おかあさん ありがとう」

 

息子が手作りの粘土をプレゼントする姿に、

感動している日曜日の朝です。

 

「ありがとう」の意味を理解した上で、

こうして行動できていることに、

息子の成長を感じています。

 

親に感謝し、敬う姿勢の大切さに関しては、

先日、スターバックスのハワード・シュルツ会長が

アリゾナ州立大学の卒業式のスピーチで語っていました。

 

「私が今から話す3つの問いかけを

 心に持ち続けて欲しい。

 

 1.自分の両親を敬い、家族に誇りを持つためには

  どう暮らしていけば良いか。

 

 2.成功を仲間と分かち合い、人々の役に立つために

  どうすれば良いか。

 

 3.人々の人間性を高め、

  道徳的な勇気を奮い起させるために

  何ができるか」

 

これらを考え続けることが大切だとした上で、

 

 「ビジネスにおいて大事なのは、

  経済的価値だけではない」

 

と断言したのです。

 

シュルツ会長は、南アフリカを訪れて、

現地で「Ubuntu」という言葉が

繰り返し使われていることに気付きました。

 

その言葉の意味は、

 

I am because of you

 

心からの感謝の念は、未来を創るということです。

 

だからこそ、

 

「すべての物事を、Ubuntuというレンズを通して

 見るべきなのだ」

 

と語ったのですね。

 

スタバには、租税回避の問題や

その資金の流れ先の問題などがありますが、

上記の視点は、私も大切にしたいと感じました。

 

アメリカでは、ジョブズの

 

Stay hungry, stay foolish

 

など、大学の卒業式で

経営者の名言が生まれることが多いですね。

 

日本でも、近畿大学の堀江貴文氏の講演がありましたが、

社会に出る直前の若者に、素敵なメッセージを送る先人の姿が

もっと増えたら良いなと思います。

 

ということで、本日の「母の日」の写真は、

息子が粘土のプレゼントを頑張って作っている姿と、

「妻」と「娘」の笑顔満開の1枚です^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

社会を創造する「お金の使い方」

2015年10月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

family1017

 

コーヒー大国であるイタリアには、

スターバックスが1店舗もありません。

 

バリスタが、カウンター越しに

エスプレッソを提供している

立ち飲みの「バール」文化が根付いていて、

スターバックス参入の余地が無いのです。

 

日本においては、

スターバックスの店舗が

続々と拡大していますが、

これは、私達自身がスターバックスを

選んでいるからです。

 

もし、私達が古き良き個人商店の

「喫茶店」を選ぶようになれば、

その街からはスターバックスが閉め出され、

新規開店ができなくなります。

 

このように、社会は私達の意識で

創造されています。

 

ですから、

何か応援したい商品やサービスがあれば、

より良い社会を創るための行為として、

そこにお金を使うという観点が

大切だと思います。

 

この観点で見て、

昨日話題にさせて頂いた

タクシーの運転手さんに関しても、

また一つ、気付きがありました。

 

最近、タクシーを

頻繁に活用させて頂いているのは、

実は、妻の通院のためです。

※妻の体調は順調に回復しています。

 ご心配頂いた多数のメッセージ、

 本当にありがとうございます。

 

今朝、妻の肩を抱き、

荷物を抱えてタクシーを停めました。

すると、運転手さんが

わざわざ運転席から出て来て下さり、

荷物をトランクに入れて下さいました。

 

そして、車中でも、

優しく声を掛けて下さり、

私達はとても温かい気持ちになったのです。

 

ですから、御礼として、

お渡ししたお代のおつりを

受け取りませんでした。

 

数百円ではありますが、

運転手さんは心から喜んで下さいましたし、

私達も、その笑顔を見て、また、

幸せな気持ちになりました。

 

あの運転手さんは、今頃、

いつもよりも、もっと素敵な笑顔で

次のお客様を迎えているでしょうし、

乗客の方も、気持ち良く移動できるでしょう。

 

そして、その乗客の方も、

心地良い気分になることで、

タクシーの行き先で会う方にも

幸せを分け与えるかもしれません。

 

こうして、ちょっとしたお金の使い方が、

より良い社会を創造することに繋がると

実感したのです。

 

日本人は、できるだけ高いサービスを

できるだけ安く受けようとしています。

 

それは、

個人の家計を守るという観点では、

正しい判断かもしれません。

 

しかし、

私達が社会の構成要員であり、

私達の行為がそのまま、

社会を創っているのだと捉えれば、

行動が変わってくるはずです。

 

たった数百円で偉そうなことを、、、

と思われるかもしれません。

 

しかし、感謝の気持ちは、

「ありがとう」という言葉で

表現するのが当然、その上で、

もし可能であれば、気持ちだけでなく

お金でも示すことが

大切なことだと感じています。

 

あなたにも、少しでも、

ご参考にして頂けると幸いです。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「サンクコスト」勝つために負ける技術

2015年05月06日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ 

 

 

papa_0503

 

ラスベガスでのカジノ、

「ブラックジャック」で負けが続き

落ち込んでいたのですが、心機一転、

「バカラ」に挑んで勝ちに転じました^^

 

この経験を通して、

改めて、「負け」ている時こそ、

冷静な判断が大切だと感じています。

 

人は自分の判断ミスを感じても

なかなか引き下がることができず、

むしろ自分を正当化するために

その道を突き進んでしまう傾向があります。

 

その結果、更に危険な道へと

進んで行ってしまうのです。

 

例えば、カジノでは目の前の負けに焦り、

取り戻そう、取り戻そうという気持ちが祟って

どんどんお金を失ってしまいます。

 

しかし、ゲームを変え、

冷静さを取り戻すことで、

勝てる運気までをも取り戻すことが可能です。

 

同様に、株投資では、

100万円で買った株が

70万円に値下がりしてしまった時、

素人は塩漬けにしてしまい、

どんどん泥沼にハマって

10-20万円の底値で手放してしまいます。

 

しかし、株のプロであれば負けを認めて

70万円に下がった瞬間、すぐに売り払います。

 

プロは、読みが外れて値下がりした時も、

それは「サンクコスト(埋没費用)」と捉え、

損切りして次に行き、

次の投資で挽回するのです。

 

ビジネスも同じです。

 

例えば、スターバックスは、

2009年にオーストラリアの23店舗を残し、

残り61店舗を突然閉鎖しました。

 

スタバの大失敗と揶揄されましたが、

ハワード・シュルツ最高経営責任者は、

インタビューで下記のように語っています。

 

「一度誤りを認めると、

 そこが重要な転機になった。

 抱えていた秘密を打ち明け、

 肩の荷が下りるようなものです。」

 

膨大なサンクコストを支払う英断で、

現在のレベルにまで成長できた、

ということですね。

 

ビジネスにおいて大切なのは、

このように自分の読みが外れた時に

すぐに引ける勇気、つまり、

「負ける技術」を持っていることです。

 

日本マクドナルドの藤田田氏も、

ユダヤ人から学んだ重要なお金の哲学として、

「見切り千両」を挙げていますが、

本当に成功する人は、勝ち方よりも

負け方に優れていると言えるのです。

 

今、あなたが

塩漬けの損害を抱えているなら、

勇気を出してサンクコストを払い、

次の大きな一歩を踏み出しみては

いかがでしょうか?

 

勝つためには、

「負ける」技術を磨くことが

大切ですね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

THE BODY SHOPの万引き対策

2014年11月26日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

tsubasa1126

 

小売業には万引きが付き物で、

THE BODY SHOPのロス率

(万引き被害額÷売上)は4%も

あったそうです。

 

100万円の売上のうち、

4万円は盗まれていたということです。

 

当時、就任直後の岩田松雄社長は、

社内の強い懸念をよそに、

ほぼ全店舗の監視カメラを外し、

 

「お客様を友人と接するように迎えよう」

 

と指示しました。

 

その結果、店員達がお客様に

しっかりと目を配り、

声を掛けて丁寧な接客をすることで

万引き被害が格段に減ったのです。

 

岩田社長は、

 

「私達は人々のお腹を

 満たしているのではない。

 心を満たしているのだ。」

 

と語ったスターバックスの

元社長ハワード・ビーバーを尊敬し、

後にスターバックスジャパンのCEOにも

なっています。

 

企業の「ブランド」と「ミッション」を

日本に浸透させた立役者であり、

ビジネスが生み出すのは

「心の豊かさ」であるということを

伝えてくれる方ですね。

 

現在、あらゆるビジネスや

コミュニティなどが、

文明の利器を使って

効率的に運営されています。

 

しかし、そのようなものに

「依存」し過ぎると、

そこに出来た「隙間」に、

お客様の万引きなどのトラブルが

発生してしまうのです。

 

私自身も、ITインフラを

ふんだんに活用していますし、

そのメリットを享受しています。

 

しかし、それらに依存したままだと、

大切なものを見失ってしまうという

危機感も持っています。

 

だからこそ、

心の大切さを説きながら、

自分自身の進むべき道を

再確認しているのです。

 

「何の為にビジネスをするのか?」

常に自分に問い続けながら、

己を磨き続けていきたいですね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【完全放置で不労所得を得る方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

ライフスタイルブランド

2014年09月20日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

inspired_0920

 

大学の心理学の講義で聞いたことで、

今でも実践していることがあります。

 

「勉強した時に嗅いでいた香りを

 試験会場でも嗅ぐと、

 記憶が甦りやすくて正答率が上がる。」

 

私は理工学部だったのですが、

2年生になってから急に

心理学に興味を持ち始め、

勝手に講義を受けていました。

 

スターバックスが

日本に来たばかりで、

スタバのコーヒーを飲むことが

一種のステータスになっていた頃です。

 

「家でスタバを飲みながら記憶して、

 試験会場にもスタバを持ち込んだら、

 点数が本当に上がったよ!」

 

心理学の講義で学んだことを即実践して

自慢する女学生(お嬢様)を思い出します。

 

私は貧乏学生でしたので、

試験の度にスタバを買う訳にもいかず、

これをしっかり実践したのは

会社に入ってからです。

 

スタバのラテを片手に

電通の鬼十則を頭に叩き込み、

全国120局以上の放送局名とその略称、

マーケティングの知識や

コミュニケーションの戦術などを

学んでいきました。

 

そして、

スタバのラテを片手に

社員研修の試験に臨んだのです。

 

おかげで、

前日の詰め込み勉強でも

試験を突破してきました。

 

このようにして、

スターバックスは

生活の中に入ってきました。

 

そして、仕事の実践で

広告を学びながら、

これこそまさに、

「ライフスタイルブランド」だと

気付いたのです。

 

生活の中に溶け込み、

特別感を与えてくれるようなブランド。

 

スターバックスや、

アップルなどですね。

 

現在、色んな方に

ビジネスをお教えする中で、

私が意識しているのが、

この「ライフスタイルブランド」です。

 

お金を見せ付けるのではなく、

ライフスタイルを見て頂くのです。

 

お金を見せ付けると、

お金が欲しいだけの人が集まって

その集団はどんどん汚れていきます。

 

そして、いつか、

集団ごと、崩壊に向かいます。

 

しかし、

ライフスタイルをお見せすれば、

そのライフスタイルを実現したい方が集まり、

共に、洗練したライフスタイルを

目指していけるようになります。

 

ですから私は、

自分なりのライフスタイルを大切にして、

共感して頂いた仲間と共に、

自分達のライフスタイルブランドを確立し、

拡大していきたいと願っているのです。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Free Agent TRIBE Project】

 

半田やすひろさんと私が、

組織に依存せずに働く仲間を

拡大するプロジェクトです。

 

→ http://t.fujisawa-ryo.com/fatp

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

ディズニーとスターバックスの思想

2014年06月06日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

inspired0606

 

新しい価値観を見付ける競争が

スタートしています。

 

今、愛される商品、サービスは、

どれも、「生き方」「暮らし方」に

関わっていますね。

 

【走る】家電

 

【会いに行ける】アイドル

 

【食べる】ラー油

 

などなど。

 

このように、

モノからソフトへの大転換が

始まっているのです。

 

モノの所有は平準化が進んでいて、

もうそこに、ニーズはありません。

 

もっと美しく、

もっと健康に、

もっと快適に・・

 

目指す生き方があって、

新たなニーズが生まれるのです。

 

つまり、

人の価値観、概念を

大きく動かす「思想」があるか、

それが勝負ですね。

 

【地球で一番幸せな場所を作ろう】

という壮大な夢で

「夢と冒険の王国」を作った、

ウォルト・ディズニーのように。

 

【コーヒーの飲み方を変えたい】

というロマンを追い掛けて

「やすらぎの、第3の場」を作った

ハワード・シュルツ

(スターバックス)のように。

 

対象を見つめ、深く洞察して、

本質を捉えることが大切です。

 

私も微力ながら、

「新たな生き方」を提案し続けたいと

願っています。

 

インターネットで得られる自由に、

心から感謝しながら・・・。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

Appleの美しい租税回避策

2014年04月23日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

apple_tsubasa 20140423

 

Appleの創造性は、製品だけでなく

超巧妙な租税回避にも表れています。

 

事業収益を、

アイルランドの子会社から

オランダ経由で無税のカリブ諸国に

移転させることで節税を行う、

 

「ダブルアイリッシュ&

 ダッチサンドイッチ」

 

など、

極めて手の込んだ手法を取り、

税を抑えているのです。

 

Appleは、

製品が美しいだけではなく、

租税回避策も美しく

デザインされています。

 

税率が高い国での法人所得税を

回避するメカニズムを

最初に生み出したハイテク企業、

とも言われていますね。

 

そして、

Amazon、Google、

Facebook、STARBUCKS、

GE、Pfizer等も、

次々と租税回避に動いています。

 

これらは違法ではなく、

各国の法律や条約が、

進化の早いビジネス形態に

全く追い付いていないのです。

 

どれも、米国の企業ばかり。

 

そして、日本人が

大好きな企業ばかり。

 

私達日本国民は、

日本企業の製品やサービスを無視し、

これらの米国企業にばかり

お金を使っています。

 

これはつまり、

米国の一部の企業が、

日本からお金を吸い上げ、

タックスヘイブンにプールしている、

ということなのですね。

 

これからの時代は、

「米国支配」から、

「米国企業支配」になるでしょう。

 

帝国化する米国企業を

G8などがコントロール出来るか注視しつつ、

私達個人も、税についてしっかり、

考えていかなければいけないですね。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

スターバックスの給料と離職率

2014年02月23日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

20140223_1 

スターバックスの給料は、

年収で約540万円です。

(平成25年の有価証券報告書より)

 

ドトールの約580万円と比べても、

決して高い給料ではありません。

 

その他の飲食店は

600万円を超えている企業も

多いですから、給与が高水準とは

言えないですね。

 

しかし、平均勤続年数を見ると、

スタバが8年4ヶ月に対して、

ドトールは2年9ヶ月。

 

スタバは、

離職率がかなり低いのです。

 

どうして、

このような差が

出るのでしょうか?

 

私は、「ミッション」

明確であることが

主因だと考えています。

 

スタバのミッションは、

 

To inspire and nurture

   the human spirit –

 

   One person,one cup,

   and one neighborhood 

   at a time.

 

人々の心を豊かで

 活力あるものにするために、

 ひとりのお客様、

 一杯のコーヒー、

 そしてひとつのコミュニティから。

 

というものです。

 

このミッションが、

スタッフ(スタバでは「パートナー」)に

隅々まで浸透しているからこそ、

全員がスタバで働くことを

誇りにしているのです。

 

私も、スタバに行く時は、

コーヒーを飲みに行きながら、

このミッションを

体感しに行っています。

 

ドトールでは味わえない、

「志」や「世界観」を感じるので、

コーヒーの味わいにも

大きな違いが生まれます。

 

ドトール関係者の方には

申し訳ないですが・・・。

 

リーダーにミッションが無い会社は、

社員に不平不満が溜まり、

そこで働く誇りを持つことが出来ず、

ある時、一気に辞めてしまうものです。

 

私は、ミッションを浸透させ、

パートナー全員に「誇り」を

持って頂くことを意識して、

邁進して行きたいと思います。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料