■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「年俸1億円以上」の会社役員500人突破

2018年07月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

3月決算企業の「有価証券報告書」から

東京商工リサーチが抽出して集計した

「報酬1億円以上」の役員は、240538人と、

初めて、500人を突破しました。

 

TOP3は、以下の方々です。

 

1位:ソニー平井一夫前社長

   271300万円

 

2位:ソフトバンクロナルド・フィッシャー副会長

   201500万円

 

3位:ソフトバンク マルセロ・クラウレ副社長  

   138200万円

 

2010年の同集計が、166289名でしたので、

この10年以内に、高額報酬の役員が

急激に増えている状況です。

 

また、IT系企業では、優秀なプログラマーに対し

新入社員でも「年収1000万円以上」を

出すようになっています。

 

こうして、少しずつ、

企業の報酬面での待遇改善が

進んでいますね。

 

つまり、

 

「高い年収を得るためには、起業しなければいけない」

 

という時代では、無くなってきたということです。

 

私の弟は、テレビ局の社員として働いていますが、

先日、私にこう言いました。

 

「兄貴は、安定した年収1000万円を捨てられて凄いよ。 

 俺にはできないな。

 

 俺は、幸運にも、十分な報酬をもらっているし、

 同僚にも恵まれているし、 

 自分の番組が全国で流れて支持されるという

 有り難い仕事ができている。

 

 だから、このまま会社で頑張って、

 社長を狙おうと思ってるよ」

 

弟も、立派になったなと思いました。

 

私は、会社員すべてを否定している訳ではありません。

 

その組織を愛し、組織のメンバーを愛し、

自分の仕事が社会に価値を還元できていて、

やりがいを感じられているならば、

それは素晴らしいことだと思います。

 

ただし、そうでは無いと感じる方がいらっしゃるなら、

今の道とは違う道を視野に入れて欲しいと願い、

日々、発信しているのです。

 

組織の中で苦悩を抱え、

行き場が無くなって自殺してしまうなどという悲劇は、

今後、絶対に繰り返すべきではありません。

 

そして、そのような方を、私が救うことができるなら、

それこそが、私が胸を張って誇ることができる仕事です。

 

個人で、ビジネスや投資をすると、

批判や失敗などの泥だらけになることもあります。

 

それに対して、ちょうど1年前に

似た記事を書いたことを思い出し、

改めて見たら、今と全く同じ気持ちでした。

 

ここに引用しますね。

 

私は、個人でビジネスや投資をする中で、

自由な時間が生まれ、素敵な仲間と出会い、

会社員時代では考えられなかった収入を手にしました。

 

ですから、批判や失敗などの「泥」も気にしません。

 

以前の私自身のように、

自分には泥がつかないように

会社の看板に身を守ってもらった上で、

失敗しても安定した給料を手にするよりも、

現在の自分のように、時々泥をつけながらも、

自分の努力でダイナミックに成果を出す方が、

圧倒的に楽しいと感じます。

 

だからこそ、これからも子供達と一緒に、

「泥だらけを楽しむ人生」を送っていきたい。

 

そして、私と一緒に泥だらけになって、

人生を思いっきり謳歌しながら、

笑い合える仲間達との出会いを願っています。

 

追伸;

 

あれから1年後の今日も、私は子ども達と一緒に、

泥だらけになって遊んでいます^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

日本人英語力の「残酷な真実」

2015年10月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa1007

 

世界で最も簡単なのが「英語」で、

最も難しいのが「日本語」だと言われますが、

この両言語は、とても相性が悪いようです。

 

日本人にとっては「英語」が最も難解で、

逆に、英語を母国語とする人には

「日本語」が理解できないということです。

 

私自身、直近のハワイ滞在中においても、

自分の気持ちを現地の方に全く伝えられず、

悔しい思いをしました。

 

中学、高校、大学と、

英語を10年間も学び続けたにも関わらず、

ほとんど話せないという現実を目にして、

とても悲しく感じたのです。

 

私の友人達の中には、

学業に真剣に取り組んできた人も多いですが、

残念ながら、英語を「ちゃんと」話せる人は

ほとんどいません。

 

英語を十分に使える人は、

幼少期や若い時期に留学を経験したような

一部の人だけです。

 

しかし、だからと言って、

日本人の英語力の無さを

諦めて良い問題だと片付けてはいけません。

 

グローバル社会において、

英語は、強く生き抜く為の

「ライセンス」だと言えるからです。

 

もちろん、技術進化による

翻訳機能の著しい発展に伴い、

「言語の壁が消える社会」が

目前にあるという側面もあります。

 

iPhoneの「Siri」や

「Google Glass」などの延長線上に、

デバイス化した「通訳」が

現れるでしょう。

 

ただ、そのような文明は

「活用」するものであって、

「依存」してはいけないと考えます。

 

依存し続けてしまうと、

いずれ人の脳は退化して、

ヒューマノイドに牛耳られる社会を

導いてしまうでしょうからね。

 

ハワイに滞在するアジア人で、

上手に英語を話すと感じたのは、

フィリピンの方と韓国の方でした。

 

フィリピンは、

英語が公用語の一つですから当然なのですが、

韓国は、日本の隣にありながら、

日本よりも圧倒的に英語力を身に付けている

現況がありました。

 

サムスンやヒュンダイの躍進も、

いち早くグローバル化に成功したことに

起因していると言えるでしょう。

 

15年程前のサムスンの時価総額は

ソニーやパナソニックの3分の1程度でしたが、

今や、ソニーとパナソニックを足して、

更に、その3倍以上というところまで

飛躍的に成長しているのです。

 

このような現実に、

私達は危機感を持たなければ

いけないですよね。

 

日本政府は、英語力向上のために

10年程前から様々な施策を

取り入れていますが、

どれも、効果が出ているとは思えません。

 

ですから、国には任せず、

自分で努力しなければいけないのです。

 

そこで、韓国がどうして

英語力を伸ばしているのか、

色々と調べました。

 

すると、

 

・英語の早期教育で耳を作っていること

 

・フィリピンを活用した

 ローコスト学習を取り入れていること

 

などが分かりました。

 

現代は、Skypeを活用して、

フィリピン人とのマンツーマンレッスンが

驚く程に安く受講できます。

 

月額数千円から学べるので、

長く継続できるし、その分、

成果も出やすいということです。

 

フィリピンの「訛り」は

多少気になりますが、

それを敬遠して何もしないよりも、

行動することが大切ですよね。

 

ということで、我が家は

息子をインターナショナルスクールに入れ、

親は、オンラインの語学学習サービスで学ぶ、

という方針で、しばらくいこうと思います。

 

近い将来には、海外移住も視野に入れますが、

取り急ぎ、国内でも英語を学び続ける環境を

整えることが大切だと判断しました。

 

このような試みにより、

また新たな気付きがありましたら、

どんどんシェアしていきますね^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

消費税増税で大儲けの輸出企業

2014年10月13日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

mama_toyota1013

 

消費税を増税すればする程、

トヨタ自動車などの輸出大企業は

どんどん儲かっていきます。

 

何故なら、彼らにとって、

消費税は「払う」ものではなく

「もらう」ものだからです。

 

<2013年度消費税還付金>

 

トヨタ自動車:1,402億円

 

三井物産:815億円

 

住友商事:794億円

 

丸紅:765億円

 

日産自動車:757億円

 

三菱商事:746億円

 

本田技研工業:432億円

 

ソニー:389億円

 

キヤノン:380億円

 

マツダ:363億円

 

※最新有価証券報告書より

 

消費税は、

国内で消費されるものだけに

掛かるという建前があります。

 

つまり、輸出されるものには、

消費税が掛からないのです。

 

ところが、

輸出されるものには、

国内で製造する段階で

材料費などと共に

消費税を支払っていますね。

 

ですから、

「預かった消費税」から

「支払った消費税」を引くと、

マイナスになる(還付になる)

という仕組みです。

 

この状況を受けて、

各企業が所在する税務署は

消費税収入が大赤字になっています。

 

<2012年各税務署の消費税収入>

 

豊田税務署:-1,423億円

 

神奈川税務署:-426億円

 

海田税務署:-275億円

 

阿倍野税務署:-57億円

 

右京税務署:-36億円

 

※国税局発表資料より

 

それぞれの地域に所在するのは、

 

豊田:トヨタ自動車

 

神奈川:日産自動車

 

海田:マツダ

 

阿倍野:シャープ

 

右京:村田製作所

 

ですね。

 

これらの企業は、

国策の円安でボロ儲け、

国からの賄賂(消費税還付)で

ボロ儲け。

 

そして、その分のしわ寄せで、

個人が苦しめられるのです。

 

国や会社は、

上手に国民をコントロールして

搾取しようとしています。

 

そんな中で、生き甲斐を失った

ヌケガラのような人間が

大量に生まれています。

 

トヨタ自動車にいらっしゃった

半田やすひろさんも、

電通にいた私も、そうでした。

 

私達は、企業を飛び出し、

個人で自由と富を得られる

フリーエージェントとなることで、

やっと、本物の幸せを

手にすることが出来ています。

 

そして、今の幸せを、

私達に共感して頂ける方にだけ、

共有したいと願っています。

 

私達のすべてを継承する

プロジェクトの詳細は、

いよいよ、明日(10/14)、公開致します。

 

これまでの私達の情報発信に

少しでも共感して頂いたのであれば、

明日のご案内を是非、

楽しみにして頂けたら幸いです。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Free Agent TRIBE Project】

 

半田やすひろさんと私が、

組織に依存せずに働く仲間を

拡大するプロジェクトです。

 

→ http://t.fujisawa-ryo.com/fatp

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

元電通マンの告白11~家電各社の凋落~

2013年04月16日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

翼0411

家電各社がピンチです。

ソニー、シャープ、パナソニック。

巨額の赤字を出し、
苦しい経営を余儀なくされています。

私は5年間、
パナソニックの担当を
させて頂きました。

その過程で、パナソニック、
そして、松下幸之助さんから
学んだことは計り知れません。

多くの事を教えて頂いた
パナソニックの方々に、
心から感謝しています。

私の家庭内の家電は
ほとんどがパナソニック製品です。

電通では、
担当しているクライアントの製品を
徹底して買い込むという
文化があったからです。

2002年に担当させて頂いた当初、
実は、私はアップルが好きだったし、
国内ならまだソニーかと思っていたので、
本当は、抵抗がありました。

しかし、仕事に対峙する中で、
パナソニックの繁栄を目指す人間が、
その製品を愛用していないことに
違和感を感じ始めたのです。

それで、実際に製品を使ってみて、
その良し悪しを体感した上で
仕事に向き合ってみました。

携帯を替えて、
ノートPCを替えて、
テレビを替えて、
電子レンジを替えて、
洗濯機を替えて・・・。

そうすると、
仕事へのモチベーションが
かなり変わったのです。

パナソニック社員より先に
電通社員が新商品を手にして、
その素晴らしさを自慢する。

第三者から見ると、
「おべっか」のように見えると思いますが、
私はこのような文化自体は、好きでした。

しかし・・・。

最近のパナソニックの凋落を見て、
昔から私が違和感を持っていたことが
現実になっていると感じます。

それは、頂いた広告費に対し、
正当な成果を出せているのか?
ということです。

毎年、何百億という広告費を頂きますが、
電通にはその広告費で成果を出す
責任がありませんでした。

成果が出なかったとしても、
出稿した分の広告費は頂けるのです。

これは、電通にとっては
「美味しい」ことでしょう。

しかし、クライアントにしてみれば、
リスクはすべてクライアントに残るのです。

この点が、利益を頂いている身分ながら、
常に疑問に思っていたのです。

この観点で見て、
完全成果報酬である「アフィリエイト」は
非常に合理的なのです。

パナソニックをはじめ、
家電各社が苦しくなった昨今。

電通はどのように責任を取るべきか。

OBとして、電通の誠意ある対応を
期待したいと思っています。

私は、私を信じて「与沢塾」に
入って頂いた皆様を、
塾が終了した今でもサポートしています。

それは、電通時代に疑問に思っていたことを、
自分は絶対にしないと誓っているからです。

私を信じて頂いた方とは、
人生を共にするような覚悟で、
徹底して向き合う。

そのような気持ちで、
IBSの担任講師を務めます。

是非、私を指名して下さい。

http://bit.ly/YVqlji

※【藤沢涼】担任講師指名料無料
という特典をご確認の上でお申込み下さい。

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料