■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


バフェットへの批判「道徳なき経済は罪悪」

2020年01月10日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

投資の神様であるウォーレン・バフェットは、

 

「企業は社会的大義よりも、

 株主の利益を優先すべきだ」

 

と考えていると、

フィナンシャル・タイムズが報じました。

 

環境、社会、ガバナンスに投資する企業が増える中、

 

「そのようなシフトは、

 政府の政策によって動かされるべきだ」

 

と考えているということです。

 

この報道に対して、

 

「営利企業は、企業価値の最大化を目指し、

 社会貢献は、政府が行うということは、

 極めて明確な線引きだ」

 

という賛成の声が挙がる一方で、

 

「株主至上主義が、

 強欲な資本主義を生み出している」

 

「利益を出すことだけを目標に、

 企業で働くことができるのか?」

 

「利益を出せば何をしても良い訳ではない。

 社会と社員への貢献を見失ってはならない」

 

という批判の声も散見されます。

 

私は、これらの賛否両論を見て、

二宮尊徳の言葉を思い出しています。

 

「道徳なき経済は罪悪であり 

 経済なき道徳は寝言である」

 

経営理念がない社長の会社が行う経済活動は、

ときに、罪悪を生み出します。

 

その一方で、

利益も出せていない社長が話す経営理念は、

寝言に過ぎない、ということです。

 

そして、忘れてはならないのは、

バフェットは「投資家」であるということ。

 

また、個人での慈善活動を、

誰よりも、積極的にやっていることです。

 

その上で、投資家としてのポジショントークもあり、

改めて、企業に「利益」や「株価を上げること」を

求めているということですね。

 

立場によって見え方は変わりますし、

言葉だけを見ると、見えない世界があります。

 

十分に注意したいですね。

 

さて、これらを題材に、現在の私を見つめます。

 

私が取り組むビジネスの中の、1つの企業は、

「社会貢献」に積極的に取り組んでいます。

 

そして、その姿勢が、関わる方の意識を高め、

どんどん、意欲的な方を集めています。

 

一方で、私が取り組む投資においては、

お金を生み出すことに、フォーカスしています。

 

「道徳なき経済は罪悪であり 

 経済なき道徳は寝言である」

 

これらのバランスを常に意識しながら、

私自身も言動していきたいと感じた、

バフェットの発言と、それへの反応でした。

 

自らの立ち位置、随時、見つめ直したいですね。

 

追伸;

 

息子の小学校の前にも、二宮尊徳像があります。

 

今日の話を息子にもしたら、まだ、

難しそうにしていましたが、親として、子どもに、

このような「お金の教育」をすることも、

私にとっての「社会貢献」の1つだと捉えています。

 

未来を創る子どもに、

質の高い教育をし続けられるように。

 

私が学び続け、教え続けたいと思っております。

 

本日の写真は、子ども達とお寿司!

 

 

 

江戸前寿司の「赤シャリ」も、気に入った子ども達。

食事の「新体験」も、ずっと一緒にし続けたいです^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

イチローへの「感謝」新聞広告を見て

2019年03月29日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

マリナーズのディー・ゴードン選手が、

「シアトル・タイムズ」に、イチロー選手への

「感謝」と「惜別」の思いを綴る広告を出しました。

 

21日に東京ドームで行われた開幕第2戦の、

イチロー選手と抱擁した写真の下に、

 

以下のような言葉を乗せたのです。

 

「親愛なるイチローへ

 あなたは、私が野球を始めるきっかけを

 作ってくれました。

 

 パワーヒッター全盛期の中、

 あなたは自身の信念、そして何より、

 あなたの作り上げた文化に忠実でした。

 

 他の選手より、身体が小さくても、

 なんだって出来る!

 

 あなたは、そう教えてくれました。

 

 この5年、あなたの存在が

 私にとってどれだけ大きかったのか、

 みんな分かっていません。

 

 あなたへお礼を伝えるのに、

 ツイッターやインスタグラムは

 適していないと思いました。

 

 だから、わたしはこういう形で

 あなたへの気持ちを表現しました。

 

 愛しているよ、ブラザー!

 

 あなたのブラザー ディー・ゴードン」

 

ゴードン選手が、イチローを深く愛し、

尊敬していたことが読み取れます。

(この倍以上の全文がネットで掲載されているので、

 ぜひお読みください)

 

試合の中盤、イチロー選手が交代する際、

彼が涙を流していたのも、とても印象的でしたね。

 

これまでも、ダルビッシュ有投手が移籍する際に、

ファンの方に対して感謝の広告を出したり、

黒田選手が、引退する新井選手を讃えるために

全面広告を出すなど、野球選手の間で、

このような「愛情」の示し方が拡がっています。

 

SNSだと、「無料」で、あっという間に、

メッセージを発信することができます。

 

しかしながら、多額の広告費を払い、

デザインや配色のチェックなど手間をかけ、

敢えて、新聞を選ぶ姿勢に、愛を感じます。

 

マスメディアからインターネットメディアへ、

時代はどんどん移り変わりますが、

非効率的な旧来型メディアの古き良き部分を、

感じる出来事ですね。

 

また、そうだからこそ、

効率的過ぎるインターネットメディアでも、

11つの発信を軽視せず、大切にしていきたいと、

改めて感じました。

 

追伸;

 

本日の写真は、息子と食べた「松茸蕎麦」。

 

 

「お蕎麦より、ラーメンが良い!」

 

と言っていた息子も、

サイドメニューの「鶏ご飯」が美味しくて、

笑顔満開になってくれました^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

テクノロジーを「利用」する先回り思考

2016年03月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

mama_tsubasa0327

 

 

「飛行機の実現までには百万年かかる」

ニューヨーク・タイムズがこの記事を掲載した数週間後、

ライト兄弟が人類で初めて空を飛びました。

 

「宇宙船なんて夢のまた夢だ」

というのが、一流紙のジャーナリストだけではなく、

国民一般の考え方だったのですが、

テクノロジーの進化は誰にも予想できませんでした。

 

現代でも、私達は未来を見誤ります。

例えば、多くの人が手に持っているiPhoneは、

「おサイフケータイが使えないからダメ」、

「赤外線が無いのは有り得ない」、

という意見が大多数でした。

 

また、

「実名・顔出しのFacebookは流行らない」

と誰もが言っていましたが、現時点で、

Facebookの日本国内ユーザーは2400万人を超え、

時価総額は日本No.1のトヨタ自動車を超え、

30兆円を突破しています。

 

一方で、約10年前、電通において、

当時アメリカで大流行した

「セカンドライフ」を取り込むために、

特別部署が設けられました。

 

日常生活の行動がすべて

インターネット上で行われるようになるという未来に、

社内だけではなく、多くのメディアも興奮していました。

 

しかし、セカンドライフを動かすためには、

特別なソフトウェアをインストールする必要があり、

当時のパソコンのスペックでは無理がありました。

 

そうして、多くの人の期待に反し、

セカンドライフは消えていったのです。

 

つまり、現在の景色という「点」からは、

未来のことは誰も予測できないということです。

 

そして、テクノロジーの進化は、

誰にも予想できず進展するし、

期待以上に進まないことさえあるということです。

 

半年前、私の自宅近くのスーパーで

いつも笑顔で声を掛けてくれる方が、

「セルフレジ」の登場によって

いなくなってしまったという話をしました。

 

その際、テクノロジーの発展は、

街中から笑顔を奪い、心を奪っている

というネガティブな感情も持ち合わせましたが、

現在は、この変化は受け止めざるを得ないと

考えています。

 

仕事を与えられるという認識のままでいたら、

これからの時代では職を奪われるでしょう。

 

セルフレジに仕事を奪われた彼女も、

あの温かいお人柄を発揮し、

テクノロジーを活用する側にまわれば、

もっと多くの人に幸せを届けて、

ご自分の収入も上げられる環境を作れます。

 

ビジネスを何かに「依存」するのではなく、

「主体的に」創り出していくことが

誰にも求められているのですよね

テクノロジーを開発するのは

とても大変なことですが、

「利用」することは、誰もができることです。

 

そうして、未来を少しずつ先取りしながら、

激変の時代を生き抜いていくことが

万人に求められている時代であるということを

私達は強く認識したいですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料