■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「預金封鎖」「デノミ」の可能性

2019年04月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

新紙幣の報道の後、やはり再燃した懸念が、

「預金封鎖」「デノミ」などの可能性です。

 

大前研一氏などは、10年以上前から、

 

「日本はデフォルトする。

 ハイパーインフレが起こり、

 日本円は紙くずになる」

 

と言い続けてきましたが、

それは現実になっていません。

 

この見解への反論として、

 

「日本は世界一の金持ち国家。

 日本経済は、長期的に安泰である」

 

という強気の論調も多く拝見します。

 

私は一時期、これらの議論に関して

自分なりの答えを見出したいと考え、

関連本を何十冊も読みました。

 

その結果、前者は感情的な考察が多く、

後者はロジカルに分析したものが多いと捉え、

私自身は、後者側の視点で日本を見ていました。

 

「国の借金が1100兆円となり、

 1人あたり885万円」

 

などの報道もありますが、

借金をしているのは日本政府であり、

私達国民は、お金を貸している側です。

 

増税をしたいがために財務省が行う

このようなプロパガンダにも、

辟易していました。

 

ただ、「預金封鎖」「デノミ」に関しては、

政府がやろうと思えば、できてしまうことです。

 

ですから、そのリスクは、

ゼロでは無いと考えています。

 

国富の切り崩しは、海外(アメリカ中心)に

迷惑を掛けてしまいますが、

国内でのリセットであれば、

世界政治を鑑みても、まだ、

ソフトランディングが可能だからです。

 

そして、新紙幣によって、

その可能性が変化したとすれば、

高まった方でしょう。

 

「戦後の預金封鎖を大蔵大臣として実施したのが、

 新1万円札の顔となる渋沢栄一の孫で、

 のちの日銀総裁となる渋沢敬三である」

 

という繋がりも、

暗示のように思えてしまい、

預金に最大90%の財産税をかけられる、

悪夢が蘇ってきます。

 

ただ、注意したいのは、

 

「円のままにしておくと危ないから、

 今のうちにこれを買っておきましょう」

 

などと、海外の不動産や生命保険、

そして仮想通貨などをセールスされることです。

 

本物かどうかを見極めてから購入しないと、

とんでもないものを買わされたという

トラブルになりかねません。

 

資産をどう構築していくかに関しては、

自己責任で組み立てるしかありません。

 

今後、最悪なことが起こらないとしても、

通貨分散や資産の分散に関して、

個々人で考え続けて、それぞれにとって

最適なポートフォリオを組んでいきたいですね。

 

追伸;

 

「預金封鎖」「デノミ」が起こると、

日本の世代間格差が解消されるので、

子ども達の時代はより生きやすくなるかもしれません。

 

子ども達には、世界がどう変わっても、

お金を生み出し、増やし続ける力を

授けていきたいと思っております。

 

本日の写真は、先程、

陽が落ちるまで遊んでいた公園での様子です^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

旅行業界に激震「てるみくらぶ」騒動

2017年03月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

 

私達家族は全員、「旅」が大好きで、

個人で旅行ビジネスにも参入していますので、

「てるみくらぶ」の騒動に注目しています。

 

「航空券の発券システムにトラブルが生じた」

 

という理由で、

顧客に一方的にキャンセルを連絡し、

観光庁が立ち入り検査をしている問題です。

 

関係各所の情報によると、すでに、

デフォルト(債務不履行)の状況だと

見られています。

 

価格競争の中で、とにかく安価にする会社の筆頭が、

ついに、追い込まれてしまったということです。

 

私自身、旅行ビジネスに参入して感じるのは、

日本の旅行会社のキャンセルポリシーの凄さです。

 

海外ですと、10日前、あるいは30日前でも、

キャンセルフィーを50%、あるいは、

100%チャージされることがあるのに対して、

日本は甘過ぎる設定になっています。

 

実際に、「てるみくらぶ」のHPには

現在もしっかり記載されていますが、

 

40-31日前まで:10%

 

30-3日前まで:20%

 

2日前当日:50%

 

・旅行後:100%

 

となっていて、

当日のキャンセルでも、半額が戻ってきます。

 

そして、これは日本の各旅行会社で、

ほぼ一律になっているのです。

 

このしわ寄せは、

当然、旅行会社に行く訳ですから、

薄利多売を続けると、

どこかで痛い目を見ます。

 

少し前に話題になった

配送業者の再配達などの問題と似ていますが、

顧客のためにと、「安くて良いサービス」を続けると、

自分の首を締めてしまうということです。

 

そして、良いサービスを安く受けられることに

日本人が麻痺してしまうと、いつの間にか、

グローバル化の中で、日本も、日本国民も、

ガラパゴス化していくのです。

 

また、「安くしよう」という力を入れ過ぎたことが、

日本をデフレに導いてきたことも問題です。

 

私は、配送業者も、旅行業者も、

その他のあらゆる業者も、

これまでの「無料」の過度なサービスに、

「値段」を付けていくべきだと思います。

 

それによって、お金がまわり、

経済が改善していくからです。

 

わがままになり過ぎた消費者には辛いことですが、

そろそろ軌道修正しないと、近い未来に、

もっと痛い思いをすることになるでしょうね。

 

「てるみくらぶ」は

JATA(日本旅行業協会)会員なので、

倒産した場合も補償があるでしょうが、

全額というのは難しいでしょう。

 

時期的には、学生の卒業旅行なども多いでしょうから、

利用者さんのことを思うと、とても気の毒です、、、

 

今回の問題からも、

日本が今後、社会をどう構築して行くべきなのか、

しっかりと考えていきたいですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

1万円札は、22円です。

2014年03月14日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

20140314_2 

 

1万円札自体はいくらで作れるか、

ご存知ですか?

 

実は、たったの22円なのです。

 

それでは、何故、

原価22円で作られた紙切れで

1万円分の買い物を

することが出来るのでしょう?

 

それは、国や日本銀行が

あの1万円札という紙切れに

それだけの価値があると、

「保証」しているからですね。

 

これが、お金の本質です。

 

本来は価値が無いものが

それだけの価値があると

保証されている。

 

そして

その保証人である国に

「信用」があるから、

成立しているのです。

 

つまり、

 

お金=信用

 

ということです。

 

ということは、

「お金を稼ぎたい!」なら、

頑張って、「信用」を

積み重ねるしかない、

ということですよね。

 

インターネットビジネスは

稼げるからと、

飛び付く方が増えています。

 

しかしその中には、

この「お金の本質」が

分かっていない方が

散見されます。

 

インターネットビジネスは、

インターネットを使って、

信用して頂ける【チャンス】を

増やせるだけです。

 

従来のビジネスであれば、

1人1人にアポを取って

カフェなどで実際に会い、

商品やサービスの中身に加えて

自分の人格、思考、概念などを

プレゼンしなければいけませんよね。

 

それが、

SNS、ブログ、YouTube等を使えば、

1日で100人、あるいは1000人に

プレゼンして、信用して頂ける

チャンスがある。

 

ただそれだけのことです。

 

でも、この凄さに

気付いていない方も多いですね。

 

ラクして稼ごうとせずに、

どうしたら、多くの方に

信用して頂けるのか、

そのことにフォーカスすべきです。

 

そして、

一度信用して頂けたからと

安心していたら、

その信用はすぐに崩れ去り、

収入も途絶えます。

 

国だって、

信用が無くなれば

デフォルトしますからね。

 

いつまでも、

相対する方と真摯に向き合い、

信用を積み重ね続けることが

大切なのです。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料