■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「電通」を蹴って、「博報堂」を選んだ美女

2020年06月23日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

私が通っている高地トレーニングスタジオ

「ハイアルチ」の女性スタッフは、

今春、就職活動をしていました。

 

彼女は、広告業界にも興味を持っていたので、

私の古巣である「電通」のことも、

昨年から、色々とお話ししていました。

 

・今の自分があるのは、電通のおかげ

 

・起業後の仕事で成果が出せているのは、

 広告業界で学んだ要素も大きい

 

・ただ、様々な報道でも分かる通り、

 旧態依然とした古い企業である

 

・悲しいことに、過労とパワハラで

 新入社員が亡くなった事件も記憶に新しい

 

・自分自身も、新入社員の時は特に、

 奴隷のように扱われて自己尊厳を破壊された

 

・悪しき縦社会の文化が、電通の中に

 まだ残っていることは覚悟するべき

 

このようなことを伝えていました。

 

オーストラリア人の父を持ち、

ハーフである彼女は、英語がペラペラ。

 

商社や証券会社などからも、引く手数多です。

 

そのような中で、各社の説明会に参加し、

先輩達の声を聞く中で、どうしても、

広告業界で頑張りたいと思ったそうです。

 

そして、なんと、

「電通」と「博報堂」という

業界トップ2社から、内定をもらいました。

 

突然、ウガンダにインターンで学びに行くなど、

行動力のある彼女ですから、きっと、

高く評価されるとは思っていましたが、

まさか、両社から内定をもらうとは!

 

「本当に良く頑張ったね」

 

と激励し、どちらを選ぶかを聞いたら、

 

「博報堂に決めました」

 

とのことでした。

 

まさに今も、週刊文春に追われて

下請け会社へ圧力をかけたことが

暴かれてしまっている電通は、

まだまだ、膿が社内に残っている状況。

 

私が電通に在籍していた頃から、

博報堂の方がクレバーな社員が多く、

体育会的な古い文化が無い印象だったので、

賢明な判断だと思いました。

 

選んだ道を正解にしていくことが、

人生においては何より大切だと思うので、

彼女の入社後の幸せを願い、入社後も、

相談役として力になりたいと思います。

 

追伸;

 

本日の写真は、今日の彼女と私、

数ヶ月前の彼女と息子、そして、

トランポリンでジャンプする息子

(現在はコロナ対応でジャンプ休止中)です^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

ハーフ急増時代のアイデンティティ

2015年04月23日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ 

 

papa_tsubasa0423

 

芸能界で活躍する「ハーフ」の方が

急に増えていますよね。

 

ベッキーさん(父がイギリス人)

 

木村カエラさん(父がイギリス人)

 

一青窈さん(父が台湾人)

 

ダレノガレ明美さん(父がブラジル人)

 

トリンドル玲奈さん(父がオーストリア人)

 

土屋アンナさん(父がアメリカ人)

 

森泉さん(母がアメリカ人)

 

などなど、数多くのハーフの方が

人気を博しています。

 

厚生労働省の「人口動態統計」によると、

1990年に1%程度だったハーフの子供の割合は

2000年に3%を超え、その後も3%台を

推移しています。

 

現在は、30人に1人、つまり、

1クラスに1人位はハーフの子供がいる

ということになりますね。

 

日本人は一般的に、

アイデンティティーが

希薄だと言われます。

 

「自己主張」よりも

「周囲への気遣い」を

大切にする国民性があり、

「以心伝心」で何でも通じる

という文化が根底にありました。

 

しかし、

ハーフの急増にも現れている通り、

グローバル化の流れの中で

「言わなくても通じる」という態度は

もはや通用しなくなっています。

 

日本はほぼ同一民族国家でしたが、

多民族国であるアメリカは開国以来、

この問題に対処してきました。

 

その結果、アメリカでは

アイデンティティを確立する文化が

育っています。

 

そして、アイデンティティを

強固に出来た人こそが、

勝ち残っていますね。

 

つまり日本も、

近いうちにそうなるということです。

 

その為に大切な手段が、

「情報発信」です。

 

自己主張を重ね、

時に対立する意見からも学びながら、

自分をしっかりと形成していくのです。

 

そうして出会う新たな自分が、

新たな富や人脈を連れて来てくれます。

 

このチャンスは、すべての人に

与えられています。

 

ですから、あなたも是非、

情報発信で自分の「価値」を見付け、

多くの方に提示していきましょう。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料