■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


幸福度ランキングに見る「Less is more」

2015年08月31日

※あの有名な社長達の中で、

 藤沢涼が急上昇中です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0831

 

ユニクロの「週休3日制」導入には

賛否両論ありますが、私は、時代の流れを

象徴するような施策だと捉えています。

 

様々な研究機関が発表する通り、

日本の「幸福度」は世界の中でとても低く、

その主因が、「働き過ぎ」に因るものだと

考えているからです。

 

1週間に3日、自分の時間を持ち、

趣味を楽しんだり、育児や介護などを含めた

家族の時間を持つことにより、

より大きな幸せを感じられる方は多いでしょう。

 

その証拠となるのが、

幸福度の高い北欧の国々です。

 

税金と社会保障を合わせた

国民負担率が所得の6-7割に達し、

可処分所得はとても少ないのに、

幸福度ランキングの上位はずっと、

北欧の国々が独占しています。

 

彼らは、手元にお金が少なくても、

シンプルに、質素に暮らしながら、

自由であること、

社会保障の安心があることに

大きな幸せを感じているのですね。

 

近代建築三大巨匠のひとり、

ミース・ファン・デル・ローエの言う通り、

 

「Less is more」

(より少ないことが、より豊かである)

 

という意識で、必要以上のモノを求めず、

人生を楽しむ思想を持っているのです。

 

日本は、大きな岐路にいます。

 

アメリカのように、経済を膨らまし続け、

物質至上主義を貫いていくのか、

北欧のように、社会保障を手厚くし、

モノより心に重きを置くか。

 

私自身は、そのハイブリッドで

バランスを上手に取りたいと考えています。

 

モノは減らし、精神的な自由を得ながらも、

経済的な自由を得るという道です。

 

このように、

個々人がそれぞれの価値観で

歩む道を「選択」できるのが、

個人の時代です。

 

これから、副業を容認する企業も

どんどん増えるでしょうし、

勤務時間中にいつでもサーフィンをして良い

パタゴニアのような、自由を重んじる企業も

増えていくでしょう。

 

そうしないと、

社員の幸福度を守れないからです。

 

その流れの中でも、

国や会社だけに任せていたら、

本当の自由は得られません。

 

自分のあり方を見つめながら、

目の前の岐路を選択し続け、

より幸福度の高い人生にしたいですね。

 

  

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

20%の自由を上手に取り入れましょう。

2013年09月08日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

0903_2

Googleの20%ルールに代表されるように、
目の前の仕事から視点をずらし、
新しい何かを模索する「自由度」が、
大切な時代です。

旧態依然とした会社では、
業務時間中に、
指示されていない
作業を行うことは
禁止されていました。

しかし、Googleでは、
業務時間の20%を
自分の好きなことに使える
という制度を設け、
それが、ストリートビューなどの
新たなサービスを産み出したのです。

アウトドアスポーツ用品メーカーの
「パタゴニア」は、業務時間中、
いつでもサーフィンに行って良いと
しています。

良い波が来た時は
社員が総出で海に入って、
サーフィンを楽しんでから
会議をしています。

その自由度がチームワークを産み、
業務効率を飛躍的に上げているのです。

私は電通の時、
カヤックの講演を聞いて、
その自由度の高さに
大変感銘を受けました。

「サイコロ給」や、
「スマイル給」など、
会社のシステム自体が
自由に溢れています。

ただし、このような「自由」は、
諸刃の剣です。

羽目を外して
遊ぶことばかりに夢中になると、
そこから価値は産まれず、
ただの怠慢になります。

あくまでも、
そこに目的を持った
自由を取り入れることが
大切なのです。

私も、20%、いや、それ以上、
自由度を設けて仕事をしています。

働き方=生き方

と捉えて、
そこから感じられることを
情報発信しています。

これからの時代は、
自由を楽しむ時代です。

自由を上手に取り入れて、
あたらしい働き方を
模索していきましょう。

なお、このような
「あたらしい働き方」は、
先日もご紹介した
本田直之さんの同名の本で
詳しく取り上げられています。

ご興味があれば、
ご参考にして下さいね。

 

【Ryo’s Party】<締切間近!>

藤沢涼が家庭教師をさせて頂きます。

→ http://evif.net/CCk/ke1/131

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料