■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


人生初・1人映画「ボヘミアン・ラプソディ」

2019年01月04日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

2018年公開映画で興行収入トップだった

 

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(80.6億円)

 

を、今月中にも抜きそうなのが、

 

「ボヘミアン・ラプソディ」(昨年末時点で70億円)

 

です。

 

 

私は、昨年から、ずっと観に行きたくて、

忘年会などでお会いする多くの方からも、

 

「絶対に映画館で見るべき!」

 

と、推薦していただいていました。

 

ところが、私の妻は、

 

「クイーンは、あんまり聴いてないからなあ」

 

と渋り、トレーラー(予告)を見せた息子も、

 

「これは、つっくんには難しそう」

 

と断られ、なかなか行けずにいました。泣

 

それでも、年末年始の特番でTVCMを浴び、

やっぱり観たくなった私は、帰省から戻った足で

人生初の1人映画を決断しました。

 

音楽の映画なので、

音もこだわった映画館にしたいと思い、

Dolby-Atmosの六本木ヒルズへ。

 

 

 

映画本編に入る前に、

20世紀フォックスのファンファーレに驚きました。

 

音が、強烈にカッコ良かったのです。

 

「もしや?」と思って調べると、

ブライアン・メイとロジャー・テイラーが、

このために演奏したものだと知り、さらに大興奮。

 

いよいよ始まった本編も、

評判通りに引き込まれるものでしたし、

楽曲そのものや、その音質が素晴らしいので、

終始、感動しっぱなしです。

 

クイーンの歴史を少なからず知る私は、

ストーリーの脚色があることにも気付きましたが、

そのフィクションによって、

 

・成功の光と闇

 

・仲間の絆

 

・セクシャリティとAIDS

 

などがたっぷり描かれて、

1つの「映画」として成り立っていました。

 

最後のウェンブリー・スタジアムでの

「ライブエイド」出場時の演奏完コピは、

涙無しでは観られません。

 

1985年のあの会場に、

タイムスリップしたような感覚になります。

 

私が中学生の時に、ピアニストの同級生から、

 

Xが好きなら、これも好きなんじゃない?」

 

と聴かせてもらったのが、

 

クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」。

 

思春期に、Xに続いて衝撃を受けたことを思い出し、

新年早々、とても温かい気持ちになりました。

 

追伸;

 

本日の写真は、初・1人映画記念の

六本木での1人写真!笑

 

 

 

1人映画も悪くはなかったですが、

やっぱり、次回の映画は家族と行きたいです^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

「革命のファンファーレ」現代のお金と広告

2017年10月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

「好きなことをして生きていけるほど、

 世の中は甘くない」

 

そんな親世代の常識が一気に破壊され、

 

「好きなことを仕事化するしか

 道が残されていない」

 

ような時代が来る。いや、もう来ている。

 

西野亮廣さんの新書「革命のファンファーレ」は、

このようなメッセージから始まります。

 

1万部売れたら大ベストセラーの絵本の世界で、

32万部を売ってしまう男が、

何をどう考えてビジネスでも成功しているのか。

 

私のように起業した人間だけではなく、

これから激変する社会を生き抜くすべての方が、

「吸収するべき叡智」がある本でした。

 

これまでの日本においては、

 

「お金=ストレスの対価」

 

という労働の時代が長く続いていましたが、

これからは、ストレスが掛かる仕事が

どんどんロボットに置き換えられていきます。

 

その変化の中で、「情報量」と「行動力」により、

自分の人生の決定権を手にする覚悟を持つ人間こそが、

勝つ時代になっていくのです。

 

大量の読書をする私にとって、洋書以外で、

この数ヶ月で刺激をいただいた本を

3冊挙げるとすれば、

 

・堀江貴文氏「多動力」

 

・前田裕二氏「人生の勝算」

 

・西野亮廣氏「革命のファンファーレ」

 

です。

 

これら全部、幻冬舎からの出版であり、

見城徹さんが手掛けているものです。

 

私は、見城さんが66歳にして、

時代の先頭にいる方を巻き込む力が

どこにあるのかを分析していたのですが、

先日のAbemaTV「徹の部屋」で、

その一端を垣間見ました。

 

幻冬舎の社員である箕輪さんが、

 

「幻冬舎の給料より、副業の収入の方が大きい」

 

と発言したことに対し、

冗談で怒りながらも、笑顔で応えていたのです。

 

編集者個人が「力」や「人脈」を持ち、

会社の外でも目立っていくことが、

結局は幻冬舎にも貢献することを理解した上で、

 

若い感覚からも学ぼうという姿勢が見られたのです。

実績を出し、偉くなると、

ついつい人を上から見てしまうものですが、

いつまでも周囲すべての方から学ぼうという姿勢が、

斜陽産業である出版業界の中でもずっと、

力を持ち続けることにつながっているのですね。

 

追伸;

 

本棚から3冊を取り出して写真を撮っていたら、

子供達がそれぞれを持ってポーズを決めてくれました^^

 

 

この子達が「革命のファンファーレ」を鳴らす日が、

とても待ち遠しいです!ww

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b