■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「コカ・コーラ」の成功と広告

2018年03月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

誕生から130年が経過しても、愛され続ける

「コカ・コーラ」の成功に関しては、

様々な分析がなされています。

 

たとえば、

 

「暗闇で触れても、地面に砕け散っても、

 コカ・コーラだと分かるような 

 特徴的なボトルを開発したこと」

 

「独自の流通システムを確立して、

 フランチャイズ方式で、

 販売網を一気に拡大したこと」

 

「ニューコークへの味の批判を利用し、

 炎上マーケティングで認知をさらに上げたこと」

 

などなど、諸説を様々な視点から

学ばせていただいています。

 

それらの中でも、私が欠かせないと思うのが、

「広告」です。

 

コカ・コーラの広告は五感に訴えかけ、

心に残るものがとても多いと思います。

 

現在、30代後半以降の方は、

 

「さわやかになる ひととき」

 

というキャッチコピーを思い出す方も

少なくないないのではないでしょうか。

 

私は、瓶を目にしたり、

缶を開ける音を聞いたりする瞬間に、

見事に、「爽やか」な気分になります。

 

そして、広告の力の凄さを思い知るのです。

 

実態は、砂糖が大量に入っている水なので、

決して身体に良いものではないと

頭(左脳)では理解しているのですが、

もう片方の頭(右脳)が、それを求めてしまうのです。

 

これまで日本で使われた他のキャッチコピーとしては、

 

「スカッとさわやかコカ・コーラ」

 

「ココロが求めてる」

 

Always Coca-Cola

 

など、歴史とともにずっと、

そのブランドイメージを守り、

貫いてきていることが分かります。

 

最近も、平昌五輪の時に、

 

「メダルおめでとうございます」

 

という綾瀬はるかさんが出演するCM

突然放送されて、大変話題になりましたね。

 

糖の問題は無視できないので、

飲み過ぎに注意しながらも、

爽やかな気分を味わい続けたいと思います。

 

追伸;

 

本日は、息子がコーラを飲んだ直後の写真です^^

 

 

広告で使えそうな、良い表情をしています! w

 

 

ついでに、相変わらず小指が立ってしまう写真と、

コーラでご機嫌になって笑顔の写真もアップしました!

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

ダスキンが経営するミスドの苦悩

2014年01月18日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

20140118_1

 

 

ダスキンの創業者 鈴木清一氏は、

フランチャイズビジネスを

学ぶ為に渡米した際に、

ミスタードーナッツの創業者

ハリー・ウィノカー氏と出会い、

日本でのミスタードーナッツ(以下ミスド)

の展開をスタートしました。

 

掃除事業と外食事業、

全く畑違いの業種ですが、

「フランチャイズ」という共通点で

事業を多角化していったのです。

 

ミスドは日本でも

すぐに大ヒットとなり、

ダスキン社 全売上高の1/4を

占める程に成長していきました。

 

しかし、2003年、

ミスドで販売していた「肉まん」に

無認可添加物が混入していたことが発覚。

 

当時の伊東社長は、

 

「本業ではないという慢心があった。

この企業風土を放置してはいけない。」

 

と言って、

ミスドのフランチャイズオーナーと

個別にコミュニケーションを取って、

抜本的な改革をしていきました。

 

そうして、2006年に東証に上場。

 

ピンチをチャンスに変えた・・・

 

ように見えました。

 

しかし、そこで油断をしたのか、

信じられないような不祥事が続出します。

 

虫の混入、

小石の混入、

金属片の混入、

水への塩素の混入等・・・、

毎年のように何かを起こし、

次々に信頼を失っていくのです。

 

それに加え、

外的要因も押し寄せます。

 

コーヒーショップの台頭、

ファーストフードの出店拡大、

類似ドーナツ店舗の新規参入・・・

 

これらにより瞬く間に

苦境に立たされてしまいました。

 

この状況を打破するべく、

 

・半額キャンペーン

・100円均一

 

など、徹底した値下げで攻勢しますが、

それがまた、ミスドの価値を

下げているのが現状です。

 

ダスキンは今後、

ミスドをどうするのか?

 

最近、広告で起用するタレントや

その宣伝内容を見ると、

すでに迷走し、

投げやりになっているように

感じてしまいます。

 

米国では、

ダンキンドーナツがミスドを

吸収合併しました。

 

一方、日本では吉野家が展開していたダンキンは、

1998年、すでに事業撤退に追い込まれています。

 

お客様のニーズを見極め、

お客様に真摯に向き合うこと。

 

その姿勢がミスドにあるか、

今後の動向を見守りたいと思います。

 

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円超えを多数輩出する
私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/free/rp1

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

・vol.3 「ナンパ」と「合コン」と「ネットビジネス」

→ http://fujisawa-ryo.com/nanpa_goukon

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料