■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


マクロの「思考」とミクロの「行動」

2015年12月06日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa1206

 

仕事に向き合う時は、マクロの視点で考え、

それを土台に、ミクロに行動していくことが

大切だと考えています。

 

大志を抱きながら、

日々の細かな作業を着実にこなしていく力が

必要だということです。

 

私は会社員の頃、全国の放送局に

各広告主のTVCM素材を送る仕事を

半年程担当しました。

 

営業担当から、

ビデオテープのような広告素材を預かり、

シールを貼ってカゴに入れるだけの仕事です。

 

誰にでもできるような仕事内容で、

そこに配属になった同僚の多くは

落胆していました。

 

しかし私は、その仕事にも

面白味を見出しました。

 

各営業担当と仲良くなり、

CMの企画内容や

タレントのキャスティング、

撮影の裏話などを聞きに行って、

最先端の広告市場の情報を

どんどん吸収したのです。

 

広告は、1つ作り上げるために、

あらゆる市場調査をして、

数十、数百の企画を立ち上げては、

すべてをゼロにするようなことを

何度も繰り返します。

 

その過程には、

頭脳がぶつかり合った叡智が

たくさんあるのです。

 

そのプロセスを聞かせて頂くことで

私は広告業界の様々なことを学び、

半年後の異動先となった

50億円の扱いを頂く営業担当としての

礎を築きました。

 

細かい、面倒な作業であっても、

自分の意味付け次第では

意味合いが全く異なり、

やり甲斐も違ってくるということです。

 

起業に憧れる方の中には、

 

「社長になれば、

 面倒な作業をやらなくて済む」

 

という考えの方がいらっしゃいます。

 

しかし、面倒な作業からの逃げで起業すると、

想定外の現実と対峙することになります。

 

大半の社長は、会社員の頃よりも、

細かな作業に追われています。

 

私も、起業当時は

書類作成、メール対応、整理整頓、

法務、税務などのあらゆる雑務を

自分1人でやりました。

 

現在は、その大半を業務委託にしたり、

妻に手伝ってもらうことで手離れしていますが、

最初は、あらゆる作業を自分で乗り越えることが

重要だと捉え、実践したのです。

 

最初から社員に任せたり

アウトソースにしてしまうと、

その作業へのアンテナが張れなくなるので、

例えば、財務状況が分からないまま走り続け

経営が破綻してしまうなどのリスクが

高まると考えたからです。

 

一通り自分で担う経験があるからこそ、

経営の舵取りで大きなミスをしない体制が

作れると判断したのです。

 

会社員の業務の中では、

コピー取りやホチキス止めなどの作業に

やりがいを感じていない方も多いと思います。

 

しかし、私が

シール貼りに価値を見出したように、

そのような作業の中にも、

何らかのやりがいは見出せるはずです。

 

このように、

起業にチャレンジする前に、

マクロの視点とミクロの行動を

身に付けておくことは、

とても大切です。

 

私は、現在も、

東京ドームに5万人集めたいと

マクロな視点を持ちながらも、

日々、11人と向き合い、

たった1人を成功に導くことに

全力投球しています。

 

そのような「小局」への着手こそが、

「大局」に着岸すると信じているからです。

 

あなたも、目の前の

「小さな仕事」をバカにしないで、

それを大きなビジョンに繋げて

着実に実践してくださいね。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

マクロとミクロのアルゴリズム

2014年02月15日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

20140111_18 2 

「日本人は」「日本の働き方は」

というように、マスコミは

マクロの視点で語ります。

 

しかし、そのような情報を

ぼんやり眺めていては、

ビジネスチャンスを見誤ります。

 

日本の少子高齢化

 

TPPへの参加

 

日中韓関係

 

などがどう影響するかは、

大企業の人、

町工場の人、

ITベンチャーの人、

サービス業の人など、

それぞれの立場によって

全く違います。

 

個々人にとって、

「日本人は」という主語設定は、

何の解決策も導き出さないのです。

 

このようなマクロに逃げて、

自分の悩みや不安を

国や政治や時代のせいにし、

現実を直視することから

逃げてはいけません。

 

例えば、

日本の株価はバブルから

大きく下げましたが、

2/3の企業の株価は上がっています。

 

平均株価を押し下げているのは、

1/3の大きな銘柄なのです。

 

ソフトバンクの時価総額はこの20年で、

KDDIを抜き、Docomoを抜き、

国内ではトヨタに次いで2位になりました。

 

全世界のマクドナルドの時価総額も

抜き去っています。

 

日本は「失われた20年」でしたが、

そんな日本の中で、

孫さんはゼロから10兆円超を

生み出したのです。

 

マクロで見ると

日本市場で戦うことは

難しいと感じてしまいますが、

ミクロの視点で見れば、

日本にはビジネスチャンスが

山ほどあります。

 

マクロに騙されないで、

ミクロの視点でしっかり

市場のニーズや動向を

見極めるようにしたいですね。

 

さて、

 

『週休5日で年収1000万円』

 

という情報が公開されました。

 

http://fujisawa-ryo.com/5days-free

 

このような情報も、

ミクロの視点で分析してみて下さい。

 

7億稼いだ彼を自分に置き換えて、

そのノウハウをどのように活用出来るか、

しっかりとシミュレーションすることで

大いなる学びが得られます。

 

羨ましいなあ、、、

と眺めるだけでは、

全く無意味ですよ。

 

マクロとミクロの視点を

コントロールするべく、

アルゴリズムを鍛えましょう。

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

新聞紙を42回折ると月に届く

2013年11月15日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

1115_3

アインシュタインは、

「人類最大の発明は複利である。」

と言っています。

実際に、どの位凄いのか?

を証明する為に、
一つ実験をしてみましょう。

ここに、厚さ0.1mmの
新聞紙があります。

これを折り畳んでいくと、
どの位の厚さになるでしょうか?

1回折ると、2倍ですから
0.2mmですね。

2回折ると、
0.2mmの2倍なので
0.4mmになります。

これを繰り返していくと
下記のようになります。
1回 0.2mm
2回 0.4mm
3回 0.8mm
4回 1.6mm
5回 3.2mm
6回 6.4mm
7回 12.8mm
8回 25.6mm
9回 51.2mm
10回 102.4mm
11回 204.8mm
12回 409.6mm
13回 819.2mm
14回 1.63m(1m突破)
15回 3.27m
16回 6.55m
17回 13.10m
18回 26.21m
19回 52.42m
20回 104.85m
21回 209.71m
22回 419.43m(東京タワー333m突破)
23回 838.86m(東京スカイツリー634m突破)
24回 1677.72m(1km突破)
25回 3355.44m
26回 6710.88m(富士山3776m突破)
27回 13.42km(エベレスト8848m突破)
28回 26.84km
29回 53.68km
30回 107.37km
31回 214.74km
32回 429.49km
33回 858.99km
34回 1,717.98km
35回 3,435.97km
36回 6,871.94km
37回 13,743.89km(1万km突破)
38回 27,487.79km
39回 54,975.58km
40回 109,951.16km
41回 219,902.32km
42回 439,804.65km(月38万km突破)
なんと、
新聞紙を42回折ると、
月に届いてしまうのです。

このまま計算を続けると、
51回で2億2500万kmとなり、
太陽(1億5000万km)をも
超えてしまいます。

これらはあくまで計算上であり、
実際はそれだけ折れる面積の
新聞紙を用意すること自体が
不可能です。

しかし、私はその点を
議論したいのではありません。

ミクロの世界と
マクロの世界は
相矛盾するようですが、
実はこうして繋がっている
ということを、感じて欲しいのです。

人間の日々の成長も、
ミクロです。

しかし、
それを複利で掛け合わせると
マクロになり得るのです。

その凄さを、
しっかりと認識しましょう。
そして、
長期的な視野で、自分自身を
積み重ねていきたいですね。

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 

タカの目で長期的展望を持とう。

2013年09月27日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

0910_10

私は、ドルが78円の時に、
当時所有していた資金(円)の大半を、
ドルに替えました。

現時点で、
25%の含み益になっています。

また、昨年末、
某企業の株式を買い増し、
その株価は現在、
倍以上になっています。

株やFXは
「ギャンブル」と言われますが、
マクロな視点で見れば、
大きく外すことはありません。

今回の判断基準は、

「日本がマネタリーベースを増やす」

ということだけです。

経済も、実はシンプル。

通貨が増えれば、
通貨安に、インフレになる。

私は、日本が復活する為には、
マネタリーベースを
増やし続けるしか無いと
考えています。

それをやり過ぎると、

「ハイパーインフレになる!」

という方もいらっしゃいますが、
私はそうは考えていません。

経済系の書籍を100冊以上
読んでいますが、
その中の主張は二極化。

「日本は破滅する!」

「日本は大復活する!」

私の考えは、後者です。

三橋貴明氏の主張を
最も支持しています。

さて、マクロな視点で見て、
もう一つ間違いないことがあります。

それが、

「企業→個人」

の流れです。

至る所で言われることですが、
この動きは、今まさに加速しています。

今、個人で収入を得る
ビジネスに取り組む人と、
取り組まない人。

5年後の人生は、
まさに「天国」と「地獄」に
なっているでしょう。

ミクロな視点で見てしまうと、
この大きな動きを
見逃してしまいます。

マクロ=タカの目

ミクロ=アリの目

タカの目で長期的展望を持ち、
その上で、アリの目で
臨機応変に行動しましょう。

特に、変化が激しい現代は、
タカの目を忘れないように
して頂きたいと思います。

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料