■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


電通の「過去最大赤字1595億円」に思うこと

2021年02月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

私が電通を退社した2012年時点では、

電通は東証一部上場企業として体裁が良く、

一流のブランドを維持していました。

 

そのような中で、

 

「これから、インターネットが台頭する。

 

 時代の変化の中で、

 抜本的な改革をしなければ、

 電通は危機に瀕する」

 

と公言し、辞めていく私の姿を見て、

多くの人が、私のことをバカにしました。

 

「電通は安泰だ。

 あいつは気が狂ってる。

 

 電通ブランドを失ったら、

 あいつはホームレスになるだろう」

 

そのような批判に負けずに、

私は「個人の時代」に挑みました。

 

そして私は、

電通勤務時代には有り得なかった

経済的自由と時間的自由を手にしました。

 

一方で、私が退社した後の電通は、

社内に眠っていた問題が次々と顕在化し、

経営状況も悪化の一途です。

 

この度、発表された決算では、

ついに、過去最大赤字「1595億円」を

計上するような窮地に立たされています。

 

このような状況を見て、

 

「私が正しかった」

 

と自慢するだけでは、

何の意味もありません。

 

あなたに感じていただきたいのは、

 

「大きな変化にはピンチがあり、

 その裏には必ず、チャンスがある」

 

ということです。

 

まさに私は、

ピンチに陥った電通から脱して、

大いなるチャンスを勝ち取りました。

 

その違いは、

 

「時代の変化をしっかりと見極め、

 果敢に行動したかどうか?」

 

です。

 

今回の過去最大の赤字が、

海外減損が主であることは、もちろん、

決算の詳細を見て認識しています。

 

しかしながら、いつ、どこに、

どのくらい投資をするか?という判断こそが、

経営を左右するのですから、

電通が大きな過ちを犯してしまったことは

間違いありません。

 

「広告関連」という意味では、

Googleも、Facebookも、

史上最高益を続々と更新している中での、

電通の史上最大赤字です。

 

そろそろ、本格的に変化を受け入れなければ、

電通ブランドは完全に崩壊しますし、

本社を売却するだけでは、焼け石に水です。

 

すでに、過去2年間で

2,100億円の減損を行っていますが、

それでもまだ、のれんが

6,000億円近く残っています。

 

一方で、株主資本は8,200億円です。

 

ここからの舵取りが、

電通の命運を握りますね。

 

多くの企業が苦しんでいる現在、

経営の判断に身を委ねるだけでは、

希望を実現しないまま、人生が終わります。

 

自分で行動して人生を変えたいのであれば、

私が自由に導きますので、

お気軽にご相談くださいね。

 

追伸;

 

今日は、「調子に乗るなよ!」という

自戒を込めて、調子に乗っている私の写真を

アップしました。笑

 

 

大成信一朗さんにご招待いただいた旅行で、

オーパスワンを飲む、バスローブ姿の私です^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼のスマホ在宅「月収5万円」プロジェクト

 

完全在宅で、まずは「月収5万円」を

着実に得ていきたいあなたへ。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「スマホ在宅 月収5万円」

というメッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

「時給」をコントロールする力

2015年06月27日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

mama_tsubasa0627

 

「Time is money」という言葉は、

「時間はお金と同様に大切である」

という意味で使われますが、もう一つ、

重要な意義を持っています。

 

それは、

「時間を制する者が、お金を制する」

ということです。

 

すべての人にとって、

与えられた時間は平等です。

 

その時間を先にコントロールすることで、

お金さえもコントロールすることが

できるようになるのです。

 

先にお金をコントロールしようとすると、

「節約」ばかりに意識が向いてしまい、

人間の器が小さくなります。

 

また、そういう方は、会社で出世すれば、

自分の時間もコントロールできると

考えていることが多いですね。

 

ところが、それは順番が違います。

 

先に時間を制していく意識こそが、

出世に結び付き、収入にも跳ね返ります。

 

つまり、常に「時給」を意識して、

時間当たりの生産性を上げることが

大切なのです。

 

先日発表された、

上場企業の時給ランキングは、

下記の通りです。

 

 

1位 三井物産株式会社 ¥5,900

 

2位 住友商事株式会社 ¥5,771

 

3位 伊藤忠商事株式会社 ¥5,702

 

4位 三菱商事株式会社 ¥5,669

 

5位 丸紅株式会社 ¥5,587

 

6位 三菱地所株式会社 ¥5,312

 

7位 三井不動産株式会社 ¥5,132 

 

8位 株式会社キーエンス ¥4,959

 

9位 株式会社電通 ¥4,696

 

10位 双日株式会社 ¥4,646

 

出典:Vorkers「働きがい研究所」

 

 

上位5社を、商社が独占していますね。

 

各社の企業努力により、

ライフワークバランスが

実現されつつあるということでしょう。

 

私を育ててくれた電通も、

9位に入っています。

 

実態としては、

「業務時間」にカウントされない接待や

休日のゴルフなどがありますので、

それらも業務の時間だと換算すれば、

もっともっと低いと思います。

 

それでも、恵まれた環境の中で

働かせて頂いたことに感謝しています。

 

その上で、私はもっと、

「時間を制したい」という思いを持って

起業をしました。

 

現在、私は会社員であったら有り得ない時間、

家族と触れ合うことができ、

妻と息子の姿を眺めることができています。

 

そのことが、何より幸せです。

 

時間を制する人は、お金も制します。

 

その反対に、時間に追われてしまうと、

お金にも追われますね。

 

ですから、私達は常に、

自分の「時給」を意識しながら、

より幸せに溢れた人生を歩めるよう

努力したいですね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料