■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


教育無償化「住民税非課税世帯」で検討

2017年11月09日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

政府が、大学などの「高等教育」に加え、

2歳児以下」の認可保育園の費用に関して、

「住民税が課されない世帯」を対象に

無償化する方向で検討に入っています。

 

住民税非課税世帯とは、

「年収約250万円未満」であり、

低収入の方から救っていくのは

社会の格差是正のためにも、政府の予算の観点でも、

合理的だと考えられているのでしょうが、

私は、違和感を覚える政策です。

 

その理由は、以下の通りです。

 

・各家庭が所得を減らそうという圧力となり、

 労働力不足に拍車をかけてしまう。

 

・認可外保育園が対象外のため、

 待機児童解消が余計に困難になる。

 

・教育は親のためではなく子供のためのものであり、

 社会の未来のためのものなので、

 親の収入で差別するべきではない。

 

子供の時は、全員が「無収入」です。

 

ですから、どんな家庭にとっても、

平等な「教育無償化」こそが、

文明国の証だと感じます。

 

もちろん、低収入の人が全員、

努力していないとは言いませんが、

高収入の人は確実に努力していますし、

高い税金も納めています。

 

それなのに、子供の教育に関しても

努力が報われないような社会になることに

私は大きな危惧の念を抱きます。

 

短期的な経済状況ばかりを気にして、

 

「財源が無いから、この対策しかできません」

 

ではなくて、

 

「未来の日本のためにこうするべきで、

 そのために必要なことは、これだ。」

 

というような未来創造型の議論を

進めていくことが大切だと思います。

 

現代の日本は、貧困層だけではなく、

一般的な層までもが、

育児をする中で苦しんでいることが、

大問題なのです。

 

社会全体の底上げになるような新たな施策を

政府には期待したいと思います。

 

その上で、国がやらないのであれば、

自分で「時間」と「お金」を生み出す努力を

続けていくしかありませんね。

 

追伸;

 

本日の写真は、娘&実家のワンちゃんです!

 

娘は少し前まで犬を怖がっていたのに、

最近は優しく、背中を撫でてあげられています^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

教育の「経済格差」と「情報格差」

2015年10月14日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

東京大学では、年収400万円以下の

家庭の学生の授業料が全額免除になり、

この層の合格者が増えています。

 

これは、2008年から

始まっている制度ですが、

まだ、ご存知無い方も多いようです。

 

教育に関しては、「経済格差」によって

子供の所得も大きく差が出てしまうと言う

「格差の再生産」が叫ばれていますが、

「情報格差」も、見逃すことができません。

 

子供達のために、親が真剣に情報を取り、

最適な判断をしていくべきですね。

 

お金の運用を考えても、以前は、

郵便局や銀行に預けているだけで

高い金利により自動でお金が殖えました。

 

しかし、現代は(特にこの数年は)、

いくら大きなお金を持っていたとしても、

銀行に預けているだけだと

世界基準で見て資産が減ってしまいます。

 

金融の知識を身に付け、

リスクを取って投資しなければ

お金は殖やせない時代なのです。

 

正しい情報と

的確な判断力を持った人だけが、

富を構築していくことが可能だ、

ということですね。

 

教育も全く同じで、

子供の豊かな未来を確保するために、

正しい情報を掴んで、

実行していく行動力が必要なのだと

感じています。

 

さて、東京大学をはじめ、複数の大学が、

親の年収によって学費を全額、

または一部免除する施策を行っていますが、

あなたはどう思いますか?

 

私は、賛成です。

 

親が高収入であれば、

質の高い教育を受けられて当然です。

 

でも、そのような至れり尽くせりの環境で

学んで来た子供は、他者に甘えていて、

主体性の無い人間になっている可能性も

内在していると思います。

 

一方、親が高収入ではない家庭でも

必死に学んで学力を高めた学生は、

ガッツがあって、未来を切り拓く方だと

感じるのです。

 

もちろん、反対意見も多い事案だと

考えています。

 

そもそも、

これからの時代に学歴は必要なのか?

東京大学に行く価値はあるのか?

などの議論もあるかと思いますが、、、

 

その点はまた別の機会で考えるとして、

まずはこの施策に関して、

あなたのご意見もお聞かせ頂けると幸いです。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「清貧」と「富裕」の両立

2015年04月21日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ 

 

papa_tsubasa0421

 

日本では、純金融資産1億円以上の

富裕層が76万世帯、

5億円以上の超富裕層が5万世帯で、

合計81万世帯が富裕層に該当します。

 

日本の総世帯数が5000万なので、

富裕層は2%未満なのですが、

その合計資産約188兆円は

日本の資産全体の17%になります。

 

この富裕層への扉は

誰にでも開かれていて、

その方法は2つです。

 

アントレプレナー(起業家)か、

インベスター(投資家)ですね。

 

私は、起業家としては

最高月商が1000万円というレベルですし、

投資家としては、アベノミクスのおかげで

利益がやっと500万円を超えたところなので、

まだまだ未熟です。

 

しかし、それぞれの技術を磨き、

人生のステージをどんどん上げていこうと

志しています。

 

日本では、

お金儲けは悪いことだというイメージが

国民の意識の根底にあるように思います。

 

実際に、

人よりも多くのお金を持っている人は、

きっと何か悪いことをしているだろうと

疑ってしまう方が多いですね。

 

「武士は食わねど高楊枝」

という言葉もある通り、

貧しくてもその矜持を失わず、

誇りを持って生きる姿勢は

素晴らしいと思います。

 

ただ、「お金=悪」という概念からは

そろそろ卒業すべきだと考えています。

 

江戸時代からの儒教の思想である

「清貧の思想」と、

「富裕になる」ということは、

両立できると思うのです。

 

お金の教養を身に付けた上で

清く正しく生きていくことは

決して矛盾しないということです。

 

世界の資産家を見れば、

その財産を自分のものだけにせず、

慈善事業に積極的に投じていますね。

 

日本でも、少しずつですが

そのような方が増えています。

 

ですから私達は、

知を磨き、人脈を拡げ、

堂々と富を築いていくべきです。

 

私は、ますます事業と投資に積極的になり、

「清貧」と「富裕」を両立できる仲間を

拡大していきたいと願っています。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

日本の「働き方」は崩壊している

2015年03月20日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0320_3

 

南関東の子育て世帯の男性のうち、

5人に1人は23時以降に帰宅し、

2人に1人は21時以降に帰宅しています。

 

日本の父親は諸外国と比べて

家事や育児への貢献が著しく低いのですが、

それは彼らが亭主関白な訳ではなく、

「働き方」が異常なのが主因です。

 

これだけ一生懸命働いている分、

生産性は当然高いと期待されますが、

日本の時間当たりの生産性は、

主要先進国7ヶ国中で、【最下位】です。

 

のんびりしているイタリアより、

華やかに遊ぶフランスより、

毎晩のように終電で帰る日本の方が

生産性が低いのです。

 

これはとても悲しい現実ですが、

日本の「働き方」が、明らかに

間違ってしまっていることの

証左だと言えますよね。

 

そんな中、

国は少しでも家庭を救おうと、

待機児童などの解決を

急いでいるようにも見えますが、

家族関係に充てる予算は

対GDP比で0.75%。

フランスやイギリスの3%に比べ

圧倒的に少ないのが現状です。

 

そもそも、

子育て中の20-30代は投票率が低いので、

このような点に熱心な政治家は当選しません。

 

その一方で、

高齢者に給付金をばらまく政治家が

国を動かし続けているのが、日本です。

 

2008年、内閣府がスタートした

ワーク・ライフ・バランスの国民運動、

覚えていますか?

「カエル!ジャパン」と銘打って、

可愛くない蛙をキャラクターに、

「お家にカエル」、「働き方をカエル」…

などと言っていました。

 

私はあれを見て、

 

「ああ、ダメだ。。

 「国」や「会社」に人生を預けるのは、

 もうやめよう。。」

 

と、サラリーマン生活に終止符を打つ

大きな一歩を踏み出したのです。

 

そして、自らの力で、

働き方を大きく変えていきました。

 

先日、私は自分が登壇するセミナーに

2歳の息子と一緒に参加しました。

 

日本の働き方の「常識」だと、

そんなのは「公私混同」だと

批難されるでしょう。

 

しかし、セミナーに参加された皆様は、

喜んで、温かく迎えて下さったのです。

 

きっと皆さん、

感じていらっしゃるのです。

 

本当は、公私を分けずに、

息苦しくない働き方がしたいことを。。

 

これからの新しい働き方は、

「公私統合」です。

 

仕事とプライベートの垣根なんて無く、

遊びさえも仕事になるのです。

 

それを体現する人こそが、

新たな時代のトライブ(仲間)を創ります。

 

国や会社に任せたって、

働き方は変えられません。

 

働き方を変えられるのは、

自分だけです。

 

ですから、あなたが

国や会社に依存して働いているなら、

それはもう終わりにしましょう。

 

そして、自らの力で、

働き方に革命を起こすのです。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料