■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「カラオケの点数」に本気で悔しがる息子

2018年01月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 


妻の体調不良が長引いてしまっていて、

妻を自宅で寝かせ、子供達2人を連れて、

3人で外出する日々が続いています。

 

児童館や公園などにも行くのですが、

息子がすぐに飽きてしまい、

 

「カラオケに行きたい!」

 

と、、、

 

ついに、娘もカラオケの楽しさを知って、

親子3人カラオケが定着してきました。

 

 

そして、息子が最近覚えたのが、

「採点機能」です。

 

自分の歌が自動で評価されることに驚き、

1曲ごとに、私と勝負しています。

 

もちろん、私はまだまだ負けないのですが、

息子は、自分の点数が出る度に、

本気で悔しがっています。

 

私に負けることだけではなく、

全国平均の点数よりも低いことに、

 

「なんで!?こんなに大きな声で歌ってるのに!!」

 

などと言いながら、負けず嫌いを発揮します。

 

私は、息子が歌を嫌いにならないように配慮しながら、

「音程」のこと、「リズム」のことを少しずつ教えて、

遊びの中で、音楽教育を始めています。

 

5歳でこんなに上手に歌えるんだから、

 これからどこまで上手になるか、楽しみだね!!」

 

そう言うと、息子もその気になって、

早く、全国平均以上になって、その先に、

私に追い付き、やがて、私を追い越す日を

心から楽しみにしています。

 

最近は、テレビでもカラオケの番組が多く、

小学生や中学生が、採点で100点を取る様子を見ます。

 

息子も、今からカラオケに通い続ければ、

あの子達のように上手になるかな、、、

 

 

そんな期待をしながら、今後、息子が望めば、

YouTubeSHOWROOMを活用させていただき、

歌で表現するようなことにも、

一緒に挑戦していきたいと考えています。

 

さて、今回もカラオケの動画を撮ったのですが、

 

「上手に歌えていないからダメ!」

 

と、息子からまさかの公開NGが、、、

 

「でも、写真だったら良いよ!」

 

と、写真だけは許可してくれました。笑

 

こうして、

自意識が芽生えていく変化を見られるのも、

育児の醍醐味ですね!

 

追伸;

 

息子の「小さな世界」:64.905点と、

私のMr.childrenSign」:91.124点の画像を

現時点の親子の実力差としてアップします^^

 

 

 

いつ、抜かれる日が来るのか、、、

 

楽しみです!!

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

世界の日野皓正「ビンタ否定」の愚

2017年09月02日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

ジャズトランペット奏者の日野皓正さんが、

東京都世田谷区で開催されたコンサートの最中、

ドラムを演奏していた男子中学生の髪をつかみ、

顔を往復ビンタしてしまった件。

 

実際の映像もネットやテレビで公開されましたが、

世論は賛否両論の意見で、二分されていました。

 

「さすがにあれは行き過ぎた指導。

 親や、他のお客さんの前で、虐待だ、、、」

 

「中学生が調子に乗り過ぎていた。

 暴力的な指導も、致し方無い。」

 

私自身も、微妙な問題だと思っていました。

 

映画「セッション」で描かれた通り、

音楽には「喜び」や「楽しさ」がある一方、

人前で演奏するスキルを手にするまでに、

「恐怖」や「狂気」があるのも事実です。

 

演奏者の可能性を最大限に引き出すために、

時に、指導者が「鬼教師」になる必要が

あることも理解できます。

 

しかしながら、本番は指導の場ではなく、

エンターテインメントの場です。

 

お客様からお金をいただいている限り、

たとえドラムの生徒が和を乱す行為をしても、

突然、演奏を止めて暴力で指導するのは

避けなければいけません。

 

むしろ、本番までに、

演奏者全員をそのレベルまで指導できなかった

指導者側に問題があると捉え、反省するべきだと

感じていました。

 

もちろん、日野さんは

誰もができないような努力を続けてきたからこそ、

世界的な音楽家になれたという自負があり、

生徒の皆さんにもそのレベルを求め、

真剣に指導してきたのでしょう。

 

本番でそれをぶち壊すような行為があったことで、

感情を抑えきれなかったのだと思います。

 

ですから、日野さんには、

 

「私も本番で最高の演奏を実現したかったから、

 感情的になってしまった。

 

 親御さんや会場の皆さんには、謝罪したい。

 

 皆さんの声をしっかり受け止めて、

 今後の指導のあり方を検討したい。」

 

などという言葉を期待していました。

 

しかし、

 

「ビンタはしていない。

 ちょっと軽く触っただけ。」

 

と言ってしまった記者会見を見て、、、

とても残念でした。。

 

暴力が許されなくなっている

時代の変化もあります。

 

日々の言動が、写真や映像で

すぐに拡散され叩かれてしまう社会で、

閉塞感を覚える人も多いでしょう。

 

様々な要因もあり複雑な問題ですが、

それぞれが家庭や学校、会社の中で、

「指導」のあり方を見つめる

良い機会にしたいですね。

 

追伸;

 

我が家の「音楽教育」は、スパルタ排除!

 

とにかく、音に触れて楽しませることを、

強く意識しています。

 

 

写真の通り、息子と娘が一緒にピアノを弾く姿は、

私にとっても、幸せなひと時です^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b