■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「寿命100年時代」を生き抜くために

2017年03月01日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

現在、先進国で生まれる子供は、50%以上、

105歳以上生きると見込まれています。

 

昨日、めでたく10ヶ月を迎えた娘も、

これから105年以上生きていく可能性が高いのです。

 

 

100年前に生まれた子供が

105歳まで生きる確率は1%に満たなかったので、

現代は急激に、長寿化が進んでいることになります。

 

私と妻も、50%以上の確率で

95歳以上生きる世代ですから、

親子で「寿命100年時代」をどう生きるかを、

真剣に考えていかなければいけません。

 

年金の問題、保険の問題など、

暗い話ばかりが議論されていますが、そうして、

自分がコントロールできない部分だけを見て

「貧困」と「後悔」の老後を待つのではなく、

長寿を恩恵にする生き方を、

個々人が設計していくべきなのです。

 

そのために必要なのは、

時間とお金を「投資」し続けることです。

 

投資し続ける人こそが、長期的に、

大きな収入を得て、健康を維持し、

「寿命100年時代」を豊かに

生きていくことが可能になります。

 

一方、企業も、社員のライフスタイルに合わせた

柔軟な働き方を与えざるを得なくなるでしょう。

 

富士通は、4月から全社員3.5万人に

在宅勤務制度を与えると発表しましたが、

このような柔軟性が、すべての企業に求められ、

その上で、定年の制度見直しや、

給与体系の改革も求められていくことになります。

 

一時期は、子育てや親の介護に集中したり、

それらがひと段落したらまた働き始めるなど、

柔軟な仕事の環境を与えながら、70代、80代まで、

働き続けてもらう形を模索することになります。

 

ただ、すべての企業に

その柔軟性を期待することはできませんし、

国や会社に依存するだけではいけないでしょう。

 

ですから、個々人が意識を高く持って、

「寿命100年時代」をどう生きるかを

検討し続けなければいけませんね。

 

私は、その意識をしっかり持って、

100年を幸せに生きるための力を自分自身で育み、

そして、その力を多くの人に与えられるように、

努力していきたいと思います。

 

追伸;

 

日本では100歳を迎えた人に「銀杯」が贈られますが、

2016年以降、純銀製から銀メッキに変更となりました。

 

制度が始まった1963年には153人だった対象者が、

2016年には3万人規模へ。

 

対象者急増による予算抑制と厚労省は言っていますが、

このような変化からも社会を注視して、

未来をしっかり考える機会にしたいですね。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

会社は「欲」と「苦」を生み出す装置

2014年05月24日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

 biking

 

会社は、社員や顧客に「欲」を与えます。

その「欲」から、お金を生み出す装置だと

言っても過言ではありません。

 

その仕組みをご説明しますね。

 

会社には必ず、

売上や利益の目標がありますね。

 

その数字がブレイクダウンされて、

各部署や個人に対し、

「予算」として

降ろされていくのです。

 

私が電通において

最後に所属した部署では、

この「予算」を、

役員と一緒に作っていました。

 

このような業務を担当することで、

大きな会社の全体構造を

把握することが出来たのです。

 

そして、会社が生み出す

「欲」と「苦」を知りました。

 

まず、「欲」。

 

会社は、部署や個人が

予算を達成する過程で

 

・出世欲

・金銭欲(昇給、特別給)

・承認欲

 

などを刺激します。

 

そうすることで、

各部署や各個人が競い合い、

それぞれの予算達成を狙うことで

全体として数字が積み上がるのです。

 

もちろん、このようにして

社全体でより良い商品やサービスを生み、

効果的な広告を展開することで

顧客の欲を最大限に刺激し、

お金を頂くというロジックです。

 

続いて、「苦」。

 

上記のような「欲」を持つと、

大半は現実とのギャップが

生じることになります。

 

そしてこれが、

「苦」になります。

 

多くの会社員が、

会社自体を「苦」と感じるのは、

このような理由です。

 

それでは、

「苦」を感じない為にと

「欲」を無くしてみましょう。

 

すると残念ながら、

 

・出世欲

・金銭欲(昇給、特別給)

・承認欲

 

の無い社員は

社内での評価を下げるだけです。

 

いずれにしても、

「苦」として自分に跳ね返る

ということですね・・・。

 

このような環境下で

「苦」を避ける為には、

自分が自分を正当に評価することです。

 

会社の評価は会社に任せる。

 

その上で、自分は自分で

自分のことをしっかり観察し、

プロセスを見守っていくことです。

 

会社に与えられた「欲」に振り回されると、

心身共にダメージがあります。

 

ですから、

会社からの「欲」はほどほどに、

自分自身が、自分にとっての評価機関に

なってあげるべきですね。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料