■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


息子とバスに乗って考えたこと

2018年10月02日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

 

私の息子は、電車が大好きなのですが、

基本的には乗り物全般に興味があり、

 

「今日はバスに乗りたい気分!」

 

と言う日は、一緒にバスに乗ります。

 

 

そして、その時、

バスに起こっている大きな問題を

しっかり教えることも忘れません。

 

たとえば、この6月から、

バスやトラックの運転手は、

 

「睡眠不足の時は乗務禁止」

 

とすることを、

国土交通省が事業者へ義務化しています。

 

過酷な現場の中で、離職する人も増えていて、

人手不足で運転手が過労の状況が続き、

様々な事故につながっているからです。

 

今は、人的確認での

睡眠チェックが進められていますが、

そのうち、科学技術を用いた検査も

導入されるようになるでしょう。

 

実際に、高速バスの中には、

耳のセンサーで脳波をモニタリングし、

眠気を感知したら振動した上で、

管理センターにも通知するようなシステムを

取り入れている事業者もあります。

 

各社、安全のために、

様々な対策を講じているのです。

 

一方、日本最大規模のバス会社

「西日本鉄道」は、福岡市中心部の黒字路線で

大規模な減便を発表しました。

 

「中州」、「天神」、「博多駅」などを結ぶ

「深夜バス」など、日中の2倍の料金を稼げる

ドル箱路線が廃止されたのです。

 

その理由は、やはり、「運転手不足」です。

 

厚労省の調査によると、バスの運転手は、

年間の残業時間が「平均492時間」と、

他の職業に比べて3倍長い一方で、

平均賃金が「448万円」と、1割少ない、

というデータがあります。

 

タクシーと同様、規制を緩和して、

Uberなどの新規参入があれば、

解決される部分も多いと思うのですが、

既得権益の破壊はなかなか進みませんね。

 

また、自動運転による無人バス、無人タクシーが

街の中を走る日も近いでしょうから、

現在の問題の多くは、

勝手に解決される部分もありますが、

それは同時に、運転手の労働が

奪われるという新たな問題も生みます。

 

息子が「乗り物」を愛する気持ちと、

近い未来に確実に変化していく世界、その中で、

息子の未来を考える「バス乗車」となりました。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

自力で人生を切り拓いていくために…

2016年10月24日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

family20161024

 

子供達の誕生日を毎月お祝いしている中で、

この1ヶ月は特に、「子供達の未来」を考え、

2人を見つめた日々でした。

 

日本における「良い大学・良い会社」神話が

音を立てて崩れるような悲劇が繰り返され、

国民が描いていた「理想の人生」に、

幸せが無いことが露呈した社会状況。

 

私自身が、4年前に電通を退社してから、

ずっと社会に提言してきたことでしたが、

犠牲が出てからやっと考える今の日本のあり方を、

とても悲しく感じています。

 

そして、これらを背景に、私は改めて、

家庭における子供達の教育の重要性を

強く感じています。

 

2008年のリーマンショック、

2011年の原発事故などは、

人間が命を尊ばずに、飽くなき欲望にかられ

「富」や「発展」を求めてきた価値観に対し、

根本的な問いを発してきました。

 

とりわけ原発事故は、

快適な生活や社会の発展が、

一部の人の犠牲の上に成り立っていることを

明らかにしました。

 

そして、昨今、過去の痛みに学ばない社会に、

また新たな犠牲が出てしまい、いよいよ、

「生き方」「働き方」の見直しが迫られています。

 

そのような中、私は、

子供を自立した人間に育てるのが、

親として極めて大切な仕事だと感じています。

 

そんなことは自明の理だと思われるでしょうが、

実は、これはとても難しいことであり、

自立ができておらず、自分で考えられないことが、

悲劇を生み出しているのです。

(被害者の方ではなく、加害者の方への指摘です)

 

親は、子供に過保護になってしまったり、

子供の人生の舵を取り過ぎてしまったり、

えてして、自立を阻んでしまいがちです。

 

そうして育った子供は、

答えを親や会社、社会のどこかから、

与えられるものだと思ってしまいます。

 

その結果、社会的には間違った答えを与えられ、

気付かないうちに、誰かを傷付けてしまうのです。

 

ですから、バランス感を常に意識しながら、

自力で社会を生き抜く強さを、

子供達に授けたいと思っています。

 

また、すでに大人になっている方も、

価値観を変える機会を設けるべきです。

 

そのためには、現在の会社などのコミュニティと、

全く別のコミュニティに所属することが求められます。

 

「生き方」「働き方」に疑問を持っていても、

周囲が疑問を持たずに人生を歩んでいれば、

流されてしまうのが、人間の弱さです。

 

そこから脱却するためには、

現在とは別のコミュニティに身を置き、

人生に別の視点を持つことを意識すべきです。

 

そのような場を創るため、

私はビジネススクールなどの、

新たなプラットフォームを生み出していきます。

 

社会的意義を持ち、使命を持って、

主体的に取り組んでいきますね。

 

息子は、310ヶ月。

まだまだ幼い子供ですが、

お互いを尊重し合い、対話する関係を構築し、

自分で人生を切り拓く力を与えていきたいと

心から願っています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

出会いのスピード改革と事故

2015年05月18日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ 

 

tsubasa_papa0518

 

現代は、私達人間の「出会い」に

スピード改革が起こっています。

 

友達の友達の友達・・・と6人隔てれば、

自分が求める方と必ず繋がるという

スモールワールドネットワーク理論

「6 degrees」のように、

インターネット、SNSは人の出会いを

大きく変えています。

 

かつて、私達の移動手段は、

徒歩や馬車に限られていました。

 

しかし、自動車や飛行機という

異次元の交通手段が現れたことで、

私達の文明はあっという間に

発達していきましたね。

 

時速100km以上で進む鉄の塊を

現代の私達は当たり前のように

扱っていますが、今に至る過程では、

極めて大きな、物質的なスピード改革が

起こっていたのです。

 

そして今度は、

インターネット、SNSの誕生により、

精神的なスピード感とスケールの広さが

改革されつつあります。

 

こうして、人間の脳が把握できる限界

(スケーラビリティ)を超える先には、

また新たな世界が待っているでしょう。

 

気を付けなければいけないのは、

ハンドルやブレーキの操作を誤り、

事故を起こさないことです。

 

SNS疲れによる人間関係の破綻や、

詐欺、性犯罪など、

より多くの人と出会い、

コミュニケーションを取る中で

トラブルに巻き込まれないように

しなければいけません。

 

そのような事故を起こさないよう

しっかりとドライビングできれば、

現代ほど面白い時代はありません。

 

福沢諭吉は、明治維新を

「一身にして二生を経るが如く」

と語りましたが、現代の私達こそ、

インターネットやSNSによる大改革で

一身にして二生を経るような、

全く違う二つの世界を

生きていくことになります。

 

その醍醐味を感じながら、

インターネットに感謝して

生きていきたいですね。

 

私は今日も、

インターネットによる新たな出会いを

楽しみにしています。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

赤信号と青信号、事故が多いのは?

2014年12月15日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

tsubasa1215 

 

横断歩道を「青信号」で渡る人と

「赤信号」で渡る人、

交通事故の被害が多いのは、

「青信号」で渡る人です。

 

青信号で渡る人は、

車が停まっているものだと信じて、

周囲をあまり見ていません。

 

そこに、赤信号を無視した車が突っ込み、

事故になるケースが多いのです。

 

ルールを守るのが大切なのは当然ですが、

全員がルールを守ると過信してしまうと、

思わぬ悲劇を招くということですね。

 

人生には、あらゆるリスクが潜みます。

 

思わぬところで、

人生が悪い方向に傾いてしまうことも

少なくはありません。

 

そのようなことを、

「運」だと片付けるのは簡単ですが、

私は、「運」も、自ら創るという意識が

とても大切だと思っています。

 

例えば、信号を渡る時には、

青信号の時こそ、周囲に注意しながら

渡って行こうと意識するだけで、

自分の運は少なからず変わっていきますよね。

 

仕事運、恋愛運、健康運…、

 

すべての「運」は、

このようにして変えることが可能です。

 

最も大切なのは、

少しでも運が悪くなった感じた時に、

その原因を検証することです。

 

そこには、必ず、

何らかの原因があるからです。

 

そして、すべての事象は

偶然ではなく、必然なのだと捉え、

「良い運」「悪い運」を整理し、

「良い運」だけを掴めるように

努力していくのです。

 

「一事が万事」と言われる通り、

一つの出来事をきちんと分析し、

体系化していけば、他のあらゆることが

より良い方向に生まれ変わっていくでしょう。

 

自ら「運」をより良くしていけるように、

目の前の出来事をしっかりと

見つめていきたいですね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料