■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「裏切りの二乗からの出戻り」と「井の中の蛙」

2017年07月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

「パナソニック」のサプライズ人事から3ヶ月が過ぎ、

樋口泰行氏ご本人が、「裏切りの二乗からの出戻り」

であることを告白しています。

 

実は、樋口氏は、25年前にパナソニックの社費で

ハーバード大学に留学してMBAを取得し、

その半年後に、転職してしまったのです。

 

確かに、ただの転職でも

「裏切り」と揶揄される日本文化の中、

会社のお金で留学してからの転職という過去は、

「裏切りの二乗」という表現が適切なのかもしれません。

 

それを認めた上で、私は、

このような「裏切りの二乗」を自認する方を

役員として出戻りさせるパナソニックの度量の大きさを、

改めて、評価したいと考えています。

 

パナソニックを退社しながらも、

役員クラスで会社に戻るという人事は、

100年の歴史で、「初めて」のことのようです。

 

このことからも、パナソニックが、

「本気で変わろう」としていることが

垣間見えますよね。

 

一方で、私の古巣である電通にも、

今春に社長交代劇がありましたが、

現在の経営メンバーは、ほとんどが、

「同じ釜の飯」の方々です。

 

そして、

このような「井の中の蛙」のままでは、

変革を起こせるはずもなく、

電通の株価は、続落しています。

 

私も、5月に、所有していた

電通株の大半を売却しました。

 

あの時から、

下がり続けてしまっている電通株を見ると、

いかに、電通が市場から見放されているかがわかります。

 

なお、同時期からパナソニックは順調に株価を上げ、

日経平均も、2万円を突破しているのは周知の通りです。

 

ただ、私もまだ、電通株の一部を保有しています。

 

私を育ててくれた会社ですから、

何らかの形で、応援し続けたいと思っています。

 

その一環として、

自分のメディアだけではなく、

テレビ、新聞、雑誌、書籍などで、

 

「電通は、その文化を根底から変えるべきだ」

 

と訴え続けてきました。

 

電通に残る「超縦社会」と「男尊女卑」という文化、

これらが、諸悪の根源です。

 

このまま、時代の変化に合わせて

変える努力をしなければ、

確実に沈んでいってしまいます。

 

社訓「鬼十則」を捨てるだけでは、

何も変わらないのです。

 

新たなビジョンを創り、

新たな文化の土壌を創り直す必要があるのです。

 

その上に、新たな働き方が生まれていきます。

 

私の元同僚から、電通も少しずつ、

変化しているとは聞いていますが、

電通には、それを社会に知らせる義務があります。

 

私は、電通でパナソニックを

長く担当させていただいたことに、

心から感謝しています。

 

そして、変化していくパナソニックと、

変化が見えない電通の二極化を、

とても悲しく感じています。

 

日本社会全体のためにも、

電通の本気の改革を、そろそろ、

見せて欲しいと願っています。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

学んだ人間が勝ち、学んだ国が勝つ。

2016年07月04日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

family0704

 

アメリカから無事に帰国して、

子供達と熱い抱擁を交わしています^^

 

2人とも、離れていた1週間で

一段と成長していて、

子供にとっての1週間の重み、

その時間の貴重さを感じました。

 

特に、息子は、

 

「パパ、道路に寝たりしちゃ、ダメなんだよ!

 何かあったらどうするの?危ないじゃない!!」

 

と、私がルート66で寝そべった写真を指して、

私を初めて、お説教してきました。笑

 

本当は、離れている間、寂しくて寂しくて、

泣き続けていたとママから聞いているけど w

そんな強がりも、成長の証だと嬉しく思います。

 

さて、今回のアメリカ視察、

現地から記事でお届けしてきた通り、

本当に有意義な旅でした。

 

その中で、とても残念に思ったのは、

ロスも、ベガスも、セドナも、

日本人がほとんどいなかったことです。

 

アメリカに、最先端、最高峰の情報があるのに、

その本土を訪れる日本人が激減していること、

これは、日本が低迷している要因の一つだと

言えるのではないでしょうか。

 

戦後の高度成長で「勝った」気になって、

鎖国状態のまま井の中の蛙になり、気が付いたら、

抜け出せない下降曲線に入っている。

 

それが、現在の日本だと感じます。

 

アメリカでは近年、改めて、

教育が重要視されています。

 

勝って兜の緒を締めて、学び続けること、

そして、若い世代を育てていくことを

一番に考えているのです。

 

例えば、就職ランキングを見ても、

2010年にはGoogle、Apple、Disneyなどを抑え、

教育系の非営利団体 (NPO)である

「Teach for America」がNo.1になっていますし、

その後も、TFAがTOP10に入り続けています。

 

全世代が、教えること、学ぶことに貪欲だからこそ、

いつまでも、アメリカが世界のトップであり続ける、

これが真実だと言えるでしょう。

 

ですから、私達は、

今一度、アメリカから学び直すべきです。

 

中途半端なプライドなどかなぐり捨てて、

追い付け、追い越せの気持ちで邁進し、

もう一度、「Japan as No.1」という評価を

取り戻しましょう。

 

学んだ人間が勝ち、学んだ国が勝つ。

 

これこそが、歴史が示すセオリーです。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料