■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


くら寿司が「年収1000万円」で新卒募集

2019年07月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

回転寿司チェーン大手の「くら寿司」が、

5月末に募集を開始した2020年春の新卒採用で、

「年収1000万円」の幹部候補生を募っています。

 

26歳以下

 

TOEIC800点以上

 

・簿記3級以上

 

という条件で、

最大で10名を採用するようです。

 

日本の人口は減少を続け、

国内だけの狭い視野で見た「外食産業」としては、

苦しい未来が想定されます。

 

ところが、昨日書かせていただいた通り、

日本食は現在、世界中に愛されています。

 

最近は、

 

「カツカレー・ラーメン・お好み焼き」

 

などに火が着いてきましたが、元来、

「寿司」こそが、日本食の「王道」です。

 

マーケットを海外に転じれば、

右肩上がりの未来を描けるはずなのです。

 

だからこその、人材への「投資」、

素晴らしいと思います。

 

特に、バイトテロ事件があった後に、

それでも「人」に投資をする姿勢に、

私は、田中邦彦社長の「愛」を感じます。

 

また、そのような企業の姿勢を

社会に示すという意味でも、

良い投資になっているでしょう。

 

ただ、私としては、

残念な(心配な)点が3点あります。

 

1つは、今回の採用が

「エグゼクティブ採用」であり、

既存の社員をマネジメントするような

立場になること。

 

これが、叩き上げで努力をしてきた社員の

士気を下げてしまう可能性があると感じます。

 

次に、応募してきているのが、

東大・慶應・早稲田の学生ばかりだということ。

 

そして、これに関する東洋経済の取材に対して、

田中社長が、

 

「多くの優秀な人から応募があった」

 

と、前向きに受け止められていること。

 

これも、学歴偏重の時代錯誤を感じました。

 

TOEIC800点以上」や「簿記3級以上」は、

経営的な観点を持って海外に攻めていく人材としての

基準として想定されるのでしょう。

 

しかしながら、サービス業には、

もっと別の力(広く言えば人間力)が

重要だと感じるので、少し違和感を覚えました。

 

最後に、

 

「卒業後に1年以上ブランクがある者は対象外」

 

となっていること。

 

人と直接対峙する仕事に関しては、

人とは違った人生経験が重要だと思います。

 

「大学を卒業して、2年、放浪の旅をしていた」

 

こんな人こそ、

私は採用したいと思うので、

わざわざ、「ブランク」がある人を

排除しなくても良いのでは?

と感じました。

 

ただ、人事とは、本当に難しいものです。

 

私も、大企業で部下を育成したり、

ベンチャーの役員として全社の人事を考える中で、

誰かを高く評価することが、

その他の方の評価を相対的に下げることになるという

難しさを感じることが多くありました。

 

現在、コミュニティを運営する中でも、

同じような悩みを抱えることがあります。

 

くら寿司が、大きな一歩を踏み出したことは大歓迎。

 

その上で、これから起こるであろう問題に、

適切に対応して、その他の外食産業でも、

人に投資ができる企業が増えていくことを

願っています。

 

追伸;

 

本日の写真は、釧路の「なごやか亭」!

 

 

「くら寿司」も、もちろん美味しいですが、

本場のいくら!ウニ!、最高でした^^

 

これだけ人を幸せにする「お寿司」に

関わる皆様の収入が、日本食の発展とともに、

どんどん上がっていくと良いですね!

 

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

DMM松栄社長「大きな敵と戦う小さな会社の知恵」

2019年06月20日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

DMM(現DG)ホールディングスの社長、

松栄立也さんの講演を拝聴致しました。

 

 

石川県の小さなアダルトビデオ店から

事業をスタートさせたDMMが、

時代の変化に合わせて、業務領域を大幅に拡大し、

30年間、ずっと増収増益を繰り返してきた軌跡を、

たっぷりお聞かせいただきました。

 

松栄さんがDMMに入られたのは、1998年。

 

それから20年以上、

会長である亀山敬司さんと一緒に、

苦楽を共にされてきたのです。

 

その中で培われた、

 

「大きな敵と戦う 小さな会社の知恵」

 

として、

8つの教訓を教えてくださいました。

 

1.生き残るためなら土下座もする

 

2.常に先手を打つ

 

3.生き残るためなら主人も乗り換える

 

4.生き残るためならTTP(徹底的にパクる)

 

5.小さい時はハッタリかます!

 

6.目先のことしか考えないものは奴隷にされる

 

7.人事を尽くして天命を待つ

 

8.恥知らずに節操なく行動する

 

それぞれ、具体的なエピソードと共に

お話ししてくださったのですが、

競合他社との関係や機密情報を含むので、

私の記事では公開することができず、残念です。

 

ただ、これから事業拡大を目指す私にとって、

この8つの重大な意義を持つ教えを

今のタイミングで深く学べたことは、

大変価値のあることだと捉えています。

 

松栄さんは最後に、この言葉で、

私達を鼓舞してくださいました。

 

「エロからエコ、

 AVからAIまで。

 

 とにかく動いた。

 そして、未だに動き続けている。

 

 行動しろ!

 世界を変えるのは、行動だけだ!」

 

日本最大のユニコーンと言っても過言ではない

DMMを率いる松栄さんから、

直接学ぶことができた機会は、大変貴重です。

 

また、今回は、経営者限定の講演会ということで、

講演後の懇親会では、素敵な経営者様とのご縁が

たくさんありました。

 

 

 

お誘いくださった大野智恵子さんに、

心から、感謝を申し上げます。

 

追伸;

 

顔出しNGだと思っていた松栄社長は、

「写真OK!」とのことで、

講演会に参加された皆様と、

集合写真を撮ってくださいました!

 

 

日本を動かす大社長との写真、光栄です^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

「裏切りの二乗からの出戻り」と「井の中の蛙」

2017年07月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

「パナソニック」のサプライズ人事から3ヶ月が過ぎ、

樋口泰行氏ご本人が、「裏切りの二乗からの出戻り」

であることを告白しています。

 

実は、樋口氏は、25年前にパナソニックの社費で

ハーバード大学に留学してMBAを取得し、

その半年後に、転職してしまったのです。

 

確かに、ただの転職でも

「裏切り」と揶揄される日本文化の中、

会社のお金で留学してからの転職という過去は、

「裏切りの二乗」という表現が適切なのかもしれません。

 

それを認めた上で、私は、

このような「裏切りの二乗」を自認する方を

役員として出戻りさせるパナソニックの度量の大きさを、

改めて、評価したいと考えています。

 

パナソニックを退社しながらも、

役員クラスで会社に戻るという人事は、

100年の歴史で、「初めて」のことのようです。

 

このことからも、パナソニックが、

「本気で変わろう」としていることが

垣間見えますよね。

 

一方で、私の古巣である電通にも、

今春に社長交代劇がありましたが、

現在の経営メンバーは、ほとんどが、

「同じ釜の飯」の方々です。

 

そして、

このような「井の中の蛙」のままでは、

変革を起こせるはずもなく、

電通の株価は、続落しています。

 

私も、5月に、所有していた

電通株の大半を売却しました。

 

あの時から、

下がり続けてしまっている電通株を見ると、

いかに、電通が市場から見放されているかがわかります。

 

なお、同時期からパナソニックは順調に株価を上げ、

日経平均も、2万円を突破しているのは周知の通りです。

 

ただ、私もまだ、電通株の一部を保有しています。

 

私を育ててくれた会社ですから、

何らかの形で、応援し続けたいと思っています。

 

その一環として、

自分のメディアだけではなく、

テレビ、新聞、雑誌、書籍などで、

 

「電通は、その文化を根底から変えるべきだ」

 

と訴え続けてきました。

 

電通に残る「超縦社会」と「男尊女卑」という文化、

これらが、諸悪の根源です。

 

このまま、時代の変化に合わせて

変える努力をしなければ、

確実に沈んでいってしまいます。

 

社訓「鬼十則」を捨てるだけでは、

何も変わらないのです。

 

新たなビジョンを創り、

新たな文化の土壌を創り直す必要があるのです。

 

その上に、新たな働き方が生まれていきます。

 

私の元同僚から、電通も少しずつ、

変化しているとは聞いていますが、

電通には、それを社会に知らせる義務があります。

 

私は、電通でパナソニックを

長く担当させていただいたことに、

心から感謝しています。

 

そして、変化していくパナソニックと、

変化が見えない電通の二極化を、

とても悲しく感じています。

 

日本社会全体のためにも、

電通の本気の改革を、そろそろ、

見せて欲しいと願っています。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料