■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「フィンテック」等新事業育成へ、規制凍結

2017年05月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

日本政府が発表する施策として、久しぶりに、

とても前向きなニュースがありました。

 

「規制改革」のスピードを上げるために、

金融とITを融合した「フィンテック」や、

共有型経済である「シェアリングエコノミー」など、

急拡大する先進的な市場に対して、

関連法則を一時凍結し、規制に風穴を開け、

企業の新事業育成を促していくのです。

 

凍結が想定される規制は、

 

・金融業務にベンチャー企業が参入しにくい「銀行法」

 

・個人の旅行プランに対価を得られない「旅行業法」

 

・電柱にカメラやセンサーを設置できない「電波法」

 

などです。

 

これらにビジネスチャンスを感じながらも、

日本の規制で参入できなかった個人や企業に、

素晴らしいチャンスが舞い込みます。

 

「日本版レギュラトリー・サンドボックス」

 

という名称で、未来投資会議で提言され、

政府が6月にまとめる成長戦略の柱に据える

とのことです。

 

今秋から制度設計を始めて、

早ければ来年度中にも

トライアル期間の開始を見込むということなので、

これは期待したいですね。

 

また、このトライアル期間が終了した後も、

実証が成功して、課題が整理できれば、

「規制自体を無くす」ことも有り得るとのことです。

 

私は、中途半端な「支援」よりも、

「規制緩和」の方が圧倒的に革命につながると

感じていますから、この動きに着目し、私自身も、

ビジネスチャンスを探したいと考えています。

 

さて、「サンドボックス」とは、

安全が約束された「砂場」で子供が遊ぶように、

何かに守られた特別な環境の中で、

新規事業にチャレンジしていくことを指します。

 

元々は、インターネット上で

セキュリティーチェックのために、

ソフトウェアの動作などを制限する環境を指し、

それが広義に解釈されるようになりました。

 

私自身、子供たちを砂場で遊ばせたり、

その他の公園の守られた環境の中で遊ばせる中、

「遊び」が「創意工夫」につながることを

日々、感じています。

 

 

そして本来、ビジネスもそうであるはずで、

誰かに与えられた義務をこなすのではなく、

自分の才能を最大限に発揮する遊びの延長に、

新しいイノベーションがあり、それが、

誰かの幸せにつながっていくはずです。

 

ですから、私はこれからも、

子供たちを安全な場所で遊ばせながら、

私自身も、日本政府の新たなチャレンジの中で遊び、

社会を変革できる何らかの新しいものを

生み出していきたいと願っています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「自由」と「お金」を生み出す習慣

2017年01月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

年が明けて、1週間です。

 

私自身は、新たに取り組み始めたビジネスで

早速大きな収入を追加することができた上で、

日給10万円を超える方をはじめ、多くの方に

新たな収入源を授けることができました。

 

お正月で、私と妻、両家の親族と

ゆったりした時間を確保した上で、

ビジネスを発展させることができています。

 

もし、あなたが、漠然と毎日を過ごしていて、

今年、人生が好転する気配がないと感じるなら、

それは成果を生まない悪習慣を続けているのが

原因だと思います。

 

「お金」を増やしたり、「自由」を得たいならば、

「収入」「資産」「時間」のいずれか、

あるいはすべてを、リスクにさらす必要があります。

 

たとえば、「収入」をリスクにさらし、

「転職」や「起業」をします。

 

一時的な収入源があったとしても、

行動する前に予定された生涯年収の

何倍もの収入を手にする可能性があります。

 

あるいは、「資産」をリスクにさらし、

何かに投資をしていきます。

 

中には、失われてしまうものもありますが、

リスクコントロールのスキルを上げ続け、

確度の高いものを選ぶことにより、

資産を拡大していくことが可能です。

 

そして、「時間」をリスクにさらし、

本来過ごしたい時間を他のことに投じます。

 

一時的に睡眠時間を削ったり、

家族や恋人との時間、趣味の時間を我慢して、

自己成長やビジネスの発展に使うことで、

結果的に「自由」を得ることが可能になります。

 

このように、「お金」も「時間」も、

今の人生をより良くするために投資をしていく、

という意識を持ち、そのための習慣を身に付けることが

とても大切になります。

 

様々な方とコミュニケーションをとると、

 

・愚痴だらけの飲み会に参加している

 

・無駄な会議を延々と続けている

 

・新年特番をダラダラ見続けている

 

・価値のないものにお金を投じている

 

・お金を払っただけで満足している

 

こういう「悪習慣」を持っている方はとても多いです。

 

これらを断ち、

「お金」と「時間」の投資効果を上げていくことで、

「自由」と「お金」が生み出されていきます。

 

お正月明けから、3連休に入り、

気が抜けている方が多いと思いますので、

気を引き締めていきましょうね。

 

私自身の自戒のためにも、書かせていただきました。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「働き方改革」が「少子化対策」の根幹

2016年09月29日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

family20160929

 

3人以上の子供を望む女性は全体の34%ですが、

実際に3人の子供に恵まれているのは、

全体の5%に留まっているそうです。

 

これは、政府の「働き方改革実現会議」における

2040代の女性1000人へのアンケート結果で、

調査チームは、これだけ低水準になっている主因を、

 

「第一子の子育てで夫のサポートがほとんど無いこと」

 

だと結論付けています。

 

第一子の子育てを手伝う時間が0時間、

つまり、妻だけが子育てを担う家庭の場合、

第二子が産まれる確率は、なんと1割です。

 

男性の働き方改革こそが、

少子化対策の根幹だという現実が

垣間見えたということですね。

 

政府はこれらを受け、労働基準法の36条における

残業の労使協定(36協定)の見直しを進めていますが、

私は、この事実がさらに、社員のストレスを

増大させてしまうことになると危惧しています。

 

私の周囲の会社員に聞く限り、

36協定で締結した限度時間自体が、

 

「残業をつけて良い制限時間」

 

になっている会社がほとんどです。

 

実際はそれ以上に残業しているのに、

決められた時間以上は「サービス残業」として

泣き寝入りしている、ということです。

 

つまり、36協定の制限時間を引き下げても、

実際に残業が減ることは無く、収入だけが減る、

という未来しか見えないのです。

 

労働の現場に必要なのは、もっと抜本的な改革です。

 

生産性を高める施策をどんどん打ち出し、

「時間給」では無く、「成果」で

報酬を定めていかなければいけません。

 

そもそも、「時間給」でしか測れない仕事は

近い未来にロボットに奪われてしまいます。

 

先の先を見据えた改革を進めなければ、

少子化対策につながるような

働き方改革はできませんね。

 

私は、だからこそ、国にも会社にも依存せず、

自分自身で働き方を改革しました。

 

そして、その叡智を社会に拡げることで、

日本の幸福度を少しでも上げたいと願っています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

【少数】だから、【精鋭】になる

2015年02月16日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0216

 

優秀な人間が数名集まることを

「少数精鋭」と言いますが、

私は、【少数】だから【精鋭】になると

捉えています。

 

例えば、私がベンチャー企業にいた時、

創業当初の社員が少ない時には、

全員が、100%以上の力を発揮しました。

 

仕事量に対して、

人員が少なくてしょうがないので、

そこにいたメンバーが必然的に能力を開拓し、

どんどん優秀になっていくのです。

 

しかし、一気に人数を拡大していくと、

個々人の成長は明らかに、鈍化しました。

 

余計なトラブルも増えてしまい、

社内の空気も悪くなっていきました。

 

また、大企業にいた時は、

「会議の人数削減」を実行しました。

 

大企業になればなるほど、

「責任の分散」をしようと、

多くのメンバーを巻き込みたがります。

 

しかし、

それでは個々人の主体性が無くなり、

プロジェクトの質が悪化します。

 

自分と同じ担当をする人が

同じ会議に参加するのであれば、

気が抜けてしまって居眠りをしたり、

堂々と遅刻をするような人が増えるのです。

 

だからこそ、参加する人数を減らしました。

 

そうすると、

それぞれの役割を持った人間が

自分の能力を最大限に発揮しようとします。

 

まさに、「少数」だからこそ、

「精鋭」になるということです。

 

人数だけではなく、

時間に対しても、同様の意識が大切です。

 

終了時間を決めない会議などは、

ダラダラとして内容が散漫になります。

 

ところが、

「1時間で結論を出す」と決めると、

参加する全員が全力で集中することで

最良の仕事ができるのです。

 

仕事は、条件や制限を設けることで

関わる人員も、内容も、磨かれていきます。

 

私は起業してから、

あらゆることに制限を設けて、

その度に自分を成長させています。

 

そして、人にお教えする時も、

出来るだけ少人数にしています。

 

それは、もちろん、

【精鋭】を生み出すためです。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

 

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

 

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

「共同脳空間」を生み出すコミュニティ

2014年07月03日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

papa_cafe0702

 

電通の会議の7割は、「雑談」です。

 

最近買ったもの、出会った人、

笑ったこと、悲しかったこと、

政治経済、恋愛などから、

集まったメンバーの話が連鎖します。

 

そうして、

次の話題、次の話題と繋げていき、

個人脳を超えた気付きを

発想させていくのです。

 

気付いたら3時間話していた、

というような雑談から、

大きなキャンペーンが

生まれることも多くあります。

 

「3人寄れば文殊の知恵」

と言われますよね。

 

ジャズのジャムセッションのように、

誰かが刻んだリズムと

誰かが奏でたメロディが

相互に影響し合い、

1人だけでは創れない

新たな世界を生み出していきます。

 

個人脳と個人脳を接合し、

触発し合って思考空間を広げることで、

個人を超えた「第三の発想」が

生まれていくのですね。

 

私は現在、

いくつかのコミュニティに

所属しています。

 

私がリーダーのものが多いですが、

メンバーとして参加させて

頂いているものも多くあります。

 

そのような中で意識しているのは、

「共同脳空間」を創り上げることです。

 

電通時代に、

雑談から大きな仕事を生み出したように、

多くの方と思考を交わらせることで、

共同で気付き合う場にしたいと

願っているのです。

 

大きな成果を出される方は、

そのような場でのコミュニケーションが

とても上手ですね。

 

人は真剣に考える程、

かえって視野が狭くなったり、

独りよがりになってしまうものです。

 

師弟であれ、

夫婦であれ、

親子であれ、

上司と部下であれ、

その関係は一方的ではありません。

 

絶えず、

「気付き合い」の共同体であると

意識したいですね。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料