■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


オバマ元大統領夫人の「体外受精」公表

2018年12月05日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

1978年に初の体外受精による赤ちゃんが生まれ、

これまでに、全世界で800万人以上が、

医療の力によって誕生しています。

 

このように、もう「40年」も、

歴史がある「不妊」への治療ですが、

それでも、社会の中では「タブー」のように

扱われています。

 

そのような社会にメスを入れようと、

オバマ元大統領夫人は、

2人のお嬢様を「体外受精」で授かったことや、

流産を体験していることを公表しました。

 

この勇気ある告白に対して、

同じように妊娠・出産に苦しんだ経験を持つ

多くの女性達から、感謝と共感のコメントが

続々と寄せられています。

 

世界で不妊に悩むカップルは、6組に1組。

 

日本でも、女性の3人に1人、

男性の4人に1人が、不妊に悩んでいるそうです。

 

私自身も、結婚してから4年、子どもを授からず、

医師から「男性不妊」と告げられた時は、

人生に絶望しました。

 

ですから、現在、

不妊で悩んでいらっしゃる方のお気持ちが、

とても良く分かります。

 

私の場合は、大企業の社員を辞めて、

過労・ストレスから脱した直後に、

自然妊娠で、息子を授かることができました。

 

私が心身ともに健康を取り戻したことで、

人間本来の力が与えられたのだと捉えています。

 

しかし、もし、あの時に奇跡が起こらず、

そのまま子どもを授かることができなければ、

医療の力を借りることも視野に入れていました。

 

社会の中では賛否両論あったとしても、

やはり、妻と私の命を継ぐ、

新たな命を育てたかったからです。

 

もちろん、医療に委ねても、

簡単に授かるものではないと知っていました。

 

また、妻には大きな負担が掛かってしまうことも、

とても心配していました。

 

ただ、実際の治療内容や費用のことなど、

あまりにも情報が近くに無くて、

不安で一杯だったことを思い出します。

 

社会全体の中で、もっと正しい知識が広がり、

早期に、夫婦が一歩前に進むことができる社会に

していきたいですね。

 

今回の情報は、

 

「新しい命を宿す為の努力を、

 皆が応援する社会へ。」

 

という未来に向かうプロジェクト

 

YELLOW SPHERE PROJECT

 

を進める、

メルセローノ株式会社の記事で知りました。

 

日本の中でも、このような素晴らしい活動が

現在進行形で行われていることを、

嬉しく思います。

 

私も、新たな命を「応援する」1人として、

自分にできることを探していきたいと思います。

 

追伸;

 

お肉は「牛」が大好きだった息子が、

最近、「鳥」派になっています!

 

 

 

美味しいものを、親子で食べられる喜び!

 

心から、感謝しております^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

赤ちゃんの19人に1人が、体外受精で誕生

2017年09月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

2015年、国内で行われた体外受精によって、

過去最大の51001人の赤ちゃんが誕生したことが

日本産科婦人科学会から発表されました。

 

100万人の出生数に対して、

19人に1人という割合であり、その8割が、

受精卵を冷凍保存して、

時機を見計らって母親の子宮に戻し、

妊娠させる方法だということです。

 

また、国内の体外受精児は、1983年に

東北大で生まれたのが初めてで、

累計482627人になったそうですね。

 

体外受精で子を授かることに関しては、

批判的なご見解を持つ方もいらっしゃいますが、

私は、偏見を持つべきでは無いと考えています。

 

なぜなら、私自身が、4年間の不妊に悩み、

医師からは人工授精か体外受精でしか、

子どもを授かることができないと

言われた過去があるからです。

 

私達の不妊の原因は、私自身の身体にあり、

その主因は「ストレス」だということでした。

 

そこで、妻には、

 

「自分の人生を考えても、

 2人の結婚生活を考えても、

 このまま大企業にいることはできない。

 

 退社して、起業に挑戦させて欲しい。

 

 そして、心身ともに回復させるから、

 子どもはもう少しだけ、時間が欲しい。」

 

と話しました。

 

最長1年、心身の健康を取り戻す努力をして、

もし、それでも授かる力を取り戻せなかったら、

医療の力を借りたいと考えていたのです。

 

そして、身体を温め、食事に気を付け、

ストレスを排除する生活を心掛けるなどして

自分なりに心身を整えたところ、

大変有難いことに、翌々月には息子を授かり、

娘も、自然で授かりました。

 

これは、本当に奇跡的なことであり、

妊娠・出産に適した時期を

逃すリスクもありましたから、

万人にお勧めできるものではありません。

ですから、当時の私達と同じように、

 

できるだけ早く子どもを授かりたいと願う方達には、

医療の力を借りることも、早期に、

視野に入れるべきだと考えています。

 

そこでの問題は、高額である費用です。

 

助成金が不足していて、

私の知人の中には、なかなか上手くいかずに、

数百万円を失った上で、諦めてしまった方も

現実としていらっしゃいます。

 

少子高齢化を解決する1つの策としても、

まだまだ不足する国の赴任への助成が拡大することと、

医療の進展により、治療の女性の心身への負担が

少しでも軽減されることを願っています。

 

追伸;

 

本日の写真は、息子が娘に

絵本を読んであげている様子です。

 

社会の現実を知ることで、

こうして息子と娘、2人が誕生し、

成長していくことの奇跡に、

改めて、感謝しております。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b