■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「ビットコイン」100万円割れは通過点

2018年02月02日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

チャートに暴落信号が点灯していた通り、

ビットコインは素直に下げ続け、いよいよ、

100万円を割りました。

 

「今が絶好の買い場だ!」

 

という声は、

さすがにもう少なくなったかと思いますが、

 

「まだ利益があるから、持ち続けよう」

 

という方は、たくさんいらっしゃると思います。

 

ただ、今回の下げは、

そういう方も手放さなければいけなくなるくらい、

暴落していく可能性が高いです。

 

1年前、1ビットが10万円だったのですから、

その頃の価値まで下げるのは、十分に射程範囲です。

 

つまり、ビットコインは今からさらに10分の1

その他のアルトコインの中には、現在の価値から

100分の1になるものもあるかもしれません。

 

私自身は、暗号通貨が創る未来に期待しています。

 

しかしながら、未来を明るくするのは、

現在登場しているコインでは無いかもしれませんね。

 

これから、国が主導する暗号通貨が出てきて、

ビットコインを含めた現在のコイン達を

駆逐するようなこともあるでしょう。

 

ブロックチェーン技術が

社会を変えることはきっと間違いありませんが、

その劇場の登場人物は、総入れ替えになることも

視野に入れておいた方が良さそうです。

 

もちろん、

ビットコイン、イーサリアム、リップルなど、

現在の主役級のコイン達が、

生き残って活躍し続ける可能性もあります。

 

1ビット10万円までいかずに下げ止まり、

もう1度上げていくシナリオ、あるいは、

1ビット10万円以下にまで下げ続けた後、

反転して急騰していくシナリオもあるということです。

 

ただ、今日現在のチャートの形は、

まさにチューリップバブルを見ているようで、

 

「歴史は繰り返す」

 

ことが証明されるドラマを、

この時代に生きる私達は

生放送で勉強できていると感じます。

 

つまり、

 

「ここまで下がるか、、、」

 

と思う程に下げていく展開を見て、

「人間が学ばないこと」を学ぶということです。

 

過去の歴史が教えてくれている通り、

投資を勉強しない人が買った瞬間が最高値で、

痛い勉強代として、ババを引くことになるのですね。

 

追伸;

 

息子への「愛のバブル」は、今も継続!

 

 

 

まだまだ高騰中です!!

どれだけ嫌がられても、キスしてしまいます^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

信号と夕焼け、「赤」の秘密

2014年06月29日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0629

 

赤信号の「止まれ!」は世界標準ですが、

どうして「赤」なのか、

疑問に思ったことはありませんか?

 

私は高校生の時に物理にはまり、

日常の疑問で物理の先生を

質問攻めにしていました。

 

そして今、息子に、

 

「赤信号の時は

 止まらなきゃいけないんだよ!」

 

と教えながら、

あの先生の教えを

懐かしく思い出しています。

 

例えば、スペインでは

闘牛士が真っ赤な布を持って

突進してくる牛と決死の闘いをします。

 

ですから、信号においても、

赤が「進め!」だとしても

おかしくないですよね。

 

それでも、信号の赤は

「止まれ」なのです。

 

この理由は、

意外なところにあります。

 

晴れた日の青い空が、

夕方になると

真っ赤な夕焼けになるのと、

共通の物理的な理由です。

 

太陽光は、

赤、橙、黄、緑、・・・紫

という可視光線で出来ています。

 

この可視光線は電磁波の一種で、

波長を持っています。

 

その波長の長さは、

赤から紫まで順番に、

短くなるのです。

 

夕方になると、

太陽光が長い距離の大気層を

通過することになりますね。

 

そうすると、

短い波長の可視光線は届かず、

最も長い赤だけが届くので、

夕焼けは赤くなるのです。

 

信号においても、

雨や雪や埃などの粒子に邪魔されず、

最も遠くに届く色が、

「止まれ」である必要がありますね。

 

だからこそ、

「止まれ」が「赤」なのです。

 

身の回りには、

よく考えると「不思議なこと」って

たくさんあります。

 

大人になると疑問を持つことを

忘れがちですが、

好奇心を持って考えることにこそ、

成長があります。

 

「なぜだろう?」

 

という気持ちを大切にして、

脳を鍛えていきたいですね。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料