■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


自分の心の中の「痛み」に向き合う

2016年05月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_aoi0527

 

昨夜、明け方4時まで娘が寝付かず、

疲労が溜まっていた妻の代わりに

私が抱っこしたり、ミルクをあげて、

ずっと付き添っていました。

 

妻の負担を少しでも減らしたいと願い、

出来る限りの事をしているつもりですが、

それでもやはり、母の力には敵わないと感じます。

 

突然泣き始めた時も、お腹が空いているのか、

熱いのか、寒いのか、オムツを替えて欲しいのか、

一瞬で見極めて対応している妻の姿は、

本当に凄いと思います。

 

また、私が抱き上げるより、妻が抱いた方が

圧倒的に早く泣き止む様子を見ていても、きっと、

優しさのエネルギーが違うのだと感じています。

 

母の愛の力が、娘の全身に浸透して、

あっという間に娘が安らぎ、

安堵の表情を浮かべる様子は、

それができない私にとって「魔法」のようです。

 

そのような姿を見ながら、

私達も本当は、このような力を持っていて、

自分の心の中の痛みを

癒すことができるのではないかと感じました。

 

母親が幼い子にそうするように、

自分の心の中にあるネガティブなエネルギーを

自分自身の力で癒すことができるはずなのです。

 

その力を封じられていたり、

その力自体に気付いていないがために、

心の病を持つ方が増えているのだと思います。

 

私達の意識は生き物であり、有機的です。

 

有機栽培を知り尽くした庭師が、

生ゴミを堆肥に変えて、

そこから花や野菜を生み出していくように、

どんな痛みや苦しみからも、

慈悲の心を育てることができるのですね。

 

飢えを知らない人は、

毎日食べられる喜びを理解できないですし、

苦しんだことが無い人は、

幸せを知ることもできません。

 

私達は、母親の偉大な力に学びながら、

その力を、他人のためだけではなく、

自分のためにこそ使うべきではないでしょうか。

 

娘の育児において、

改めて母親の力の素晴らしさを感じながら、

その能力を少しでも、

自分の中に培っていきたいと願っています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

与えることも愛、受け取ることも愛

2016年05月21日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

d_tsubasa0521

 

人に何かをしてあげること、与えることが

大切なのと同じくらい、誰かからの好意を

受け取ることも大切だと思います。

 

差し伸べられた優しさを、

申し訳ないと思うのではなく、

しっかり受け取って感謝することが、

相手を尊重することにも繋がるのです。

 

ビジネスの現場においても、

上手に受け取り、笑顔でお礼をする方は、

素敵な関係を築いていきます。

 

感謝して受け取ることが、

与えた人にとっての喜びにもなり、

心を満たすことになるからですね。

 

そうして良好な関係を構築すると、

次から次に、新しい仕事が舞い込みます。

 

絆も強くなり、その絆で成し遂げる仕事も

どんどん大きくなっていくのです。

 

日本社会は遠慮の文化ですから、

 

「申し訳ありませんが、結構です。」

 

などと言って、

愛を受け取らない様子も散見します。

 

しかし、これは大きな損失だと感じます。

良かれと思って与えてくれた人を

落胆させてしまうことになり、

人間関係がそれ以上に発展しなくなるからです。

 

ちゃんと受け取ることによって、

本当の意味で、相手を満たすことができ、

同時に、自分自身も、「与える人」に

なることができるのだと捉えたいですね。

 

娘ができてから、

私の母が、これまで以上に

子育てのサポートをしてくれています。

 

この愛をしっかり受け取り、

感謝の気持ちで恩返しをすることで、

さらに、大きな愛で支えてくれます。

 

このような関係を見ながら、

仕事でもプライベートでも、

与えることも愛、受け取ることも愛だと

強く意識したいと考えています。

 

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

アンパンマンから指を無くした「優しさ」

2016年01月21日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa0121

 

息子が「アンパンマン」に夢中なので、

私も一緒に、やなせたかしさんの伝記や

自叙伝を読んでいます。

 

これだけ子供達に愛されるキャラクターを

生み出した背景からも、人生で大切なことを

学びたいと考えているからです。

 

やなせさんは、50歳まで、

代表作に恵まれない売れない漫画家でした。

同期や後輩が続々とブレイクし、

漫画家として名を馳せていく中で、

完全に取り残されたように感じていたそうです。

 

それでも、

子供達に愛される漫画を世に出したいと

ずっと諦めずに、54歳の時に、

「アンパンマン」の絵本を描きます。

 

ただし、この「アンパンマン」の

人気に火がついたのは、

彼が60歳を超えてからです。

 

やなせさんが、もし、

その道中で諦めていたら、

現在の漫画界も、子供達の文化も、

大きく変わっていたでしょうね。

 

さて、彼の言葉の中で、

私が一番感銘を受けたのは、

アンパンマンの「指」に関してです。

 

最初の絵本の時は、

5本の指がしっかりと描かれています。

 

ところが、テレビ放送に伴い、

アンパンマンだけではなく、

その他のキャラクターも

ミトンのような手袋をして

指が描かれなくなっています。

 

その理由を、やなせさんは

こう語っています。

 

「5本の指を描くのは時間が掛かります。

 

 アニメ制作をされる方が

 少しでも早くお家に帰って、

 子供達と遊べる時間を持てるように…」

 

アンパンマンが

日本中の子供達に愛され続けるのは、

作者であるやなせさんご自身が

周囲の方々を愛したからこそなのですね。

 

このようなストーリーに対しては

「美談にしているだけ」「綺麗事だ」という

批判的な意見もありますが、私は、

ひとつの事象から素直に学ぶべきだと

考えています。

 

やなせさんの愛を受け止めて、

これからも親子で、アンパンマンを

愛していこうと思います^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

日本人の子供達は世界で最も美しい。

2014年11月30日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa1130

 

子供の「優しさ」や「生きる力」は、

二歳までに決まると言われます。

 

二歳までの時間の中で、

どれだけ多く、どれだけ長い時間、

お父さんやお母さんに抱っこされたか、

あるいは、おじいさんやおばあさんと

スキンシップを取ったかが、

その子の一生を決めるのです。

 

それなのに、

子供が一歳になる前に、

保育園に預けてしまい、

両親共働きをするような

家庭が増えていることは、

とても大きな問題です。

 

親は、仕事をもっとコントロールして、

子供との時間を創出するべきです。

 

国や会社に依存したままにせず、

自ら、環境を変えるべきなのです。

 

会社の中にいても、

負荷の少ない部署への異動や、

長期育児休暇の取得など、

手段はあるはずです。

 

一時的な収入源や

将来の出世への影響など、

小さいことを気にしていては、

本当に大切な時間を失ってしまいます。

 

また、会社の収入だけでなく、

自分の力で得る収入があれば、

精神的にも大きく違うでしょう。

 

親自身の為ではなく、子供の為にも、

新たな収入源を模索していくことが

とても大切な時代ですね。

 

明治維新の頃、

日本に来た外国人記者は、

 

「日本人の子供達は

 世界で最も美しい。」

 

と驚いたそうです。

 

大人を信じていて、

異国の人にも笑顔で接し、

瞳を輝かせていたからです。

 

当時の日本の家庭では、

両親だけではなく、

おじいさん、おばあさんも一緒に

子供達とのスキンシップを

取っていたからこそでしょうね。

 

社会が混乱、低迷し、

両親共働きが当たり前の現代、

私達はもっと真剣に、

「働き方」と「子育て」を

見直さなければいけないと考えています。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

優しさは延命の社会的能力

2014年08月01日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

tsubasa0801

 

イギリスに留学していた友人は

どんな時でも人に優しく接します。

 

そして、

 

「ありがとう!」

 

と言われると、

 

「My pleasure!」

 

と答えています。

 

このような行為を

「外人かぶれ」だと揶揄する人もいますが、

私は、とても素敵な心掛けだと

思っています。

 

彼から学ぶのは、

優しさは誰かのためではなく、

 

「My pleasure=自分の喜び」

 

の為であるということ。

 

これは、人間の本能だと思うのです。

 

首の長いキリンと

首が短いキリンは、

首の長いキリンが生き延びます。

 

より高いところにある葉を

食べることが出来るので

生存上有利だからです。

 

だからこそキリンは、

首の長い動物として

定着していきます。

 

生物学における

進化の「適者生存」

という原則ですね。

 

これと同様に、

人類においては、人に優しい人が、

助け合いのコミュニティを築き、

長生きしてきました。

 

食べ物を分け合ったり、

ケガや病気の人を支え合ったりして、

集団で生き延びたのです。

 

だからこそ、

「人に優しく」することが、

生き延びる為の社会的能力なのです。

 

企業も、

「人に優しい」企業が

生き残っています。

 

ディズニーなどを筆頭に、

人に優しくすればする程に

大きな利益を出していますよね。

 

このような企業は、

「お客様だけ」に優しく

しているのではありません。

 

社員の方、

 

業者の方、

 

関連会社の方、

 

社員の家族・・・

 

関わるすべての方に

優しくすることで、

より強くなっています。

 

ということで、

私は、優しくする対象の大きさが、

自分を受け入れてくれる

世界の大きさと捉え、

より多くの方に優しくしたいと

考えています。

 

そうして、

自分の世界を大きくすることが

自分の為にも、社会の為にもなると

確信しているのです。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料