■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


私が「強運の持ち主」になれた理由

2018年10月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

私は、運だけで生きて来たような人生で、

私ほどに「強運の持ち主」はいないと

考えています。

 

先日も、「低酸素」のメンバーで懇親会をして、

1ヶ月の会費無料」というプレゼントを

絶対に獲得できる!と考えていたのですが、

本当に、手に入れてしまいました。笑

 

 

ではなぜ、このような強運を手にしたのか、

その理由を考察してみたいと思います。

 

まず、私とは反対に、「運が悪い」方達のことを

考察してみましょう。

 

そのような方達の共通点としては、

 

「自分が不運であることを、

 誰かのせいにしている」

 

ということがあります。

 

都合の悪いことは人のせいにして、

他人を責める気持ちが強いのです。

 

こういう人は、残念ながら、

周囲の方から愛されなくなります。

 

その結果、良い運を運んでくださる方や、

助けてくださる方が、周りからいなくなってしまい、

本当に不運になってしまうのです。

 

その一方、

すべては自分の責任だと捉えている方は、

チャンスに対して積極的になれますし、

周囲の方から愛していただき、運を呼び込みますから、

結果的に、強運を掴む機会に恵まれます。

 

そのような経験を積み重ねて、

「運が良い」と自覚していると、

 

・前向きになることができる

 

・大きな勝負ができる

 

・素直になって、周囲から信頼を得られる

 

・人生を楽しんでいるから、周囲の人に好かれる

 

と、人生はどんどん好転していきます。

 

私は、現在や未来のことだけではなく、

過去のことも、前向きに捉え直しています。

 

・実の父に捨てられ、2番目の父に虐待を受けた

 

 似た経験をした妻と出会い、

   幸せな結婚をするための脚本だったんだ!

 

・真剣に受験勉強したのに、東大に落ちた

 

 これで、「慶應ボーイ」になれるぜ!

 

・電通でパワハラを受け、体調を崩し、

 退社を余儀なくされた

 

 「元電通マン」って肩書きができた!

  同じように会社員で苦しんでいる人を救える!

 

大きな苦しみこそが、強運のはじまり。

 

そう捉えられる方は、

強運の持ち主になれると考えています。

 

これからも、私の前に大きな壁が出てくるでしょうが、

それを乗り越えて、さらに強運になるのが楽しみです^^

 

追伸;

 

低酸素運動の無料体験!

続々とお申し込みいただいています!

 

オンラインだけの関係だった方と、

実際にお会いして、いきなり一緒に運動して(笑)

絆を強くすることができて、とても幸せです!

 

 

引き続き、私の強運のおすそ分けができるよう、

体験ご希望の方をお待ちしていますね!!

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

電車男・藤沢涼の誕生から、8年

2013年10月16日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

1016_1

代々木上原駅のホームで妻と出会い、
電車の中で声を掛けた日から、8年。

あの日、あの時、あの場所で
妻に出会っていなかったら、
今の私は存在しません。

妻の携帯を勝手に奪い、
赤外線通信で
連絡先を手に入れた自分を、
心から褒めてあげたいと思います。

もしあの時、
妻が大声で叫んでしまったら、
きっと前科一犯ですけどね・・・。

人生は、一つの出会いにより
大きく変わるものです。

当時、私は電通マンとして
完全に調子に乗っていました。

タレント、アナウンサー、CAなど、
華やかな女性達との合コンを繰り返し、
我が世の春を謳歌していました。

あのまま遊び呆けて
「本物の愛」を知らなければ、
今もバカな男だったでしょう。

私に、「愛」というものを
教えてくれたのが、妻なのです。

「慶応卒」

「電通勤務」

そんな肩書きだけを見て
近付いてくる女性が多い中で、
妻は、私の心を見てくれました。

電通を退社する時も、

「あなたの人生だから、
私はあなたの決めた道に
ついて行きます。」

と言ってくれた妻に、
心から感謝しています。

妻が私のチャレンジを
応援してくれたからこそ、
今の幸せな環境を掴む事が
出来たのです。

今私は、
24時間365日、
妻と息子と一緒にいます。

私が家庭教師をさせて頂いている
【Ryo’s Party】も、
すべて私の自宅で
やらせて頂いているので、
家族と離れる時間はありません。

このようなライフスタイルを、
日本中に広げたい。

それが、未婚化、晩婚化、
そして少子化が進む日本を
大きく変えると信じています。

日本人はもっと、
「家庭」を大切にするべきです。

このようなことを言うと、

「イクメンアピールがキモい」

というご指摘のように、
また、反感を買ってしまう
かもしれません。

結婚という制度自体を
疑問視するご意見が
あることも事実です。

ですから私は、
私の価値観を押し付けようとは
思っていません。

でも、私達家族の姿を見て、
少しでも、

「私もあんな家庭を築きたいな」

と思って下さる方がいらっしゃるなら、
私のような環境を手にして頂く為の
お手伝いがしたいと思います。

そして、その「幸せの連鎖」が
日本をより良くすると
考えているのです。

【Ryo’s Party】では、
私の妻の手料理を召し上がりながら、

「こんなに愛に溢れた食卓は初めてです」

とおっしゃって下さる方も
いらっしゃいます。

【Ryo’s Party】の講師は、
私1人ではありません。

私と、妻と、息子の3人が、
人生をより良くする道案内を
させて頂いています。

そして、私からの学びで
実際に人生を変えた方々も、
「先生」としてご支援頂いています。

【Ryo’s Party】に、
少しでもご興味を持って下さったなら、
こちらにエントリーの上で、
詳細をご確認下さい。
http://fujisawa-ryo.com/entry

 

私は、すでに『仲間』に
なって下さった方々と、
「ハワイにも【Ryo’s Party】の
拠点を作りましょう!」

「皆様の特性に合わせた
富の最大化のお手伝いをしましょう!」

「住まいを含めた
人生デザインをしましょう!」

「地方の活性化を促し、
日本を元気にしましょう!」

「和菓子という素晴らしい文化を
日本中、そして世界に発信しましょう!」

「美を追求し、輝かしい人生を
プロデュースしましょう!」

「自由な時間と富を手に入れた上で、
農業の素晴らしさをお届けしましょう!」

「スポーツ業界とネットビジネスの
懸け橋を担いましょう!」
などなど、
壮大な「夢」を一緒に描きながら、
楽しく、人生を変えるお手伝いを
させて頂いております。

本日から、
妻と歩む人生が
9年目に入ります。

これまで同様、
1日、1日を大切に、
笑顔溢れる人生を
築いていきたいと思います。

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 

元電通マンの告白21~TBSとの深い関係~

2013年10月02日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

1002_2

電通はテレビ局と蜜月関係にあります。

特に、TBSは設立当初から
電通が関与しており、
最も深い仲を築いています。

例えば、「水戸黄門」は
パナソニックと電通が番組を制作し、
TBSが放送しました。

放送局が著作権を持たないという
異例の番組です。

また、TBSの役員の子供が電通に、
あるいは、その逆もあるなど、
人材も共有し合っている状況です。

さて、そんなTBSは、
放送事業が赤字続きで、
赤坂に持つ不動産事業で
生き延びていると
揶揄されて来ました。

視聴率はどんどん下がり、

「振り返ればテレ東」

と言われ、
民放5局の中で
長らく4位に甘んじてきました。

しかし最近は、
少し調子を取り戻しています。

先日の「半沢直樹」の大ヒットも、
更にそれを後押しするでしょう。

ちなみに、
「半沢直樹」の監督・福澤克雄さんは、
福沢諭吉の玄孫で、

「GOOD LUCK!!」

「砂の器」

「華麗なる一族」

などを担当してきた
TBSの名物監督です。

ところで、
TBSの代わりに凋落しているのが、
フジテレビ。

ライブドア騒動の余波で
制作費を削らざるを得ないのが
主因と見られています。

メディアとしての力が
衰退しているテレビですが、
視聴率は二極化しています。

今後、テレビは
どなっていくのか?

各放送局の運命はいかに?

テレビに10年従事してきた私は、
その動向を複雑な思いで
見守っています。

 

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 

元電通マンの告白19~芸能界の礼節~

2013年08月20日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

0811_2

私が電通に興味を持った
理由の一つは、
私自身が歌手を夢見ていて、
芸能界で活躍することを
願っていたことです。

マスコミ全体に力を持ち、
芸能界も牛耳っている電通に所属し、
芸能界の表舞台ではなく、
裏側から一石を投じたいという
気持ちが強くありました。

ただ、電通に入社しても、
芸能界とほとんど関わることなく
定年を迎える社員も多くいます。

バックオフィスの
人事、経理、総務等は、
ずっと社内で事務作業ですからね。

そのような中で、
私は幸運なことに、若い頃から、
テレビ制作、雑誌制作、音楽制作、
CM制作など、あらゆる現場で、
芸能界と接し、たくさんの芸能人と
お会いしてきました。

そのような中で、
私が強く感じたのが、
芸能界独特の「礼節」です。

例えば、ドラマの制作現場では、
毎日、キャストの方がスタジオに
差し入れをしています。

それぞれの出身都道府県の名産品や、
都内有名店の高級お菓子、
手作りのクッキーなど、
皆さんがあらゆる差し入れをして、
現場を盛り上げています。

テレビ制作会社の社員は、
安月給で徹夜で頑張っているので、
主役の方が数十名を連れて
焼肉をご馳走したりする光景も
頻繁に見ました。

また、テレビスタジオ前では、
スタッフが揃って、キャストの皆さんを
お迎えするのですが、
その際、AD(制作現場のディレクター)の
「おはようございます。」という挨拶に、
大きな声で元気に
「いつもありがとう!今日も宜しくね!」
と応える大物芸能人の姿には
感銘を受けていました。

※芸能界は昼夜関係ないので、
何時でも「おはようございます」です。

新人のタレントは、
毎日、大物俳優の楽屋を訪ね、
深々と頭を下げて挨拶をします。

その際に、顔を見ずに「はい、宜しく」
と済ませる方と、わざわざ立ち上がって
「こちらこそ、宜しく。頑張ろうね!」
と握手をする方といましたね。

また、年賀状も、
スタッフ全員に送る方もいれば、
毎年送っても、返されない方もいます。

私は現在でも、
数名の大物芸能人と
年賀状を送り合っています。

このように、礼節を重んじる文化の中で、
差し入れ、挨拶、年賀状などを
積極的にやっていらっしゃる方と、
あまり、やられない方。

これが見事に、
今現在、生き残っている方と
見なくなってしまった方に分かれます。

どんな業界でも、
最終的には、周囲の人に
どれだけ礼を尽くせるか。

それで決まるのですね。

現在は、ネットで仕事が出来る
とても便利な時代ですが、
それでも、繋がっている方への
礼節を重んじることが、
本当に大切だと思います。

 

【無料】藤沢涼直伝講座

⇒ http://bit.ly/13MImVc

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 

元電通マンの告白18~キリン+サントリー~

2013年07月15日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

0715_2

 

電通に勤めていた頃、
社内が騒動になるような事件が、
3回ありました。

1つは911。

2001年9月11日。

新入社員としてテレビ局を
担当していた私は、
会社にある6つのテレビ
(NHK、日テレ、TBS、フジ、テレ朝、テレ東)
すべてが、ワールドトレードセンターに
突っ込む飛行機を映し出しているのを見て、
恐怖に包まれました。

そして、
その恐怖を断ち切ったのが、
先輩の怒声です。

「急いで各放送局に特番編成を確認しろ!
そして、CMスポンサーの担当営業に
至急連絡するんだ!」

先輩の指示に従い、
徹夜で各CMスポンサーへの
連絡文書を作成したことを
昨日のことのように思い出します。

もう一つは、2011年3月11日。
東日本大震災です。

各スポンサーの広告自粛期間を
各媒体ごとに集約し、
ACジャパン(旧公共広告機構)の
広告への差し替え等を
社内で連携し、対応しました。

そしてもう一つ、
広告会社らしいのが、
サントリーとキリンの統合事件です。

統合が協議されているとされた
2009年7月から、
破断する2010年2月まで、
社内はずっと、ピリピリしていました。

海外の広告会社では、
「一業種一社」が当然ですが、
日本では一業種の複数社を
1つの広告代理店が担当しています。

飲料業界トップ2の
「キリン」と「サントリー」は、
いずれも電通のトップクライアント。

その両社が統合するというニュースに、
電通社内は騒然となりました。

「サラリーマン企業」であるキリンと、
「オーナー経営」であるサントリーは
経営方針が全く違い、
広告での表現方法もまるで違います。

社内での両社の担当チームも、
文化が全く違ったのです。

広告のあり方が考え直され、
他業種にも広がると
思われた大企業同士の統合。

結果的に見送られ、
私はここに、「変われない日本」を
感じてしまいました。

ちなみに、我が家はサントリー派です。

サントリーのように
広告表現にアグレッシブで、
世の中を面白くしながら
良い商品を産み出していく企業が
大好きです。

夕飯の時は、

パパはプレミアムモルツ。

ママはオールフリー。

翼が1本ずつ
持って来てくれます。笑

 

【無料】月収300万円メール講座

⇒ http://bit.ly/13MImVc

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料