■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


ハンドルを離さない娘と、自分の人生の舵

2017年06月02日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

お兄ちゃんのおさがりのアンパンマン号に乗り、

満足げな娘と、デート中の出来事です。

 

私がハンドルの方向を変えようとすると、

ご機嫌だったはずの表情が一気に曇り、

力一杯にハンドルを取り返そうとしたのです。

 

 

この瞬間、私は娘の中に、

人としての「本能」を垣間見ました。

 

人は本来、娘のように、

自分の人生の「舵」を自ら取り、進みたい方向へ、

その舵を切っていきたいはずなのです。

 


しかしながら、自らの人生の舵を誰かに預けて、

誰かにコントロールされて歩んでいる方が

とても多いように思います。

 

実際、私の元には、この1ヶ月ほど、

会社の組織人事や給与体系変更で、

苦悩されている方からのご相談が続いています。

 

7/1の人事で大阪に転勤になりました。

 色々事情もあって、単身赴任です。。」

 

「業績不振により、固定給が突然、

 月5万円減額になってしまいました。。」

 

「子会社への出向が決まりました。

 もう、出世コースからは外されました。。」

 

不謹慎と思われるかもしれませんが、

私はこのようなご相談をいただいた時、

 

「おめでとう!」

 

と感じます。

 

なぜなら、私が大企業を辞めた時も、

社内の大組織改編で、私が望まない部署への

異動を命じられたのが、1つのきっかけだったからです。

 

新入社員時代に、200時間以上の残業をして、

そのほとんどがサービス残業となり、

さらには、上司の暴力によって、

頚椎を損傷した過去がある部署です。

 

あの部署だけには、絶対に行きたくないと

部長、局長に言っていたにも関わらず、

強制的にそこへ異動させられた時に、

それまでの洗脳から解けました。

 

だからこそ、退社して、起業したのです。

 

日本人は、良い大学に入って

良い会社に勤めることが幸せだという、

上の人がコントロールしやすい洗脳を

小さい時から受けてしまっています。

 

私も、何度か、

その洗脳に気付くチャンスがあったものの、

会社の中でもトップクライアントの担当をするなど、

良い評価をいただき、自分も満足していた時期があり、

飛び出す決断が遅れていました。

 

大企業の看板を失うことへの恐怖もありましたが、

その後に、これだけ自由になれて、

当時は想像もできなかった収入に恵まれたことを、

とても幸せに思います。

 

人生を変えたいと思っていても、

安定した固定給があり、

ある程度満足できる環境があれば、

人は努力しないし、本気で行動しないものです。

 

しかし、その状況が脅かされた時にこそ、

本当のチャレンジが始まるように思います。

 

ですから、

あなたにも何らかの壁が立ちはだかった時、

この壁をきっかけとして、

輝く未来に辿り着くかもしれないと、

希望を持ち、新たな方向に舵を切って、

進んで欲しいと願っています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「あきらめる」という「心の安全基地」

2015年10月23日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

息子が一目惚れした金髪の女の子に、

「Hi!」と話し掛ける直前の写真です^^

 

この後、息子は豪快に無視されて、

ハワイでの初恋が撃沈することに

なるのですが、、、w

 

本日は、息子の失恋を話題の入り口として、

人生で「あきらめる」ことに関して

考察したいと思います。

 

昨日の記事のテーマは「他人を許す」でしたが、

本日のテーマは「自分を許す」になります。

 

さて、私達日本人は、

「努力する」「がんばる」「あきらめない」

ということを大切にしています。

 

これらは至上の美徳と信じられていますし、

この風潮が高度経済成長を招いたことは

間違いないでしょう。

 

しかし、経済が縮小に向かう現代では、

この日本人らしさが、自分を苦しめていると

認識するべきだと思います。

 

あきらめるべき時にあきらめないことが、

人生を負の方向に導いている側面を

知るべきだということです。

 

例えば、終身雇用、年功序列が当然の過去には、

会社員として、あらゆることを我慢することが

幸せへの近道でした。

 

理不尽な上司、過労やストレス、自由の欠如、、、

 

このようなものを我慢し、乗り越えて、

そのご褒美として出世していくことが、

幸せの階段を登ることに繋がったのです。

 

ところが、現代では、出世の道は

あっという間に、閉ざされてしまいました。

 

例え、運良く出世できたとしても、

責任だけが増えて、収入が増えない時代です。

 

そのような環境では、

「あきらめない」と意固地になることで、

かえって、不幸に導かれてしまうのです。

 

私は、出世をあきらめました。

 

エリートサラリーマンであり続けることを

あきらめました。

 

社会的体裁を気にする人生をあきらめました。

 

そうすることで、

私の人生のビジョンは明確になり、

本当に望んでいた人生を手にすることが

できるようになったのです。

 

つまり、「あきらめる」ことで

幸せを手にするという、

これまでの日本の美徳と真逆の価値観で

生きているのです。

 

仕事、結婚、恋愛、体裁、美貌、友情、、、

 

大切な何かを「あきらめる」ことは、

喪失体験を伴いますので、苦しいものです。

 

しかし、あきらめられないことが、

心をもっと苦しめて、うつ病などの疾患に

追い込まれていることも事実です。

 

ですから、私達は、時に、上手に

あきらめる方法を手にすべきです。

そして、小さなあきらめを重ねることが、

より深いところにおいては

「あきらめない」生き方になるのだと

知ることです。

 

私が電通マンであり続けることをあきらめ、

家族との時間に溢れたライフスタイルを

絶対にあきらめなかったように。

 

あきらめ方を知らず、

自分を追い込んでしまう生き方は

これから、もっともっと、

苦しくなってしまいます。

 

あきらめる自分を許して、

一度、心の安全基地に逃げて下さい。

 

そうすると、エネルギーが回復して、

本当の自分の願いに向かって

突き進む力が得られます。

 

あなたも、あきらめられない自分を責めて、

心を壊してしまわないようにご注意下さいね。

 

ということで、

初恋で豪快に失恋した息子にも、

「あきらめる」ことを覚えてもらって、

人生を一歩、前に進めてもらいたいと思います^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

出世競争は太古の発想

2014年10月22日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

tsubasa1022

 

会社の中で昇進していくことに

幸せを感じる時代ではなくなりました。

 

会社が無くなってしまった時、

一番大変なのは、

中途半端なポジションの方だからです。

 

若くて他の会社でも

求められる能力を持っている方や、

開発などの特殊なスキルを持つ方は

次の企業にすぐ転職出来るでしょう。

 

しかし、

そこそこのポジションにいて

給料もそれなりにもらっていても

仕事は誰でもできること、という方は、

同じ条件の仕事を探すことは

かなり難しいと言えます。

 

また、

昇進することを追い求めると、

どんどん制約が増えていきます。

 

部下の管理をする為に、

自由を失うケースも多いでしょう。

 

それに伴い、

ストレスが増大する方も

多いはずです。

 

そもそも、

昇進を目標にするのは、

 

「◯◯が昇進したから

 自分も頑張らなくては!」

 

というように、

他人や世間体など、

他の誰かと「比較する」ことで

満足感を得るからです。

 

「◯◯が家を買ったから

 自分も早く買わなくては!」

 

とか、

 

「◯◯が高級車を買ったから

 自分も買い替えなくては!」

 

というように、

物質至上主義であり、

時代遅れの考え方です。

 

これからは、

会社の中にいても、

昇進を狙うのではなく、

より自由な環境を得る為に、

より自己成長に繋がる仕事に

取り組めるように、努力すべきです。

 

会社を取り巻く環境が

激変する現代では、

会社の中での意識を大きく変えないと

時代に取り残されてしまいますね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Free Agent TRIBE Project】

 

半田やすひろさんと私が、

組織に依存せずに働く仲間を

拡大するプロジェクトです。

 

→ http://t.fujisawa-ryo.com/fatp

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

会社は「欲」と「苦」を生み出す装置

2014年05月24日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

 biking

 

会社は、社員や顧客に「欲」を与えます。

その「欲」から、お金を生み出す装置だと

言っても過言ではありません。

 

その仕組みをご説明しますね。

 

会社には必ず、

売上や利益の目標がありますね。

 

その数字がブレイクダウンされて、

各部署や個人に対し、

「予算」として

降ろされていくのです。

 

私が電通において

最後に所属した部署では、

この「予算」を、

役員と一緒に作っていました。

 

このような業務を担当することで、

大きな会社の全体構造を

把握することが出来たのです。

 

そして、会社が生み出す

「欲」と「苦」を知りました。

 

まず、「欲」。

 

会社は、部署や個人が

予算を達成する過程で

 

・出世欲

・金銭欲(昇給、特別給)

・承認欲

 

などを刺激します。

 

そうすることで、

各部署や各個人が競い合い、

それぞれの予算達成を狙うことで

全体として数字が積み上がるのです。

 

もちろん、このようにして

社全体でより良い商品やサービスを生み、

効果的な広告を展開することで

顧客の欲を最大限に刺激し、

お金を頂くというロジックです。

 

続いて、「苦」。

 

上記のような「欲」を持つと、

大半は現実とのギャップが

生じることになります。

 

そしてこれが、

「苦」になります。

 

多くの会社員が、

会社自体を「苦」と感じるのは、

このような理由です。

 

それでは、

「苦」を感じない為にと

「欲」を無くしてみましょう。

 

すると残念ながら、

 

・出世欲

・金銭欲(昇給、特別給)

・承認欲

 

の無い社員は

社内での評価を下げるだけです。

 

いずれにしても、

「苦」として自分に跳ね返る

ということですね・・・。

 

このような環境下で

「苦」を避ける為には、

自分が自分を正当に評価することです。

 

会社の評価は会社に任せる。

 

その上で、自分は自分で

自分のことをしっかり観察し、

プロセスを見守っていくことです。

 

会社に与えられた「欲」に振り回されると、

心身共にダメージがあります。

 

ですから、

会社からの「欲」はほどほどに、

自分自身が、自分にとっての評価機関に

なってあげるべきですね。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料