■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「電通の深層」出版、命を見つめる日に。

2017年03月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

2011311日、私は電通本社の26階にいて、

汐留周辺のビルが強風に煽られた木々のように

大きく揺れる様子を見て、恐怖に襲われました。

 

あの日から6年になる本日、私の手元には、

奇しくも、私の体験談が40ページ近く掲載された

「電通の深層」が届きました。

 

私が電通に入社した直後、

上司のデスクに並んでいた一冊の本、

「小説電通」を書いた大下英治さんの作品です。

 

品川のプリンスホテルでお会いした大下さんは、

70歳を超えているとは思えない程にエネルギッシュで、

精力的に執筆活動を続けていらっしゃり、

社会にある問題に深く深く、斬り込んでいく姿勢を

見せてくださいました。

 

広島で1歳の時に被爆され、

お父様を亡くされたという過去を持つ大下さんに、

「命」の大切さを改めて考えさせられた私は、

昨年、社会問題になった電通の過労自殺事件に関連し、

私が体感した電通社内のあらゆる問題を、

真剣にお話しさせていただきました。

 

少しずつ、社会の中で

忘れ去られてしまっているように感じるこの問題は、

日本人の働き方を見つめ直すためにも、

引き続き議論していくべきだと考えています。

 

そのためにも、この本を通して、

改めて、社会に問題提起できれば幸いです。

 

主な内容としては、

 

・東大卒電通新入社員 高橋まつりさん過労自殺死の深層

 

・電通、闇の実態ーこれが天下の電通か

 

NHKと電通ー海老沢勝二 VS 成田豊

 

・永田町と電通ー自民党イコール電通

 

・オリンピック利権ー国家的スポーツイベント儲けの構造

 

・電通は「鬼十則」をなぜ捨てた

 

など、電通問題の核心に迫るものになっています。

 

全国の書店に来週以降並んでいきますので、

是非、ご覧になってくださいね。

 

さて、私自身が電通を退社する決意をしたのも、

東日本大震災の経験から、

いつ、何が起こるかわからないという現実を

目の前に突き付けられたことに加え、

東電の問題を隠そうとするマスコミを見て、

このまま電通に残ったら「共犯だ」と感じたことが

大きく影響しています。

 

本日、311日という日をきっかけにして、

人生を変える決断をしたということです。

 

ですから、本日は、

 

 東日本大震災の悲劇も、

 電通で起こった過労自殺事件も、

 決して風化させてはいけない、、、

 

このような思いを強く持ちながら、

「命」を見つめる日にしたいと思います。

 

日本社会の中で、私達11人が、

自分にできることを考え続け、行動し続けて、

日本をより良い国にしていきたいですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


「電通事件」出版、命に感謝する誕生日

2017年01月28日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

本日1/28は、私が命をいただいてから38年目、

娘が産まれてきてくれてから9ヶ月目という

奇跡に感謝する1日です。

 

昨夜0時から、多数のお祝いメッセージをいただき、

心より、感謝申し上げます。

 

昨年の誕生日は、家族で京都に旅行をして、

妻のお腹の中に娘の命を宿したことを、

京都からご報告させていただきました。

 

今年は、無事に産まれた娘も一緒に、昨夜、

前夜祭でお祝いし合えたことを幸せに感じながら、

新居の真新しい空間でゆっくり過ごしています。

 

 

昨年は、私の古巣である電通で過労自殺問題が起こり、

各メディアで電通を糾弾する報道をする際に、

元社員としての私の声を取り上げていただきました。

 

そして、その集大成として、

フリージャーナリストの北健一さんが総力取材された

 

「電通事件~なぜ死ぬまで働かなければならないのか~」

 

が、1/25に旬報社から発売され、ちょうど本日頃から、

全国の書店に並んでいます。

 

 

 

どうしてこのようなことが起こったのか、

この過ちを繰り返さないためにはどうするべきか、

私の見解を多く取り上げていただいていますので、

是非、ご覧になってください。

 

私達は今、働き方を問われています。

 

その一つの示唆として、息子には、

ウルグアイのムヒカ大統領のスピーチを絵本にした

 

「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」

 

を与え、一緒に読んでいます。

 

 

 

 

大統領としての給料の大半を貧しい人に寄付し、

公邸に住まずに農場に暮らす彼は、こう言っています。

 

「貧乏とは、少ししか持っていないことではなく、

 かぎりなく多くを必要とし、

 もっともっと欲しがることである。」

 

「命よりも大事なものはありません。

 必要以上にものを手に入れようと

 働きづめに働いたために、

 早々に命が尽きてしまったら・・・?」

 

現代の日本人は、全員が、ムヒカ大統領の言葉に

耳を傾けるべきだと思います。

 

電通で起こった悲劇も、

2012年のリオデジャネイロ国際会議で

ムヒカ大統領が指摘したことをしっかり聞いていれば、

防げたことではないでしょうか。

 

電通とご遺族は合意が成立していますし、

新社長が発表されて体制も大きく変わるようですから、

私は、これからの変化を見守りたいと思います。

 

ただし、もちろん、何も変わらないようであれば、

日本社会のためにも、引き続き、古巣に対して、

刃を向け続けたいと考えています。

 

私達は発展するためにこの世に生まれたのではなく、

幸せになるために、この惑星に生まれた。

 

今日はそのことを、改めてしっかり考え、

これからの生き方、働き方を自らに問います。

 

そして、未来の日々においても、

人生をたっぷり味わっていきたいと思います。

 

あなたも、今日は生き方、働き方を

少しでも考える日にしていただければ幸いです。

 

私の人生に関わってくださるすべての皆様、

本当にありがとうございます!!

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


慶応の「親友たち」から得た学び

2015年12月19日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_tsubasa1219

 

起業して成功する方の中には、

過去の人脈を断つ方が多くいます。

 

その理由は、

会社員として労働する思考と、

事業をゼロから生み出していく

起業家の思考が全く違うことにより、

「常識」が合わなくなってくるのが

主因だと考えています。

 

また、更なる成長を試みる中で、

リスク回避を重んじる会社員的意識が、

「ドリームキラー」になり得るため、

それを排除するという要因もあります。

 

私も、起業直後は、一時的に

友人達と距離を置いたことがありました。

 

それは、事業へ投資する時間を重んじて

余裕が無かったということもありますが、

ドリームキラーに打ち勝つ自信が無かったという

「逃げ」の心もあったと感じます。

 

しかし、最近は、事業が安定し、

自由を手に入れられたことと、

今後のビジョンが揺るがないという

自負を持てたことで、

旧交を温める機会を積極的に作っています。

 

その中でも、

特に仲良くさせてもらっているのが、

昨日、中目黒に集まった

慶応時代の親友たちです。

 

・A君(商社マン、年収1200万円)

 

 約5年間のアメリカ駐在を経て帰国。

 子供への学費補助や帰国してからの

 家賃補助など、福利厚生が手厚い。

 子供達はバイリンガルに育つ。

 

・B君(外資コンサル、年収1500万円)

 

 2度の転職で年収を上げ、

 半年で5000万円以上をチャージする

 プロジェクトリーダー。

 

・C君(テレビマン、年収1200万円)

 

 数々のヒット番組を制作する

 プロデューサー兼総合演出。

 芸能人と幅広く交流。

 

・D君(ビール、年収900万円)

 

 都内飲食店を知り尽くし、

 ほぼ毎晩、会社の費用で飲み続け、

 現在は新商品マーケティング担当。

 

・E君(出版、年収1100万円)

 

 出版不況を覆すヒットメーカー。

 転職し年収を倍増させる。

 

彼らの華々しい活躍を、

友人として誇りに思います。

 

私が感じた彼らの成功の秘訣は、

仕事を「与えられる」のではなく、

仕事を「自ら創り出す」という意識です。

 

この意識を無くし、

受動的、従属的になってしまったら、

現在の彼らの地位や業務内容は

全く変わっていたでしょう。

 

起業家魂を持って会社の仕事に向き合うことが、

やり甲斐につながり、成果にも繋がるのですね。

 

私は起業という道を選び、

彼らは、大企業の中で努力する道を選んでいるので、

思想や哲学に多少の違いはあります。

 

しかし、それでも、

お互いを尊重しながら、

仕事への想いや未来展望を熱く語らえることが

とても幸せです。

 

しばらく、全く連絡を取らなくなってしまった

私のことも温かく迎え入れてくれる彼らに

心から感謝しながら、

これからも情報交換し続け、

切磋琢磨していきたいと考えています。

 

追伸;

 

楽しくて楽しくて、

久しぶりに朝6時まで飲んでしまったので、

今日はぐったりです、、、w

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


元電通マンの告白28~クリエイターの逆襲~

2014年06月30日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 tsubasa_papa0630

 

マスメディアの世界では、

クリエイターの超低待遇が

蔓延しています。

 

「発掘!あるある大辞典」の

捏造問題で公になった通り、

番組1回のスポンサー料約1億円は、

下記のように分配されます。

 

電通 1500万円

 

関テレ電波料 500万円

 

地方局電波料 5000万円

 

関テレ制作費 2340万円

 

制作会社 860万円

 

1億円のうち、

実際に制作を行った会社は、

1割ももらえないのです。

 

地方局なんて、全く働かないで、

「番組」と「お金」をもらいます。

 

これは、世界一美味しい商売と

言えますよね。

 

総務省に払う電波料も

微々たるものですから・・・。

 

一方、コンテンツを作る制作会社は、

酷い労働条件の中で大変な思いをして

何とかやっているという状況です。

 

私は、制作会社の方の苦しみを

よく知っていたので、

電通が彼らの倍の収入を得ることを、

自分達の仕事量・質と照らし合わせて

理解に苦しんでいました。

 

せめてもの気持ちで、

差し入れさせて頂いたり、

ご馳走させて頂いたりしましたが、

本当に申し訳ない気持ちで一杯でした。

 

このように

クリエイターが酷使されるのは、

テレビだけではありません。

 

日本のコンテンツ産業全般の

問題と言えます。

 

出版も、音楽も、映画も、

本来最も恩恵を受けるべき

クリエイターが、

軽視されてしまっているのです。

 

だからこそ、

時代の流れに敏感なクリエイターが、

マスメディアからインターネットに

どんどん流失しています。

 

そして彼らは、

マスメディアでは考えられない程の

報酬を受け取るようになっています。

 

コピーライター

 

デザイナー

 

動画クリエイター

 

多くのクリエイター達が

逆襲を始めています。

 

こうして、

優秀なクリエイターを失えば、

マスメディアが更なる苦境に

立たされるのは間違いません。

 

そして、インターネットは、

クリエイティビティに溢れた

素晴らしい世界になっていくことを

私は確信しています。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料