■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「遊び」を通して、子どもは「楽習」する

2018年11月20日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

 

NHK「お母さんといっしょ」の番組開発や、

「しまじろうパペット」の開発などを手掛け、

「発達心理学の第一人者」と称される、

内田伸子先生の講演を拝聴しました。

 

1年半前にお話をお聴きして、感銘を受けてから、

本日の講演がとても楽しみだったのですが、

今回は、前回よりさらに深く、濃い内容でした。

 

詳しくは、内田先生の最新のご著書

 

『子どもの見ている世界

 ~誕生から6歳までの「子育て・親育ち」』

 

をご覧いただきたいのですが、

私が最も感動した育児のあり方の要点を

以下にまとめます。

 

・親は、子どもに寄り添いつつ、

 深く強い信頼関係を土台にした

 「安全基地」であるべき

 

・他児とは決して比べない。

 その子自身の進歩を認めてあげた上で、

 「褒める」「励ます」「(視野を)拡げる」

 の「3H」を意識すること

 

・親は、子どもの「生き字引」ではない。

 余すところなく、定義や解説、回答を与えないこと

 

・裁判官のように判決をくだしてはいけない。

 禁止や命令ではなく、「提案」をすること

 

・何かを強制してはいけない。

 子どもの「楽しい」を共有して、

 その「遊び」を通して、「楽習」してもらうべき

 

・子ども自身が考え、判断する余地を必ず与えること

 

・以上により、子どもの「自律的思考力」を鍛え、

 「創造的想像力」を育むことが、

 幼児を育てる親の責務であると認識すること

 

昨年のメモを改めて復習すると、

すでに学んでいたことも含まれていたのですが、

まだまだ、意識が足りなかったと反省しました。

 

内田先生が名誉教授を務めるお茶の水女子大学では、

戸籍上男性でも、女性だと自認しているならば、

学生として受け入れる、という方針を

明らかにしたばかりです。

 

実は、LGBTになる経緯に、

子どもが胎児の時の外的要因が大きく関わっていると

研究でどんどん明らかになっているそうです。

 

そして、いずれにしても、LGBTは「個性」であり、

多様性を認め合う社会の中では、排除してはならず、

そういう姿勢を国立女子大として初めて、

日本に発信できたことに

安堵の表情を浮かべていらっしゃいました。

 

(名古屋大学や早稲田大学はもっと進んでいて、

 とても遅れてしまった、ともおっしゃっていました)

 

このような、育児の分野の大先生から、

直接学ばせていただくという

素晴らしい機会を創り続けてくださる

息子の幼稚園の園長先生には、心から、感謝しています。

 

追伸;

 

購入させていただいた本に、

内田先生がサインとメッセージをくださいました!

 

 

 

温かいお言葉を、ありがとうございます!!

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

「いきなり!ステーキ」の成功要因

2016年02月09日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_tsubasa0209

 

高品質なステーキを低価格で提供する

「いきなり!ステーキ」が、都内を中心に

高速出店を続けています。

 

一般的な飲食店の原価率は30%程度ですが、

「いきなり!ステーキ」の肉の原価率は、

なんと、80%だそうです。

 

(全体平均でも60%程度)

そのコストパフォーマンスは非常に高く、

他店であれば5000-6000円はするお肉を、

半額以下で頂くことができます。

 

私の息子は、ファミリーレストランのお肉だと、

噛み切れないのでほとんど口にしないのですが、

「いきなり!ステーキ」の国産サーロインや

ヒレであれば、100g以上をペロッと平らげます。

 

その様子を見て、

肉の質の良さが、3歳児の口によって

証明されていると感じています。

 

そうして、美味しく頂きながら、

何度かお店に通う中で、

「いきなり!ステーキ」の成功要因が

見えてきました。

 

1.マイレージとメール配信

マイレージシステムを導入していて、

合計3kgを食べるとゴールド、

20kgを食べるとプラチナに昇格します。

 

ゴールドになるとソフトドリンクが毎回1杯無料、

誕生月に400gのリブロースをプレゼントして

くださいます。

 

ただし、メルマガ受信が条件となるので、

これはマインドシェアを奪う

リピーター獲得戦略として、

最適なマーケティングだと感じています。

 

2.立ち食いと女性獲得

私達は、テーブルチャージをお支払いして

席に座りますが、ゆっくり頂いている1時間に、

満員の店内が2-3回転しています。

 

「俺のイタリアン」などと同様、

立ち食いという戦略が、

見事に当たっていますね。

 

また、若いOLの方が1人で食べている姿も、

頻繁に拝見します。

 

内装の工夫やお手頃感から

女性の獲得にも成功しているのですね。

 

3.シニア世代のオペレーション

店内には60-70代のスタッフが目立つのですが、

これは、リタイアした経験者の再雇用だそうです。

 

すでに技術がある方を積極的に採用することで、

調理やサービスの質を保っているのでしょう。

 

原価率の高さが絶対的な価値ではありますが、

それに加え、上記のような細かな戦略が、

お客様に愛されているのだと感じました。

 

「いきなり!ステーキ」を展開するのは、

ペッパーフードサービスです。

 

過去には、強姦強盗事件や、食中毒事件で

苦境に立たされた企業です。

 

それでも、一瀬邦夫社長が諦めず、

アイデアを出し続け、今の成功があります。

 

どれだけ年齢を重ねても、

「創造的破壊」を起こして、

社会に価値を提供することができるのですね。

 

私は、一瀬社長の姿勢にビジネスを学びながら、

美味しいステーキをたくさん頂いて、

プラチナへの昇格を目指したいと思います^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

勝利を掴む「ラスト・ラフ思考」

2015年06月21日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

tsubasa0621

 

新しい考えはまず、「バカバカしい」

と非難され、次に「つまらないことだ」

と退けられ、そして最後に、

「そんなことは誰でも知っている」と

言われてしまうものです。

 

しかし、歴史を振り返ると、

創造的破壊を引き起こしたリーダー達は、

人格を否定されるような攻撃的な言動を

受けながらも、正しいことのために歩みを

止めませんでした。

 

どれだけバカにされても、

仲間を大切にして、

仲間と共に歩んだのです。

 

マキャベリも、織田信長も、

坂本龍馬も、本田宗一郎も、

スティーブ・ジョブズも、、、

時に笑われながらも、

人間を「前進」させて、

時代を切り拓いてきましたよね。

 

「ラスト・ラフ(Last Laugh)思考」とは、

単に、「最後に勝利を掴めば良い」

という考え方ではありません。

 

リーダーシップを本気で発揮して、

時代を変えていこうとすると、

必ず嘲笑や批判を受けます。

 

そのような攻撃に負けないように、

大きな志を持って、

本気で信じることを明確にして、

自分を駆動させるエンジンを

仕立て上げていくことが前提になります。

 

そうして、

「笑われる覚悟」を持った上で、

「最後に笑う」。

 

そのために

揺るがない信念を掲げるのが

ラスト・ラフ思考だということです。

 

私には、「輝く個人」「稼げる個人」を

量産していくというミッションがあります。

 

「大企業を辞めるなんて、バカだ」

 

「そんな時代は絶対に到来しない」

 

「どうせ、もうすぐ稼げなくなる」

 

そんな嘲笑も見聞きします。

 

しかし、最後に笑うのは、私や、

私について来てくれた仲間達です。

 

それを現実にするために、

強く、大きな信念を持ち、

これからも果敢に、

「ラスト・ラフ思考」で取り組んでいきます。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料

頑迷な常識をぶち壊す異端であれ

2014年04月08日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

itanji 2

 

歴史のページをめくることは、

異端にしか出来ません。

 

頑迷な常識に対し敢然と戦い、

人間が本来持っている生命力を

抑え込むような考え方や制度を

ぶち壊していく。

 

そんな「型破り」な人間が、

歴史を変えていくのです。

 

私は昔から、

型破りな人を愛しています。

 

チャレンジ精神に溢れ、

イキイキとしている方が、

本当に大好きです。

 

そして、

閉塞感のある現在の日本にこそ、

そのような方が絶対的に必要だと

考えています。

 

この国を常識人で埋め尽くしたら、

このまま、滅亡に向かっていくのは

間違いないでしょうね。

 

ですから、

現状を打破する為の

ビジョンと行動力を持つ非常識人が、

求められているのです。

 

ただ、注意しなければ

いけないことがあります。

 

型破りな人には、

両極端な二つのタイプの

異端があり得るということです。

 

一つは、

スティーブ・ジョブズや

坂本龍馬のように、

社会をあるべき姿に変え、

新たな価値を提供し、

貢献していく【創造的異端】。

 

そしてもう一つは、

ヒトラーやポル・ポトのように、

人倫を乱していく

【破壊的異端】です。

 

坂本龍馬のような人だと思ったら、

実はヒトラーだった・・・

 

なんて悲しいことが

ありませんように。。

 

私は、前者のような

【創造的異端】でありたいと

願っています。

 

だからこそ、良い大学に行って

大企業に入るという「型」を破り、

チャレンジして来ました。

 

そしてこれからも、

【創造的異端】として

国民の民度を高める人材になれるよう、

どんどん型を破り、

挑戦し続けていきますね!

 

 

追伸;

 

私が見た目にも分かりやすく

「異端」だった7-8年前の写真ですが、、、

なんだか、目付きが怖いですね・・・。汗

 

この頃は、【破壊的異端】

だったのかもしれません!笑

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料