■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


妻と出会って12年、代々木上原駅へ

2017年10月16日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

20051015日、私は妻を千代田線の

代々木上原駅で見て、一目惚れしました。

 

 

電車に乗り込んだ時に隣に座り、

声を掛けたところから、

2人の関係がスタートしています。

 

その詳細を、「電車男」シリーズとして、

連載で記事に書いたのが、2013年春。

 

あれかもう4年以上経つことにも驚きますが、

妻と出会ってから12年の月日を思い出し、

とても感慨深い思いです。

 

妻と出会った頃、私は音楽活動に夢中でした。

 

電通の激務をこなしながら、

毎日のように作詞・作曲して、

デモテープを作っては、レコード会社に送る日々。

 

妻がファンクラブ第1号になってくれて、

アイドルのような団扇を作ってくれて、

ステージに立つ私を、一生懸命、応援してくれました。

 

30歳までにメジャーデビューできなかったら、諦める」

 

そう宣言した年齢を迎えた日、

私達は、結婚式を挙げました。

 

プロポーズは、妻の誕生日を祝った帰り道、

タクシーを突然、代々木上原駅で停めて、

驚く彼女の手を引いて、駅のホームで。

 

「ここから始まった恋を、永遠にしよう。」

 

それからは、音楽の夢を実現するよりも、

妻との結婚生活をより良いものにすることが、

私の夢になりました。

 

ですから、妻のために、そして、

生まれ来る子供のために、「自由」になることを

心から願って来たのです。

 

そのために、電通を退社し、起業しました。

 

起業直後はとても大変でしたので、

妻が支えてくれなかったら、

今の私は有り得ません。

 

ですから、妻には、心から感謝しています。

 

結婚してからも、私達は毎年のように、

代々木上原駅を訪れています。

 

私達にとってはパワースポットであり、聖地です。

 

昨年は、娘がまだ小さかったので見送りましたが、

今年は、家族4人で、この地に来ました。

 

「ここで、ママを見付けたんだよ」

 

 

「このあたりで、ママに結婚しようって言ったんだ」

 

 

「この椅子に座った時に、声を掛けたんだよ」

 

 

息子にとって、

これが良い教育になるか分かりませんが(笑)、

人生を大きく変えるチャンスが、

日常の中で必ずどこかにあるということは、

しっかり伝えていきたいと思うのです。

 

出会ってから12年、入籍してから9年。

これからも、家族を何より大切に、

愛を貫いて生きていきたいと思います。

 

追伸;

 

代々木上原駅のホームや

千代田線の電車の中で撮影した写真を見ながら、

ここから始まった恋が、

2人の命を生んでくれたことに、感動しています^^

 

息子と娘が、私達を真似して抱き合う写真が、

私の一番のお気に入りです!!ww

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

「親」や「指導者」としての「あるべき姿」

2017年09月01日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

育児に真剣に向き合えば向き合うほどに、

「親」に求められる姿は、「指導者」のそれと

等しいと感じるようになっています。

 

完璧な親も、完璧な指導者も、

世の中にはいないでしょう。

 

しかしながら、「こうありたい」、

あるいは、「こうではありたくない」という

具体的な「あり方」を定めることで、

理想の「親」や「指導者」に近付くと考えています。

 

たとえば、私が親として

「こうではありたくない」と感じるのは、

以下のような親です。

 

・子どもに非現実的な期待を抱く。

 

・恐怖や不安を子どもに感染させる。

 

・子どもを過剰にコントロールする。

 

・子どもを通して自分の人生を生きる。

 

いずれも、子どもを息苦しくして、

不幸にしてしまうと思いますので、

自分がこのようなことをしていないか、

定期的に、確認するようにしています。

 

そして、これらの「子ども」を

「生徒」に置き換えると、そのまま、

「指導者」として相応しくないあり方を

示すことになると捉えています。

 

ですから、人の「親」として、

人の「指導者」として、自分自身を戒めるため、

自分を俯瞰して見る習慣が大切だと思います。

 

さて、我が家では毎月、

息子と娘の誕生「日」をお祝いし続けています。

 

これは、元々は純粋に、

子ども達の毎月の成長をお祝いしたい

という気持ちで始めたものなのですが、

最近は同時に、私と妻が、

親として成長できているのか、

定期点検する機会にしています。

 

子どもへの向き合い方を考え続けることが、

社会の中での自分のあるべき姿を

的確に定めていくと思うのです。

 

「親子」、「師弟」、いずれも、

お互いの信頼関係があってこそ、

それぞれの人間的な成長が伴います。

 

いつまでも成長し続ける親であり、

指導者であり続けられるように、

自分自身を見つめる時間を

設けていきたいと思います。

 

追伸;

 

娘の「14ヶ月」お祝い写真です!

 

 

 

まだカメラを見られない娘と、

「千代田線」を大切に持つ息子にご注目です^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

息子が選んだ「千代田線」と妻との出会い

2017年08月31日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

息子が交番に届けた落し物の2000円が期日となり、

警察の方から受け取らせていただいたので、

息子が大好きなおもちゃを買わせました。

 

「誰かが落としてしまった大切なお金だよ。

 

 つっくんにとっても、大切に、大切にできる

 おもちゃを買って、宝物にしようね。」

 

そう言って、息子本人に選ばせました。

 

自分のお金で買うおもちゃとしては、

過去最高額ですから、そのお金の価値も

しっかり感じてもらいたいと思ったのです。

 

そして、息子は新幹線が大好きなので、

きっと「のぞみ」などの車両を欲しがると

想定していました。

 

ところが、お店でずっと、

千代田線を手にして、譲らなかったのです。

 

「これが、つっくんの宝物!

 ずっと大事にするからね!!」

 

この時は、息子が選んだ「奇跡」に、

私は気付いていませんでした。

 

自宅に戻り、妻にその車両を見せた後、

2人の会話で、私はハッとしました。

 

妻「お金をちゃんと交番に届けて、偉かったね!

 

  つっくんが偉かったから、

  かっこいい電車を買うことができて、

  本当に良かったね!

 

  でもどうして、千代田線にしたの?」

 

息子「パパが、宝物にしようって言ったから、

   たくさんおもちゃを見て、

   つっくんが選んだんだよ!」

 

妻「つっくんが、自分で選んだの!?

  パパとママは、千代田線の電車の中で、

  初めて出会ったんだよ!」

 

以前も書かせていただいたことがありますが、

私は妻を、代々木上原の駅で初めて見て、 

一目惚れしてしまい、千代田線の車内で、

連絡先を交換しました。

(正確に言うと、私が勝手に奪いました、、、w

 

私達夫婦の出会いの場となった千代田線を、

息子が「宝物」として、自ら選んだという奇跡、、、

 

息子に初めて、両親が出会った経緯を説明しながら、

鳥肌が立つほどに、感動してしまいました。

 

あの時、私と妻が同じ千代田線に乗っていなければ、

息子は、この世に誕生していなかったのです。

 

出会いの奇跡、命の奇跡、そして、成長の奇跡、、、

 

様々な奇跡を感じさせてくれた息子に、

心から感謝する出来事となりました。

 

何気ない日常の中に、

「奇跡」があり、「感動」がありますね!

 

追伸;

 

息子の宝物「千代田線」の写真と、

その千代田線を手に大喜びの息子の写真を

掲載させていただきましたよー^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b