■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


育休中「給付金」引き上げ等に関して

2020年01月06日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

働く男性の育児休業取得を促進するために、

厚生労働省が、育児・介護休業法の改正案を

国会に提出します。

 

・個々の従業員への周知を、企業に義務付ける

 

・育休中の給付金を引き上げる

 (賃金の67%→80%を検討)

 

一歩前進だと思いますが、大きな問題は、

会社の中の、「風土」を変えることです。

 

私が会社員だった頃、

育休を取ろうとした同僚に対して、

上司が、

 

「俺らの時代なんて、

 育休を取る社員はいなかったぞ」

 

という、

明らかなる「圧力」をかけている光景を

この目で見ました。

 

その社員は結局、「1ヶ月」の予定を

「5日」に短縮して、出勤していました。

 

私は、「組織の歯車」という悲しい現実を、

直視させられた気分でした。

 

私の育児の経験からすると、

出産から特に最初の「1ヶ月」は、

奥様を1人にしてはいけません。

 

夫婦で力を合わせないと、

乗り越えられない程の、過酷さです。

 

それなのに、男性を休ませないという

恐ろしい会社のあり方を変えなければ、

育休取得率は、全く上がらないでしょう。

 

18年10月現在の男性の取得率は6%で、

女性の82%に比べると、異常な程に低いです。

 

また、6割の男性が「5日未満」しか休んでいません。

 

「1ヶ月」以上の育休を

8割以上の男性社員が取るくらいにならないと、

健全な「夫婦」が日本社会に

育まれないのではないでしょうか。

 

私は、会社員時代、

上司が「悪しき文化」を強要する様子に、

 

「このまま、この会社で働いていても、

 幸せな未来は描けないな、、、」

 

と感じたものです。

 

だからこそ、起業しましたし、

年始のご挨拶でも申し上げた通り、

起業してからの8年間、ずっと、

「育児休業」だったと捉えています。

 

息子と娘、それぞれが3歳になるまで、

全力で、子ども達に向き合ってきました。

 

これができたのも、ビジネスや投資を、

スマホとパソコンで完結させることで、

“好きな時に、好きな場所で、好きなだけ稼ぐ”

というライフスタイルを、実現したからです。

 

国や会社に、自分の人生を委ねていると、

自分が望む「育児休業」を取得することは難しいです。

 

2020年、私が早く改革しなければ、

各家庭から、本来そこにあるべき「笑顔」が、消えていく。。

 

そのような危機感を持って、

今年の大いなるチャレンジを続けていきますね!

 

追伸;

 

息子が、私の両親から自転車を買ってもらい、

取り寄せている間、待ちきれずに、

毎日、公園で自転車を借りて乗っています。

 

 

 

親としては、怪我をしないか心配ですが、、、

 

「新しいことができるようになること」

 

が楽しくて仕方が無いのは、

ビジネスや投資でも、同じ。

 

そこに多少のリスクがあっても、

真剣に挑んで、人生を変えていきたいですね。

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

三菱UFJ「男性1ヶ月育休」の善と悪

2019年04月19日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

三菱UFJ銀行は、2歳未満の子どもを持つ

国内全ての男性行員に「1ヶ月」の育児休業取得を

促す制度を導入します。

 

3メガバンクで初の取り組みですから、

賛辞の声もたくさん拝見するのですが、

私は1点、大いなる違和感を覚えます。

 

それは、

 

「夫婦で作った育児計画を

 直属の上司に提出させる」

 

という、条件があることです。

 

ここまでプライベートなことを、

会社に報告する義務は必要でしょうか?

 

まるで、

 

「社員の人生は、会社のもの」

 

とでも言っているかのように聞こえます。

 

また、真剣に育児に取り組んだ上司は、

三菱UFJに、どのくらいいるのでしょうか?

 

計画を提出させたところで、

育児経験が乏しい上司が

それを正しく受け止められるはずもなく、

全く意味のない作業になると思われます。

 

会社は、社員が申請した育休を、

何も言わずにそのまま受け入れ、

温かく見守れば良いのです。

 

今回、先進的な施策を発表したように見えますが、

実は、時代に合わない恥ずかしい会社の体質を

露呈したように感じます。

 

もちろん、大きな一歩だとは思います。

 

私自身の体験としても、

生まれたばかりの命が、

一生懸命育っていく最初の数ヶ月、

常に近くでその成長を見ることには

大きな意義があったと考えています。

 

また、あの大変な時期を

母親1人だけに任せることは、

父親としての責任放棄だと思います。

 

近いうちに、「1ヶ月」と言わず、

3ヶ月」以上の育休を当たり前のように

取得できるような社会にしたいですね。

 

私は、自由な個人を量産することによって、

育児にしっかり向き合うことができる親を

社会に生み出していきたいと願っています。

 

追伸;

 

本日の写真は、

「キティちゃん車掌さん」

のぬいぐるみを買ってもらって、

ついに電車に興味を持ち始めた娘と、

こうして妹に、「電車愛」を教育できて、

とても嬉しそうな息子です^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

日本の有給取得率「3年連続世界最下位」

2018年12月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

エクスペディア・ジャパンの調査によると、

日本人の有給取得率は、世界19ヶ国の中で、

3年連続最下位となりました。

 

 有給消化率:50%

 

 取得日数:10

 

「働き方改革」は、実際はほとんど、

進んでいないようです。

 

ブラジル、フランス、スペイン、ドイツは、

いずれも、

 

 有給消化率:100%

 

 取得日数:30

 

という、驚くべき「差」が生まれています。

 

また、

 

「有給取得に罪悪感があるか?」

 

という調査に対しては、

 

 日本:58%

 

 韓国:55%

 

 アメリカ:39%

 

 フランス:25%

 

 イタリア:21%

 

となっており、

 

「上司が有給の取得に協力的」

 

と回答した人の割合は、

 

 ブラジル:84%

 

 フランス:74%

 

 アメリカ:72%

 

 日本:43%

 

となっています。

 

つまり、日本は、あらゆる視点から総合的に見て、

「会社の中で休むことが難しい」国なのです。

 

日本の祝日は、世界でトップレベルに多いのですが、

全員と同じ日の休みですと、どこも混雑してしまい、

ゆっくりと休むことはできません。

 

自分の意思で、自由に休める日が増えなければ、

日本の巨大なストレスは、緩和されないと思います。

 

一方で、積水ハウスは、男性社員に1ヵ月以上の

育児休業を完全取得させることを宣言しました。

 

私自身が、2人の育児をサポートしてきた経験では、

出産後の1ヶ月、母親の負担は特に大変です。

 

最近は、ネットで買い物できるので随分助かりますが、

突然必要になる買い物などを含め、

産まれたばかりの小さな命のケアを、

産後すぐの女性だけに強いることは、

有り得ないと思っています。

 

また、何か具体的なことができなくても、

隣にいて、精神的なサポートをしてあげることが、

夫の務めだとも感じます。

 

私は、国や会社に任せていたら、

自分の人生が終わってしまうと考えましたので、

自ら、大企業から飛び出しました。

 

最近は、積水ハウスのように、

変わりつつある企業も出てきましたが、

6年目の私の決断は、大正解だったと思っています。

 

1度しかない人生、

1瞬しかない産まれたばかりの我が子の育児、

その尊い時間を、大切に、大切にしていきたいですね。

 

そのために、各自ができることを、

真剣に考えなければいけないと思います。

 

追伸;

 

本日は、行きつけの焼肉屋さんにあるバーカウンターで、

お得意の「変顔」をする息子です^^

 

 

このような瞬間、瞬間を見続けられる人生に、

心から、感謝しています。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

男性の育休取得に対する批判について

2016年01月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_tsubasa0107

 

宮崎謙介衆議院議員の育休取得に関して、

男性の国会議員としては史上初とのことで

賛否両論が巻き起こっています。

 

奥様が金子恵美衆議院議員であり、

夫婦で公的な立場にあることも、

様々な議論を呼んでいますね。

 

「これを機に、男性の育児参加を

 社会に拡げて欲しい」

 

という賛成派の意見に対し、

 

「税金で働いているのだから、

 安易に公務を休むべきではない」

 

「任期中に出産するのは計画性が無い」

 

などの反対意見が散見されます。

 

宮崎議員のブログを拝見すると、

育休期間中の収入を国庫に返納したいと

考えているようです。

 

しかしながら、現状の制度では

公職選挙法違反になるということで、

困惑されているのが現状です。

 

「女性が輝く社会づくりを」

 

「抜本的な少子化対策を」

 

などと言っている国政の

「本音」と「建前」が、

ここに浮き彫りになっていますね。

 

私が驚いたのは、国会幹部から、

以下のような声が上がっていることです。

 

「国会議員全体の評判を落とす」

 

「生まれてくる子供を使って

 名前を売っている」

 

「どちらかが議員を辞めろ」

 

50年後、100年後の日本の未来を考えた時、

最も大切なのは新しい命のはずです。

 

子供をどう生み、どう育てるかを

真剣に議論すべき状況であるはずなのです。

 

それなのに、国を動かす中枢から

このように新しい命を軽視するような発言が

出てくることが、私は許せません。

 

私は、長男が生まれてから3年間、

子育て最優先で生きてきました。

 

そして、育児の大変さと共に、

育児の喜びを全身で感じてきました。

 

人間として未熟な私が、社会への関わりを

真剣に考えられるようになったのも、

育児を通して息子と触れ合えたおかげです。

 

起業前、電通の先輩が高収入でありながらも

幸せそうでは無く感じたのは、

家族の時間が大きく欠落していたからです。

 

夫婦の会話が無くて

夫婦間に距離ができてしまったり、

親子の愛が確立されていなければ、

得たお金もただの金属や紙切れに過ぎません。

 

お金は、身近な人との愛が育まれてこそ、

価値を生み出していくのです。

 

宮崎議員は、反対意見と

対峙し続ける道を選んでいて、

私は、その勇気を讃えたいと思います。

 

彼に期待したいのは、

育休中もスカイプを活用するなどして

公務の一部を全うすれば、新たな働き方を

国政から一般企業に拡げられる効果があることです。

 

また、育児に向き合って気付いた視点から

新たな政策をどんどん出してくれたら、

国を変えることに少なからず繋がると思うので、

その第一線を担って欲しいと思います。

 

北欧では男性の1年間の育休も当然であり、

日本は、あまりにも遅れています。

 

私は、国や会社に任せていたら

何も変わらない、自分の人生が終わる、、、

と考えて、起業を選びました。

 

そして、新しい働き方、生き方を

個人の立場から提言する人生を歩んでいます。

 

だからこそ、宮崎議員の言動を支持しています。

 

私自身、母子家庭で育ち、

育児に特別な思いがありますので

このような話題には熱くなってしまいます。

 

ただ、私が思い描く未来展望は、

日本が進むべき道と一致しているはずです。

 

社会全体で新しい命を生み、

育てていくという意識が、

今ほど大切な時は無いのではないでしょうか。

 

あなたはどう思われますか?

 

是非、ご意見をお聞かせくださいね!

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料