■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「極楽」か「地獄」かは、心が決める

2017年08月05日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

少し疲労が溜まっていた妻を自宅で休ませ、

近くに引っ越してきてくれた母を誘って、

子供達と、実家の犬と、皆一緒に

入ることができるカフェで、お食事をしました。

 

 

そして、母が幸せそうに、

息子や娘にご飯をあげている姿を見て、

この話を思い出しました。

 

 

「あの世には、

 地獄も極楽もあると言われますが、

 本当なのでしょうか?

 また、地獄とはどんなところですか?」

 

お寺の修行僧である雲水が、

老師に質問をしたところ、

老師はこのように答えたのです。

 

「お腹が空いている時に、

 ご馳走のうどんを振る舞われたとする。

 

 ただし、ルールがある。

 

 釜を囲んでたくさんの人と一緒に食べること。

 そして、1メートルの箸を使うこと。

 

 この時に、誰よりも先に自分が食べようと

 1メートルの箸でも何とか食べようとし、

 周囲の人が取ったうどんを奪い合い、 

 結局、誰も食べられないのが、地獄。

 

 『あなたから、どうぞ。』

 

 と、箸を伸ばして釜の向こう側の人に

 率先して食べさせてあげて、全員が、

 満足して食べ終えられるのが、極楽だ。」

 

つまり、外見は地獄も極楽も全く変わらず、

心のあり方次第で、全く違う世界になる、

ということなのです。

 

現代社会では、他人のものを奪って

自分のものにしようという方が、

少なくはないように思います。

 

もし、そのような考え方が広がり、

心が毒されていく人が増えていけば、

この世も、地獄になってしまいます。

 

私は、そのような未来は望みません。

 

自ら進んで、

他人にものを与えられるような、

温かい心を持ち続けたいと思います。

 

そして、この世を少しでも、

極楽にしていく力を持てたらと願っています。

 

そんなことを、母と子供達の笑顔を見て、

改めて感じました。

 

読書で学んだことは、

こうして、日常生活の中で、

胸に刻まれていきますね^^

 

追伸;

 

赤ちゃんも、ワンちゃんもOKというお店が、

自宅近くにもたくさん見付かりました!

 

多様なニーズに応えてくれるこの街に、

心から感謝です^^

 

ちなみに、息子が持っている「警察手帳」は、

妻の手作りです!!ww

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

人生の質は「感情」の質

2015年11月28日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

family1128

 

コンラッドでの母の誕生日祝いから戻り、

自宅で息子の2歳11ヶ月をお祝いしています。

 

毎月のお祝いも35回目、早いもので、

来月で3歳になります。

 

「子供は、3歳迄に

 一生分の親孝行をする。」

 

と言われますね。

 

その真意は、現時点では分かりませんが、

息子がこれまでに「かけがえのない時間」を

私達にプレゼントしてくれたことは

間違いの無い事実です。

 

どこに行くのも、何をするのも、

息子が一緒にいることで

その時間の輝きが何倍、何十倍に

なっているのです。

 

そして、息子に向き合う度に、

親への感謝の気持ちが生まれます。

 

妻と私が息子に与えているこれだけの愛を、

私自身も与えてもらったからこそ

今があるのだと思うと、

親に感謝せざるを得ないのです。

 

私と弟は、母子家庭で育ってきましたが、

その分、母との絆が強くなっています。

 

二番目の父は酒乱で暴力を振るい、

家庭内が地獄のようでしたが、

その分、母と私と弟の結束力は更に

強くなっていきました。

 

そして、現在の父はとても優しく、

色々とあった私たちの過去をそっと

癒してくれています。

 

このような歴史の中で、

人生の質は、「感情」の質によって

決まると感じています。

 

もし人生に敵が現れたとしても、

結束して守り合える人がいれば、

人生の質は下がりません。

 

一方、もし裕福であったとしても、

誰かを騙すような生き方をしていたら、

その感情に毒され、人生の質は下がります。

 

ですから、充実した人生を歩むためには、

感情の質を上げていくことに、

力を注いでいくべきです。

 

そしてそれは、

目の前の大切な人のために

しっかりと愛情表現していくことにより

実現すると考えます。

 

どんな困難があっても、

私と弟を守り抜いた母が、

現在、周囲の人間から

たくさん愛されていることが

何よりの証拠です。

 

私も、妻も、

より充実した人生を歩むため、

息子を共に守り、いつまでも

心を温め合えるようにしようと

誓い合いました。

 

あなたも、人生の質を上げるために、

現在の感情を見つめ、その質を上げることを

意識してくださいね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

人生最大の喜びは最愛の伴侶に出逢うこと

2013年07月09日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

0709

私の最愛の2人です。

私の幸せは、
2人の幸せと共にあります。

多くの人が、
結婚は「地獄」とか、
「墓場」とか言いますが、
私は、全くそう思いません。

妻とは、出会ってから8年。

そんなに長く一緒にいると
飽きるでしょ?とか、
まだ好きなの?とか聞かれます。

しかし私は、
愛が無くなるどころか、
8年目の今、
妻を過去最高に愛しています。

こんなに私のことを愛してくれて、
こんなに息子を愛してくれて・・・、
妻には、感謝しかありません。

私は、人生最大の喜びは、
最愛の伴侶に出逢えることだと
考えています。

いくらお金を手にしても、
それをどう使うか計画し、
そしてお金使う過程で
それをどう楽しむかを
共感し合える伴侶がいなければ、
ただの無駄遣いに終わるでしょう。

それでは、虚し過ぎます。

お金を追い掛ける前に、
最愛の伴侶を探しましょう。

恋は突然やって来ます。

私が電車の中で恋したように。笑

1つの出逢いが、
人生を大きく変えるのです。

そして、突然始まった恋から、
愛をどう育んでいくのか。

それはまた今度、
書かせて頂きますね。

 

【無料】月収300万円メール講座

⇒ http://bit.ly/13MImVc

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 

仕事の中に人生を見付けよう

2013年07月08日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

0707_1

大半の人は、
「仕事」と「人生」を分けて考えます。

あるいは、「仕事」は
「人生」の一部と割り切って、
独立した存在と見なしています。

私も、前職の時はそうでした。

平日9時半から17時半の
業務時間は、「耐える時間」として、
人生の中で切り分けていました。

残業の多い部署だと、
21時、22時、あるいは、
深夜1時、2時までが、
「耐える時間」です。

土日の出勤もあれば、
人生ほぼすべて、
「耐える」為に生きていた
ということになります。

仕事は人生の大半を占めます。

仕事が嫌いということは、
人生が嫌いということです。

だからこそ、
私は飛び出しました。

仕事を人生にする為に。

そして今、
仕事が人生であり、
人生は仕事、
と捉えられるようになったことが、
とても幸せです。

あなたがもし、
今の仕事に不満を言いながらも、
転職や独立を選ばないなら、
実は、満足している証拠でしょう。

無駄な不満を重ねて
自分自身や周囲の人を
不快にさせるより、
堂々と、仕事を人生と
言い切ってしまいましょう。

仕事の中に人生を見付けられた時、
私達は「生まれてきた意味」を
掴むことになるのです。

せっかく授かった命。

仕事をどう捉えるかで、
天国にでも地獄にでもなります。

どうせなら、天国にしませんか?

 

【無料】月収300万円ノウハウ公開

⇒ http://bit.ly/13MImVc

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料