■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


一隅を照らす、此れ即ち、国宝なり

2017年01月02日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

妻と8年前に結婚式を挙げた埼玉県の国宝、

「妻沼聖天山歓喜院」を、初詣で訪れました。

 

 

 

ご挨拶した若様が娘を見て、

また家族が1人増えていることをお喜びいただき、

この場所から始まった「妻と2人の旅路」が、

現在、こうして「家族4人の旅」になっていることに、

改めて感謝いたしました。

 

昨日の元日には、2017年の決意として、

「変革力」と「リーダーシップ」を挙げ、

自分だけではなく、周囲の方の人生を変え、

日本社会をも変えていくことを誓いました。

 

しかしながら、このような「大志」を、

初めから持っていた訳ではありません。

 

「満員電車に乗りたくないから、自宅で仕事したいな、、、」

 

「理不尽な上司から指示されたくないから、独立したいな、、、」

 

「家族と会えない生活は嫌だから、自由になりたいな、、、」

 

このような「小志」がきっかけで起業して、

成果が大きくなると共に求められることも増え、

志も、大きくなっていったのです。

 

そうして、

 

「大企業の時代の終焉に伴い、個人の時代を到来させたい」

 

「多少のリスクを背負ってでも、私が一歩前を走りたい」

 

「少子化晩婚化の日本社会に、家族のあり方を示したい」

 

というような意識が芽生えてきました。

 

私が、もし、「小志」を否定していたら、

現在のような「大志」(まだまだ小さいと思いますが)を

抱くことはなかったと思うのです。

 

大晦日の紅白に出演したアーティスト達も、最初は、

 

「異性にモテたい」

 

「有名になってあの人を見返したい」

 

「サラリーマンにはなりたくない」

 

などという動機で、

楽器やマイクを手にした人も多いはずです。

 

それが今では、

 

「聴いてくれる人を笑顔にしたい」

 

「求められる以上の表現がしたい」

 

「日本の文化を世界に届けたい」

 

などという大志につながっているのです。

 

平安時代の僧侶最澄は、

 

「一隅を照らす、此れ即ち、国宝なり」

 

と言いました。

 

1人を笑顔にすることができるなら、

それだけでも、国宝級だということです。

 

社会にいる全員が、

今目の前の人を幸せにすれば、

そして、今いる場をより良く変えれば、

世界は平和になっていきますから、

それ自体が社会貢献なのです。

 

小志をバカにせず、

自分の気持ち11つに丁寧に向き合えば、

人生は変わっていくし、それがやがて、

社会を変えていくことにつながるのですね。

 

真剣に前に進もうとすると、

それを笑う人もたくさん出現します。

 

しかし私は、誰かを笑って何もしない人より、

誰かに笑われても走り続けるリーダーでありたい。

 

そんな信念を持って、小志と大志を統合して

進んでいきたいと考えています。

 

追伸;

 

妻と妻の妹が創ってくれたおせち料理が美味しくて、

日本酒が進んでしまうお正月です^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

観光産業のブランディングと、「ゆるキャラ」

2016年08月13日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

ryo_tsubasa20160813

 

 

妻の実家である埼玉県熊谷市に家族で帰省して、

お義父さんや妻の妹家族との団欒を楽しんでいます。

 

東京都内の利便性は素晴らしく、

集まる人材や情報の質がとても高いのですが、

同時に、あらゆるストレスを内包する場所です。

 

ですから、時々、こうして喧騒から離れることで、

心身ともにデトックスされていると感じます。

 

熊谷と言えば、日本一暑い街を競う中の一つで、

市も、「あついぞ!熊谷」事業を展開し、

その暑さを逆手にとったまちづくりをしています。

 

ただ、その具体的な中身はあまり存在せず、

「あついぞ!熊谷」というキャッチコピーと、

「あつべえ」というキャラクターの活用、

というところに留まっています。

 

日本は、このような観光産業のブランディングが

とても下手で、「ゆるキャラ」を作って終了、、、

としてしまうところが多いですよね。

 

熊谷には、「歓喜院聖天堂」という

建造物として県内唯一の「国宝」があり、

2011年に13.5億円の費用を掛けた修復工事が完了し、

とても美しい極彩色の彫刻が蘇っています。

 

私達夫婦は、お義父さんや妻が長くお世話になってきた

この聖天堂で、結婚式を挙げさせていただきました。

 

このような経緯もあり、

歓喜院の素晴らしさを認識しているからこそ、

私は、もっと、この国宝が持つ魅力を

PRすべきだと考えています。

 

市外、県外に、

その価値が全く伝わっていないことが、

とても残念に思えるのです。

 

観光産業のブランディングと広義に考えると、

これは熊谷だけの問題ではありません。

 

今後、日本経済を活性化するための起爆剤として、

「観光産業」は欠かせない訳ですから、各都市が、

真剣に考えなければいけないことだと思います。

 

先日訪れた名古屋も、

ゆっくり観光させていただくと

素晴らしい場所がたくさんあるのです。

 

しかしながら、「名古屋は観光スポットが無い」

という烙印を押されてしまっていて、それはつまり、

ブランディングが失敗している証拠ですね。

 

「はち丸」などの「ゆるキャラ」頼りではなく、

また、リニアの完成を待つまでもなく、

名古屋の価値を正しく伝えることができれば、

現在の何倍も観光客を誘致できると感じました。

 

例えば、埼玉県の川越市は、

江戸時代に城下町として栄えた古い街並みを活かし、

改めて、「小江戸」と称してPRすることで、

年間の観光客数を2003年の400万人から、

2014年の660万人と、10年で1.5倍以上にすることに

成功しています。

 

川越にも、「ときも」という

「ゆるキャラ」が存在していますが、

「小江戸」の観光資源を上手に伝えたことが

成功要因であることは間違いありません。

 

日本は、「ゆるキャラ」への依存から卒業して、

潜在的に持っている力を存分に発揮するべきですね。

 

各都市が、それぞれの資源を上手にブランディングし、

PRを重ねていけば、国内から、海外からの観光客を

もっともっと誘致できます。

 

そして、企業も、個人も、

このブランディングの力が求められている時代であることを、

しっかりと認識したいですね。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料