■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「保育士は誰でもできる仕事」炎上問題

2017年10月18日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

「保育士の給与が低いのは、

 誰でもできる仕事だから」

 

という堀江貴文氏のコメントが

至るところで炎上しています。

 

「誰でも(やろうとしたら大抵の人は)出来る

 (大変かもしれない)仕事だから稀少性が低く

 (コンビニバイトなどと同様に)

 給料が上がらない構造になっている」

 

と、すぐに補足説明しましたが、

保育士の経験者や育児経験のある女性を中心に、

反論の声が多数出ています。

 

私は、自分の子供達に加えて、

親族の子供を何度も預かってきました。

 

それらの経験を通して感じるのは、

保育は、

 

「誰でもできる仕事ではない」

 

ということです。

 

確かに、特別なスキルは必要ないかもしれません。

 

しかしながら、小さな子供への大きな愛があり、

親御さんへのホスピタリティーに溢れた方にしか、

続けられないお仕事だと思います。

 

マニュアル対応で済まないことも多く、

小さな命を守る使命の中で、

大きなストレスを抱える、本当に大変なお仕事です。

 

「保育園落ちた日本死ね」

 

問題で、保育士の若干の待遇改善がありましたが、

まだまだ足りないというのが、私の見解です。

 

一方で、経営・運営サイドも、

もっと努力するべきだと考えています。

 

 

他の保育園と明確な差別化をして、

付加価値を提供できる園は、

経営的にも大成功していますし、

保育士にも十分に、その富を還元できています。

 

その観点では、国の補助金だけに期待せず、

各園が努力するべき余地がまだまだあるということです。

 

さらに、私個人的な見解を述べさせていただくと、

夫婦が協力すれば、保育園は不要だと考えています。

 

私も、息子が2歳の時には、

英語や国際的な感覚を身に付けさせたいと

半年間、高額なインターナショナルスクールに

通わせました。

 

しかし、本人の様子を注視すると、

今は両親と一緒に過ごす時間を求めていると感じたので、

家庭保育に戻し、幼稚園も、年少からの入園を見送って、

年中からの途中入園にしました。

 

時間効率の高いビジネスや投資をすれば、

家族との時間、育児の時間を生み出すことが可能です。

 

人生は、時間を何にどう投資するかによって、

その豊かさが決まっていきますから、

小さい子供と接する時間をできるだけ多く確保するのが、

親の使命だと、私は思います。

 

ですから、私と同じように考える方に、

その方法論をご提示できるよう、

引き続き、再現性の高いビジネスや投資を実践し、

社会に啓蒙していきたいと考えています。

 

追伸;

 

息子は、大人サイズのパスタ1人前を

ペロッと食べるようになりました!

 

 

父親である私は、これからますます、

食費稼ぎを頑張らなくては^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

「革命のファンファーレ」現代のお金と広告

2017年10月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

「好きなことをして生きていけるほど、

 世の中は甘くない」

 

そんな親世代の常識が一気に破壊され、

 

「好きなことを仕事化するしか

 道が残されていない」

 

ような時代が来る。いや、もう来ている。

 

西野亮廣さんの新書「革命のファンファーレ」は、

このようなメッセージから始まります。

 

1万部売れたら大ベストセラーの絵本の世界で、

32万部を売ってしまう男が、

何をどう考えてビジネスでも成功しているのか。

 

私のように起業した人間だけではなく、

これから激変する社会を生き抜くすべての方が、

「吸収するべき叡智」がある本でした。

 

これまでの日本においては、

 

「お金=ストレスの対価」

 

という労働の時代が長く続いていましたが、

これからは、ストレスが掛かる仕事が

どんどんロボットに置き換えられていきます。

 

その変化の中で、「情報量」と「行動力」により、

自分の人生の決定権を手にする覚悟を持つ人間こそが、

勝つ時代になっていくのです。

 

大量の読書をする私にとって、洋書以外で、

この数ヶ月で刺激をいただいた本を

3冊挙げるとすれば、

 

・堀江貴文氏「多動力」

 

・前田裕二氏「人生の勝算」

 

・西野亮廣氏「革命のファンファーレ」

 

です。

 

これら全部、幻冬舎からの出版であり、

見城徹さんが手掛けているものです。

 

私は、見城さんが66歳にして、

時代の先頭にいる方を巻き込む力が

どこにあるのかを分析していたのですが、

先日のAbemaTV「徹の部屋」で、

その一端を垣間見ました。

 

幻冬舎の社員である箕輪さんが、

 

「幻冬舎の給料より、副業の収入の方が大きい」

 

と発言したことに対し、

冗談で怒りながらも、笑顔で応えていたのです。

 

編集者個人が「力」や「人脈」を持ち、

会社の外でも目立っていくことが、

結局は幻冬舎にも貢献することを理解した上で、

 

若い感覚からも学ぼうという姿勢が見られたのです。

実績を出し、偉くなると、

ついつい人を上から見てしまうものですが、

いつまでも周囲すべての方から学ぼうという姿勢が、

斜陽産業である出版業界の中でもずっと、

力を持ち続けることにつながっているのですね。

 

追伸;

 

本棚から3冊を取り出して写真を撮っていたら、

子供達がそれぞれを持ってポーズを決めてくれました^^

 

 

この子達が「革命のファンファーレ」を鳴らす日が、

とても待ち遠しいです!ww

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

スタバ会長のスピーチ「Ubuntu」の意味

2017年05月14日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

「おかあさん ありがとう」

 

息子が手作りの粘土をプレゼントする姿に、

感動している日曜日の朝です。

 

「ありがとう」の意味を理解した上で、

こうして行動できていることに、

息子の成長を感じています。

 

親に感謝し、敬う姿勢の大切さに関しては、

先日、スターバックスのハワード・シュルツ会長が

アリゾナ州立大学の卒業式のスピーチで語っていました。

 

「私が今から話す3つの問いかけを

 心に持ち続けて欲しい。

 

 1.自分の両親を敬い、家族に誇りを持つためには

  どう暮らしていけば良いか。

 

 2.成功を仲間と分かち合い、人々の役に立つために

  どうすれば良いか。

 

 3.人々の人間性を高め、

  道徳的な勇気を奮い起させるために

  何ができるか」

 

これらを考え続けることが大切だとした上で、

 

 「ビジネスにおいて大事なのは、

  経済的価値だけではない」

 

と断言したのです。

 

シュルツ会長は、南アフリカを訪れて、

現地で「Ubuntu」という言葉が

繰り返し使われていることに気付きました。

 

その言葉の意味は、

 

I am because of you

 

心からの感謝の念は、未来を創るということです。

 

だからこそ、

 

「すべての物事を、Ubuntuというレンズを通して

 見るべきなのだ」

 

と語ったのですね。

 

スタバには、租税回避の問題や

その資金の流れ先の問題などがありますが、

上記の視点は、私も大切にしたいと感じました。

 

アメリカでは、ジョブズの

 

Stay hungry, stay foolish

 

など、大学の卒業式で

経営者の名言が生まれることが多いですね。

 

日本でも、近畿大学の堀江貴文氏の講演がありましたが、

社会に出る直前の若者に、素敵なメッセージを送る先人の姿が

もっと増えたら良いなと思います。

 

ということで、本日の「母の日」の写真は、

息子が粘土のプレゼントを頑張って作っている姿と、

「妻」と「娘」の笑顔満開の1枚です^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

トランプ次期大統領「賛否両論」にある価値

2016年11月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

ryo_tsubasa20161111

 

トランプ次期大統領の誕生に世界が驚く中、

私は改めて、

 

「賛否が分かれるものにこそ、価値がある」

 

と感じています。

 

今回の大統領選を振り返っても、

トランプは敢えて、賛否両論を巻き起こし、

知名度を上げて自分の力にしてきました。

 

賛否が分かれるということは、

社会が見つめなければいけない問題が

そこに眠っているということです。

 

それを掘り起こし、ヒール役を演じながら、

国民を巻き込んでいったのです。

 

そして現在、トランプがいよいよ

次期大統領になったことにも賛否両論ありますが、

これも、社会がしっかり見つめなければいけない現実が、

そこにあるからこそだと考えています。

 

私自身も、現在、古巣である電通を糾弾することに

多くの「賛否両論」のご意見をいただいています。

 

私の耳に届くのは、「賛成」が8割、

「反対」が2割程度ですが、社会全体で見ると、

もっと反対が多いでしょう。

 

そして、この事実は、

「電通の問題」を「日本の問題」として

社会全体で考えなければいけないからこそだと

感じています。

 

だからこそ、賛否両論がある以上は、

問題提起し続けることが重要だと思うのです。

 

お世話になった会社への感謝を持つのは当然ですが、

そこに何らかの問題(特に犯罪行為)があったのであれば、

口を閉ざすことなく、社会に真実を伝えることこそが

「正義」だと捉え、私はこれからも発信していきます。

 

なお、トランプ次期大統領はエニアグラムで分析すると、

典型的な「タイプ3」です。

 

私はタイプ4なので、その本質は全く違いますが、

YOSHIKIと同じく、タイプ4でありながらも

タイプ3にスウィングしているのが私の個性なので、

タイプ3の特性も併せ持っています。

 

タイプ3は、幼少期に、親が褒めてくれず、

親に褒められたい願望が強かった方です。

 

このような方は、負けることへの恐怖心を持ち、

すべてを勝ち負けで判断し、負けず嫌いだからこそ、

誰よりも努力して、大きなことを達成する

偉大な力を持っています。

 

だからこそ、良い状態であれば、「大成」するのですが、

悪い状態になると、周囲を見下したり、

自分が少しでも負けたと感じると、

徹底的に相手を攻撃し、傷付けてしまうタイプです。

 

日本人で言うと、堀江貴文氏などです。

 

特に日本においては、自分の適性を知って、

上手にコントロールしないと、

敵を作りやすい側面を持ちます。

 

一方、周囲の方は、

このタイプが本当は弱いことを知って、

しっかり評価してあげることがとても大切です。

 

では、敗れたヒラリーのタイプは何番なのか?

 

どのような特性を持っているのか?

 

11/23(水・祝)、渋谷Hikarieにおいて、

エニアグラムマスターの木村先生に解説していただきます。

 

http://fujisawa-ryo.com/eniamaster_b

 

もうすぐ「満員御礼」ですので、お急ぎくださいね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料