■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


武井咲・TAKAHIRO「違約金10億」報道

2017年09月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

武井咲さんとTAKAHIROさんの結婚に関して、

素敵なカップルを祝福する声が溢れる中で、

「違約金10億円」という報道が出ました。

 

CM契約で「結婚」や「妊娠」が制限され、

それを破ってしまったために、

高額の違約金が発生するだろうというものです。

 

これに対して、

日本エンターテイナーライツ協会は、

 

「タレントたちに対して不当な圧力を与え、

 結婚、妊娠を始めとする

 人間として大切な自由と権利を

 不当に制限する原因となりかねない」

 

として、

事実に即する報道を求める声明を

発表しました。

 

私が広告代理店に勤務していた時、

各タレントさんと仕事をする中でも、

このような問題とは何度も、対峙しました。

 

巨額の広告費を出すスポンサーとしては、

企業イメージを損なうリスクがあることに

大変敏感です。

 

私が関わった広告や番組のキャスティングでも、

タレントさんの自由を奪ってしまう契約だと

感じるものも多々ありました。

 

「それが芸能界という特殊な世界だ」

 

「プロの責任として、当然だ」

 

というご意見があるのも理解できますが、

法律やモラルに反するようなこと以外、

ご本人の大切な人生を破壊してしまうようなあり方は、

絶対に改善すべきだと考えていました。

 

私自身が学生時代、芸能界に興味を持っていたのに、

入社後に急にその興味を失ってしまったのも、

このような裏側を知ったことによって、

タレント達が、広告代理店、マスコミ、

そして、芸能事務所などの「奴隷」のように

見えてしまったからです。

 

私は、どのような職を選んでも、

最低限の自由を得られる社会であって欲しいと

心から願っています。

 

また、現在の若い世代に

とても人気があるお2人ですから、

 

「結婚したのに罰せられるんだ」

 

「子供を授かったのに祝福されないんだ」

 

という偏った印象を、

未来を担う若い方に与えてしまうのは、

「少子化」が「国難」である日本にとって、

絶対に避けなければいけないことだと思います。

 

さらに、もう一歩踏み込んで言わせていただくと、

タレントの力に頼り過ぎている日本の広告制作も、

改革が必要だと感じます。

 

それぞれの立場によって、

見え方が全く違う問題だと思いますが、

私個人的には、様々なリスクも想定した上で、

自分の幸せな人生を選んだ武井咲さんの

覚悟を評価し、祝福したいと考えています。

 

あなたは、どう感じていらっしゃいますか?

是非、ご意見くださいね^^

 

追伸;

 

最近、娘がウィスキーのビンにはまっていて、

昨夜はビンを持ったまま寝てしまいました。

 

 

娘が子役タレントだったら、

このような写真も大問題になるかもしれませんね!w

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

電通の元上司にいただいた年賀状の衝撃

2017年01月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

妻の実家で和室の心地良さに熟睡する子供達を見て、

心が癒されていたお正月でしたが、自宅に戻り、

年賀状を受け取って、その中の1枚に衝撃を受けました。

 

「年末で、TさんやKが会社を去りました。

 私もネクストキャリアを真剣に考えています。」

 

送ってくださったのは、電通の元上司Sさん。

 

Tさん、Sさん、Kさんの3人は、

私の電通人生の中でも大変お世話になった、

社内には珍しい、愛のある方々でした。

 

私が新入社員の時に暴力を振るってきた上司や、

その劣悪な環境を改善する意識が全く無かった

当時の管理職などとは大違いで、

人間味のある、尊敬できる上司達だったのです。

 

私が過労で入院したり、病気を抱えた時も、

仕事のことなどより、

私の身体のことを心配してくれました。

 

私が異動となり部下では無くなった後でさえも、

定期的に連絡をくださって、

私のことを心配し続けてくれた方達です。

 

昨年、各マスコミと共に

電通に切り込む報道をする際には、

電通社内にいるお世話になった元上司の顔が浮かび、

心苦しくなることもありましたが、

その代表的な3人でもあります。

 

そんな3人のうち2人が、昨年末で退社し、

残る1人も、次のキャリアを検討しているという事実に、

電通社内の大混乱が垣間見えます。

 

悪しき文化に染まらず、

改革していこうとする社員が離れ、

部下をアゴで使うような、

古い体質の社員が残っている現実に、

電通の未来がとても不安になりました。

 

電通には、抜本的な改革をして、

もう一度輝いて欲しいという私の気持ちは変わりません。

 

しかしながら、その可能性は、

急激に低くなっているように思います。

 

年末の「SMAP×SMAP」最終回で、

ソフトバンクの一夜限りのスペシャルCMを創った

クリエイティブ・ディレクターの澤本嘉光さんのように、

斬新な企画力と実行力があるのが、電通の強みです。

 

SMAP→SoftBank」だったロゴを

SoftBank→SMAP」とした上で、

最後のお父さん犬のセリフ、

 

「さよならじゃ、ないよな」

 

は、多くの方の感動を呼びました。

 

澤本さんがまだ電通にいることは安心材料ですが、

優秀な社員が続々と退社している現在、

 

「さよならじゃ、ないよな」

 

が、電通社内にも向けられた言葉なのではないかと、

勝手に想像してしまいます。

 

その言葉の宛先は、説明責任を果たさずに、

改革を実行せずに辞任を発表した石井社長なのか、

他の役員や社員達なのか、あるいは、

自分自身になのかはわかりませんが、、、

 

私は、電通を離れた方達が、

別の形で社会を改革していくこと、

そして、電通に残る決意をした方達が、

社内を改革し、その変化を社会に示していくこと、

それぞれを望んでいます。

 

その上で、私自身は、引き続き、

「個人の時代」を到来させるべく、

努力を続けていきますね。

 

Sさん、私が退社してから4年以上経つにも関わらず、

いつまでも私を見守り、

こうして年賀状も送ってくださって、

心より、御礼申し上げます。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

週刊文春「電通の真実」激震ドキュメント

2016年12月15日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

 

ベッキーの不倫報道などスクープを連発し、

2016年の多くの話題を放ってきた週刊文春が、

「電通の真実」を報じています。

 

 

 

1.電通社員にライターで焼かれた女子大生

 

2.労基署に行けば解雇と通告された契約社員

 

3.ライザップへ3億円恐喝未遂で懲戒解雇の元社員

 

4.森喜朗に400万円献金、東京五輪をめぐる蜜月

 

今回の記事化にあたり、私も週刊文春の記者さんから

複数回、ご取材いただきました。

 

そして、彼らがこれだけのスクープを出せる勝因を

目の前で見せていただきました。

 

文春の記者さんは、「1行の裏取り」のために、

莫大な時間とお金を掛けるというポリシーで挑みます。

 

その過程では、取材に掛けた時間やお金が

全くの無駄になることも、当然、多くあるそうです。

 

しかしながら、たとえそうなったとしても、

「疑わしきは罰せず」という精神で挑み、

明らかに「黒」であると確定したことだけを

記事にしています。

 

また、お金目的のタレコミは相手にせず、

自らの足で掴んだ情報だけを報じているのです。

 

社員手帳から「鬼十則」を削除するなど、

表向きには、少しずつ変化を見せている電通。

 

ところが、これだけ社会で問題視される中で、

女子大生の腕をライターで焼く社員がいるなど、

言語道断でしょう。(この事件は報道過熱後)

 

文春の記者さんは、こうおっしゃっていました。

 

「今回、取材を進める中で、

 驚くべき電通の実態が明らかになりました。

 1度徹底的に糾弾し、改革を促さなければ、

 電通も日本も変わらないでしょうね。」

 

私も、「長時間労働」だけではなく、

パワハラ、セクハラなどが横行する

電通社内の悪しき文化を変えなければ、

何も変わらないと訴え続けてきました。

 

ですから、今回の記事で指摘されたように、

電通の中に眠る異常な体質を早急に変えることが

極めて重要だと考えています。

 

また、昨今の電通の問題に対しては、

 

「電通をスケープゴートにするな」

 

という声も大きくなってきましたが、

私は、罪を犯した人や組織は糾弾されて当然であり、

その原因や改善策を社会で考え、

当事者以外の個人や組織の「教訓」へと昇華することが

社会を変えることにつながると考えています。

 

そして、記事の中でも触れられている通り、

「クライアントの何でも屋」である電通の問題は、

仕事を与えるクライアント側にも元凶があるのではないか、

という視点も含めて、引き続き、考察すべきだと思います。

 

インターネット広告の不正請求という詐欺事件の詳細、

強制捜査の結論が発表されるであろう年末年始、

電通が社会にどう発信し、どう変化していくのか、

私自身も古巣の言動を見つめて考察した上で、

あなたの考える機会にもしていただきたいと願っています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

成宮寛貴「引退」と「報道」のあり方

2016年12月10日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

週刊誌のスクープ競争が激化している中で、

私は報道が行き過ぎることを懸念していました。

 

そして、今回の「FRIDAY」による

成宮寛貴さんの薬物使用等に関する記事は、

明らかに一線を越えていると感じます。

 

コカイン等の薬物使用は現時点では確認されず、

個人でできる尿鑑定では陰性だったことが

所属事務所から発表されています。

(病院での検査は未だの模様)

 

また、本人が隠していたセクシャリティの部分を

広く社会に周知してしまった報道のあり方は、

たとえ薬物使用が「真実」だったとしても、

大変疑問に感じます。

 

何らかの罪を犯した人や組織は、

その罪においては糾弾されるべきですが、

それとは全く関係のない部分に関しては

侵されるべきではないと考えるからです。

 

私は電通勤務時代に複数のメディアの方とお付き合いし、

最近は電通の実態をどう伝えるかに苦慮してきたので、

「報じる側」が抱える葛藤も知っています。

 

例えば、今年、

数多く報じられた「不倫」の問題においては、

その報道が人の人生を大きく狂わせます。

 

ですから、「疑わしきは罰せず」で、

決定的証拠を掴まない限りは、

報じてはならないと考えます。

 

しかしながら、「推測」で記事にされ、

それを社会が「事実」として受け止めることも

少なくなかったと感じます。

 

来年以降、このような報道のあり方は

社会の中でさらに疑問視されていくでしょう。

 

私がこれまで一緒にお仕事をさせていただいた

新聞・雑誌の記者さんやテレビのディレクターさんは

この観点で見て、信頼できる方だけを選んできました。

 

記事にインパクトを持たせるためだけに

私の見解を捻じ曲げて取り上げようとする方は、

取材をお断りさせていただきました。

 

そのような意識で出会った方の中には、

社会に「改革」を起こす気概で取り組んでいる

「真のジャーナリスト」だと感じる方もいらっしゃり、

そのプロフェッショナルとしての姿勢から

学ばせていただくことも多くありました。

 

現在、私は、その中のお1人、

信頼できる記者さんとタッグを組み、

ある総力取材の記事化を進めています。

 

その工程では、今回の報道によって

成宮さんを「引退」にまで追い込んでしまい、

社会の中に「廃刊」を望む声が拡がっている

FRIDAY」の記事のあり方を反面教師にして、

決定的な「罪」だけに迫ろうと考えています。

 

個人的に、成宮さんは大好きな俳優でした。

 

母子家庭で育った後、14歳で大切なお母様を亡くし、

1人で、弟のために頑張って働いてきた生き方も、

心から尊敬していました。

 

薬物の件は現時点では不明ですが、

セクシャリティを面白おかしく書いた「FRIDAY」、

そして、その情報源となった友人達の罪は

とても大きいと考えています。

 

社会の中にある問題をどう捉え、どう伝えていくか、

これは「1億総ジャーナリスト」となる未来を前に、

私達全員が考えなければいけない問題ですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「レコ大」1億円買収報道とHIRO社長退任

2016年10月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

family20161027

 

三代目JSBTBS「レコード大賞」の受賞を

1億円で買収した」決定的な証拠が報じられ、

その裏で、所属事務所LDHの社長HIRO

退任を発表しました。

 

音楽を愛する心がある人であれば、

最近のレコード大賞には明らかな

違和感を覚えていたはずですから、

この報道も、あまり驚かれていません。

(本当の音楽ファンは、あの番組を見ないでしょうが)

 

ただ、1億円の生々しい請求書という

物的証拠が出てきていることに対し、私は、

芸能界、マスコミの膿が溜まりに溜まり、自ら、

その膿を出さざるを得なくなっている苦境を感じます。

 

私自身、音楽の世界に夢を見た1人です。

しかし、電通に入社してから、

その裏側のあまりにも汚い部分を見てしまい、

それ以前に憧れていた輝かしい舞台を

嫌悪するようになりました。

 

そして、その一方で、

業界の汚さを知りながら、それでもなお、

自己表現を志すアーティストの苦悩を

悲しく見つめていました。

 

その視点で見ると、

LDHを代表するアーティストATSUSHIが、

海外音楽留学を理由に

EXILELDHと距離を置いているのは、

業界のあまりの汚さに嫌気が差したことが主因だと

捉えています。

 

LDHは、今回の問題だけではなく、

パワハラなどの企業体質が指摘されています。

ところが、これらの説明責任を負う社長のHIROが、

このタイミングで退任してしまうのは、

看過できません。

 

成功の賞賛だけ浴びて、糾弾から逃げる姿勢は、

リーダーとして失格です。

 

LDHの売り上げを支えてくれたファンの皆様への

裏切り行為です。

 

利権を握る人間が、裏側で汚い金儲けをするのは

歴史の中で繰り返されてきました。

 

清濁併せ吞むことができないと、

ビジネスで成功できないのも事実かもしれません。

 

しかし、私は、

若い人の夢や希望を奪うようなことは、

撲滅しなければならないと考えます。

 

日本がもう一度輝くためには、

若者の健全な夢や希望が絶対的に必要です。

 

そのためにも、溜まった膿を出す自浄作用を

社会全体が求めていくべきではないでしょうか。

 

広告業界、マスコミ、芸能界、、、

 

古過ぎて、汚過ぎる世界を、

少しでも美しくしていくことが、

それらの世界の中心に存在する電通を卒業した

私の使命の一つだと捉え、努力していきたいと思います。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

殺人会社は、もっと糾弾されるべきだ

2016年10月09日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_aoi20161009

 

電通で過労死した女性社員が、もしも、

自分の娘だったらと想像すると、さらに、

怒りと悲しみがこみ上げてきます。

 

巨額の「不正請求」と若い命の「過労死」、

あってはならない悲劇を起こした電通には、

もっと、社会的制裁を加えるべきです。

 

しかしながら、テレビなどでの報道は、

淡々と事実を伝えるばかり。

 

芸能人の不倫など、くだらない話は

必死に追い掛けて取材するのに、

殺人を犯した会社を糾弾しない姿勢は、辟易します。

 

周知の通り、広告を電通から受注する立場にある

各マスコミ企業には、今回の事件の真相などを

報道できるはずが無いのです。

 

電通が圧力を掛けていたのは過去の話で、もう、

そこまでの力はあの会社に残されていないでしょうが、

「触らぬ神に祟りなし」だということです。

 

そして、もう1つの大きな問題は、

電通の業務領域はB to Bで、

消費者には直接対峙しないということです。

 

過労死事件を起こしたワタミ、

不正会計をした東芝、

燃費試験で不正をした三菱自動車など、

消費者と向き合う企業が不祥事を起こした場合、

大なり小なり、企業業績に影響します。

 

しかし、電通の場合はこれがほとんど無い。

だからこそ、古い隠蔽体質やブラック企業体質が

時代錯誤となった現在でも、存続し続けているのです。

 

その一方、今回亡くなった女性社員に対して、

「月100時間程度の残業で過労死するのは情けない」

という声が出ていることは、決して許せません。

 

そもそも、彼女が残している、

 

「会社に20時間いる」

 

12時間しか寝られない」

 

などのメッセージから勘案すると、

実際の残業時間は200時間を超えていた

可能性があります。

 

私が電通で勤務していた時代も、

100時間、200時間残業していても、

36協定の70時間以上はつけてはいけないと、

暗黙の了解で守らされていました。

 

そして、そのサービス残業を武勇伝のように話す

洗脳された社員も多数いました。

 

ストレス耐性の強い人間は、

このような環境でも耐えられるかもしれません。

しかし、亡くなった女性社員は、

中学生の多感な時期に親の離婚を経験していて、

精神的に強くない部分があったと推測されます。

 

私自身も、小学校で離婚を経験し、

中学校で再婚を経験しているので、

それらが子供にどう影響を与えるかを知っています。

 

社員は11人、違う特性を持っています。

 

それなのに、全社員を根性論で同じ色に染めようとする。

 

そこに、最大の問題があると考えています。

 

彼女には、もっと輝ける場所があったはずです。

 

早くに私と接点を持っていれば、

堂々と有給休暇を活用して休むことを助言できたし、

電通の看板を外しても起業して強く生きていく道を

教えてあげることができた。

 

本当に、悔やまれます。

 

私達は、自由に生きるために生まれてきたのです。

 

そして、自由に生きるための最大の武器が、

インターネットです。

 

これ以上の犠牲者が出ないために、

私の発信力を高めていくと同時に、

マスコミが糾弾しないなら、元社員である私が、

電通を糾弾し続けていきたいと思います。

 

そのためにも、まだ力不足の私には、

あなたの力が必要です。

 

昨日の記事に引き続き、こちらの記事を、

あなたの媒体でシェアして、拡散していただけませんか?

 

何卒、宜しくお願い致します。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

有料

「JT」と「電通」が露骨な「報道操作」

2016年08月02日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

 

ryo_aoi20160802

 

都知事選の「偏向報道」によって、

「報道のあり方」を見つめ直している方が

少なからずいらっしゃるようです。

 

私は、メディアリテラシーを高めることが、

日本人の脳を活性化させると考えています。

 

これまでは、マスコミの情報を鵜呑みにし、

「考える力」さえも奪われていた現実があります。

 

このままにしていたら、

日本人の能力、日本の国力は下がる一方です。

 

触れた情報の真偽を自ら確かめ、

能動的に周辺情報を探り、

自らの判断で行動していくことが、

とても重要なのです。

 

ですから、

メディアリテラシーの高い

言動をされる方が増えていくことは、

とても良いことだと思います。

 

マスコミをただ非難するだけではなく、

そこに自分なりの見解を添えて、

周囲の方に「考える機会」を与える意識を

持ち続けていただきたいと思います。

 

さて、このような観点で注目すべきは、

月刊誌「選択」7月号に掲載された

 

JTと電通が露骨な「報道操作」』

 

という記事です。

 

私の古巣である電通とJTが、

新聞や雑誌に対して、

タバコに関する偏向記事掲載を

迫っているというものです。

 

年間200億円もの広告費を出稿するJTは、

企業広告費の額が上位50社に入り、

マスコミに対して多大な影響力を持ちます。

 

さらに、JTは「定価で広告を出稿する」

数少ないクライアントの一つですから、

マスコミも頭が上がらないという構造にあります。

 

その中で何が起こっているかというと、、、

例えば、「世界禁煙デー」である531日の翌日、

厚生労働省は、受動喫煙に関する死亡者数が、

6年前の年間6,800人から倍増し、

年間15000人になったと発表したのですが、

一部の新聞紙は、これを完全に無視しました。

 

電通とJTが、新聞に対して

明らかに圧力をかけているのです。

 

また、ある新聞紙の記事では、

「禁煙によってストレスが高じてしまう状態なら、

 無理して禁煙するストレスの害のほうが大きい」

という記事が、意図的に掲載されました。

 

良く見れば不自然な記事なのですが、

「喫煙によるストレス解消という効能」を

巧妙に潜り込ませているのです。

 

広告代理店関係者は、取材に対し、

 

JTだけは、タバコに関するものは

 どんな記事でも報告を要請する。

 他の企業は、そこまで求めないのに。」

 

と打ち明けており、

元同僚の顔が浮かんでいます、、、

 

喫煙への風当たりは厳しくなっていますが、

メディア側の報道抑制が無ければ、

もっと大きな逆風が吹いてもおかしくないのです。

 

私は、このような報道のあり方に疑問を持ち、

それが、電通退社の要因の一つになりました。

そして、社会全体を、

公正な報道を実現できる環境に導きたいと

真剣に考えています。

 

今回、その一環で、某週刊誌の取材を

受けさせていただくことになりました。

 

「電通特集」として、

30ページにわたり電通の実態が取材される中に、

私が登場いたします。

 

8月中旬に発売となりますので、

また改めて、お知らせさせていただきますね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

東京都知事選におけるテレビの「偏向報道」

2016年07月31日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_tsubasa0731

 

今回の東京都知事選のテレビ報道に関しては、

明らかに偏向報道だったと感じます。

 

各局とも「主要3候補」以外の候補が存在せず、

「この3人から選べ」というような内容でした。

もちろん、全く政策を持たず、

売名のために立候補したような候補者まで

平等に扱うべきだとは思いません。

 

また、私が、「あの3人以外から選ぶべき」という

ポジショントークをするつもりもありません。

 

しかしながら、明らかにバランスが悪過ぎます。

 

幸福実現党による実態調査によると、

各局の「主要3候補」:「その他候補」の

7/18-22における報道時間のシェアは、下記の通りです。

 

・日本テレビ「NEWS ZERO 97%3%

 

TBSテレビ「News2397%3%

 

・フジテレビ「ユアタイム」98%2%

 

・テレビ朝日「報道ステーション」97%3%

 

・テレビ東京「WBS」報道無し

 

NHK「ニュースウォッチ954%46%

 

マスコミによる情報統制は周知の事実ですが、

その認知が拡大している社会情勢に屈することなく、

各局が裏で話し合っているような報道をするのは、

とても残念です。

 

本来であれば、各局ごと、各番組ごとに、

各候補の政策をしっかり見つめた報道をするべきです。

 

また、公職選挙法でも、

「選挙の公正を害してはならない」と

明確に書かれています。

 

この点に関して、その他候補の中の有志6名が、

今回の不公正な報道姿勢に対する要望書を

民法4社と放送倫理・番組向上機構(BPO)に送り、

選挙戦後半は、多少改善されたように思いますが、、、

 

報道のあり方は、今後も、抜本的な改革が必要でしょう。

 

さて、私が主張したいのは、

 

「テレビを疑うべきだ」

 

ということだけではありません。

 

「自分を疑うべきだ」

 

ということを、強く言いたいと思います。

 

主要3候補以外に、

素晴らしい政策を持った人はいないのか、

その政策を探す手段は、どこにもないのか、

与えられた情報だけで考える自分に疑問を持ち、

自ら動いていく思考を大切にするべきだと思います。

 

我が家で都知事選を妻と議論している間、

まだ3歳の息子でさえ、

 

「なんで、3人しかテレビに出ないの?」

 

と言っているくらいです。

 

素直に、「なぜ?」と捉えるフィルターがあれば、

目の前のことを疑う力を持てるはずですね。

 

つまり、私達が最も疑うべきは、

「自分の思考」だということです。

 

舛添前都知事も、猪瀬前都知事も、

選んだのは東京都民です。

 

その責任を感じながら、

私達は各々の明確な判断で、

貴重な1票を投じるべきだと思います。

 

それでは、

雨が上がり、晴れ間が見えてきたので、

家族で投票所に行って参ります!

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料