■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「顧客のために」から「顧客の立場で」へ

2017年04月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

商品やサービスが「売れない」と悩んでいる方は、

「顧客のために」と考えていることそのものに

原因があることが多いと感じます。

 

顧客のニーズが目まぐるしく変化する時代、

過去の経験や既存の概念をもとに

顧客の求めるものを「決め付け」て、

思い込みで売り付けているのです。

 

そのような態度だと、顧客はますます、

買わなくなってしまいます。

 

変化が激しい時代だからこそ、

私達は「顧客のために」ではなく、

「顧客の立場で」考えることが必要なのです。

 

このことは、子育てにおいても、全く同じです。

 

「子どものために」

 

という気持ちが行き過ぎて

強く叱ってしまうことは、実は、

子どものためになっていません。

 

自分の経験や常識から、

 

「子どもはこうあるべきだ」

 

という思考や感情を優先させて叱ることは、

子どもが本当に必要としていることと違うのです。

 

日々成長して、取り巻く環境も変わる中、

「子どもの立場で」考え、その上で、

改善すべきことを丁寧に教えてあげれば、

子どもの反応も大きく変わります。

 

商売の話に戻せば、たとえば、ヨーカ堂は2008年、

期間中に買い上げたレシートの合計額5000円ごとに、

ガソリン1リットル10円割引券をプレゼントし、

前年同期比20%増の売上高を実現しました。

 

当時は、記録的な原油の高騰で

ガソリン価格の上昇が続いていたので、

その消費者心理に対して、

「顧客の立場で」考えたサービスをしたからこそ、

成功するキャンペーンになったのです。

 

もし、「顧客のために」という発想だけなら、

ただの値引きキャンペーンに終わり、

ここまでの売り上げにはならなかったでしょう。

 

刻一刻と変化する社会を注視しながら、

顧客の立場で考え続けることに、

ビジネスの成功もあるということですね。

 

追伸;

 

金の舌を持つ大人のための、代官山「kintan」。

 

 

 

極上の和牛だけではなく、

キャビア、フォアグラ、トリュフを味わうコースは、

お肉と同時に「たまには贅を尽くしたい」顧客の立場を

しっかりと理解していると感じました^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

天野裕之さん直伝の「せどり」初体験!

2016年07月25日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

amano20160725

 

大学の先輩でもある天野裕之さんの素敵な企画で、

「せどり」を初体験させていただきました!

 

先日ご紹介させていただいた天野さんの書籍、

Amazon転売 売上アップの絶対法則 70」の

出版応援感謝プレゼントということで、当選者8名を

せどりツアーに無料ご招待してくださったのです。

 

当日に参加したのは、なんと、私1人!!

遠方の方も多かったとのことですが、

天野さんから直接学べるチャンスを逃すなんて、、、

本当にもったいないです、、、

 

でも、おかげさまで、天野さんを独り占めする

贅沢な時間を過ごさせていただきました^^

 

天野さんの車に乗せていただいて、

最初に入ったのは、都内某所のCDショップです。

「せどり」という言葉は、

本、CDDVDなどの知識が豊富な方が、

それらの「背表紙」を見ただけで高額商品を見分け、

利益を得ていく姿を「背取り」と呼び、

拡がっていったそうです。

 

その原点でもあるCDでの利益を狙い、

高額商品を探しました。

 

「◯◯◯というアーティストの

 △△△というアルバムは高く売れるんですよ!」

 

「セール品の中にある、◯◯などは、

 大きな利益が眠っていることもあるんです!」

 

 

「プレミアム商品となる限定版は、

 CDの◯◯に隠されていたりします!」

 

などという天野さんの情報に大興奮!

 

スマホアプリでバーコードやジャケットを読み取り、

一瞬で利益を確認できる様子にも感動しながら

色々と探しましたが、残念ながら見付からず、

早々に次のホームセンターに向かいました。

 

セール品のボックスがグチャグチャになっていて、

 

「同業者にすでに荒らされている」

 

つまり、セールを狙ってプロが来た後だったようです。

 

なんだか、犯人を追い掛ける

刑事になったような気分です!w

 

続いて訪れた近くのホームセンターでは、

利益が出る商品が続々と見付かりました。

 

店舗での売り場の見方、値札の違いなど、

短時間で利益を出す方法を細かく教えていただき、

気付いたら、目の前に5万円以上の利益が出る商品が

積まれていました。

 

ゆっくりご説明いただいた時間を省くと、

実質、30分程度でしたから、「時給10万円」です!

(出品、FBAへの配送時間等は別途必要です)

 

売っている場所による同じ商品の価格差は、

これからも永遠にあり続けるでしょうから、

このビジネスは本当に堅いですね!

 

アプリもどんどん進化していますから、

買い物を楽しみながら、誰もが、

利益を出すことが可能だと確信しました。

 

とは言え、何も勉強せずにスタートすると、

在庫を抱えたり、手数料の計算ミスなどで

赤字になるリスクがあるでしょう。

 

天野さんのようなプロの本で学んだり、

直接指導していただくことで、

着実にステップアップしていくべきですね!

 

「安く仕入れて、高く売る」

 

ビジネスの原点を目の前で示していただいた、

最高のせどり初体験でした!

 

天野さん、本当にありがとうございました!!

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

億を生み出す「プリ・ショット・ルーティン」

2014年10月27日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

train1027

 

売上が1億を超える規模のキャンペーンで

インタビュアーをさせて頂く機会が

増えてきました。

 

その撮影現場は、

本当にエキサイティングなものです。

 

自分が主役の現場と同等か、

それ以上に興奮します。

 

何故なら、

自分の所作や発した言葉で、

会場の空気感が変わり、

それが直接、売上を変動させるからです。

 

ご覧になっている皆様に

商品やサービスの魅力を

しっかり伝えられるか、

熱が届けられるか。

 

その勝負は、

現場の空気で決まります。

 

そしてそれは、

第一声を発して、

進行していくインタビュアーに

掛かっているとも言えます。

 

その分、

責任が重大ですので、

とても緊張します。

 

その緊張を和らげて、

集中力を高める為に

私が意識しているのが、

「プリ・ショット・ルーティン」です。

 

これは、

プレッシャーの中で

試合に臨むアスリートが使う

スポーツ心理学に基づいています。

 

例えば、

イチロー選手は、

いつも右手一本でバットを持ち、

左手を右肩に添えますね。

 

その前から、

バッターボックスに入る前のストレッチ、

ウェイティングサークルから

バッターボックスに辿り着く歩数など、

寸分の狂い無く行っています。

 

そのルーティンが、

不安や恐怖を打ち消して、

本来の力を引き出すのです。

 

私の場合は、撮影直前に、

お手洗いで冷たい水を顔に浴びて、

鏡に映る自分を見つめます。

 

そうすることで

スイッチが入った状態になれます。

 

どんな動作で気合いが入るかは、

人それぞれ違うと思います。

 

あなたにぴったりの

プリ・ショット・ルーティン、

見付けてみて下さいね!

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Free Agent TRIBE Project】

 

半田やすひろさんと私が、

組織に依存せずに働く仲間を

拡大するプロジェクトです。

 

→ http://t.fujisawa-ryo.com/fatp

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

14万人の熱狂とワンアンドオンリー

2014年06月02日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

 

derby 2

 

14万人が集結した東京競馬場で、

馬主席からの競馬観戦に熱狂しました。

 

「日本競馬の代名詞」

とも言える日本ダービーは、

優勝賞金2億円、馬券売上235億円。

 

2分の勝負に、

あらゆる夢が舞うのです。

 

私はこれまで、

 

「競馬はギャンブルだから・・・」

 

と、観戦も賭博も、

敬遠していました。

 

しかし、

間近で見る競走馬の美しい馬体や、

雷鳴のような14万人の歓声、

眼下に広がる綺麗な緑の2400mの芝など、

そこに私が感じたのは、

「エンターテインメント」でした。

 

人生において、

食わず嫌いはせず、

何でも一度は体感すべきだと

改めて感じましたね。

 

レースの結果は、

優勝馬 ワンアンドオンリー、

優勝騎手 横山典弘さん、

7年ぶりに競馬観戦された皇太子さま、

全員の誕生日が同じ2月23日という、

運命を感じるものでした。

 

単勝でワンアンドオンリーに賭けた私は

運良く勝つことが出来たのですが、

前後レースで大きく負けてしまい・・・

収支はトントン・・・。

 

そして、

勝負を楽しんだ後、

馬主席にご招待して下さった

M氏の友人である某野球選手と

ご一緒しました。

 

「お世話になった先輩が

 次々とクビになる厳しい世界。」

 

というお話をお聞きして、

プロ意識の重要性を学びました。

 

常に自己成長を志し、

ストイックに努力を続けないと、

いつかお客様、関係者から見限られる。

 

だからこそ、

徹底して自分に向き合い、

最高の自分と出会う為の戦いを

続けていかなければいけないのですね。

 

誰もが、それぞれの場で

自分自身と戦い続けるのです。

 

「ワンアンドオンリー」を目指して。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

会社は「欲」と「苦」を生み出す装置

2014年05月24日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

 biking

 

会社は、社員や顧客に「欲」を与えます。

その「欲」から、お金を生み出す装置だと

言っても過言ではありません。

 

その仕組みをご説明しますね。

 

会社には必ず、

売上や利益の目標がありますね。

 

その数字がブレイクダウンされて、

各部署や個人に対し、

「予算」として

降ろされていくのです。

 

私が電通において

最後に所属した部署では、

この「予算」を、

役員と一緒に作っていました。

 

このような業務を担当することで、

大きな会社の全体構造を

把握することが出来たのです。

 

そして、会社が生み出す

「欲」と「苦」を知りました。

 

まず、「欲」。

 

会社は、部署や個人が

予算を達成する過程で

 

・出世欲

・金銭欲(昇給、特別給)

・承認欲

 

などを刺激します。

 

そうすることで、

各部署や各個人が競い合い、

それぞれの予算達成を狙うことで

全体として数字が積み上がるのです。

 

もちろん、このようにして

社全体でより良い商品やサービスを生み、

効果的な広告を展開することで

顧客の欲を最大限に刺激し、

お金を頂くというロジックです。

 

続いて、「苦」。

 

上記のような「欲」を持つと、

大半は現実とのギャップが

生じることになります。

 

そしてこれが、

「苦」になります。

 

多くの会社員が、

会社自体を「苦」と感じるのは、

このような理由です。

 

それでは、

「苦」を感じない為にと

「欲」を無くしてみましょう。

 

すると残念ながら、

 

・出世欲

・金銭欲(昇給、特別給)

・承認欲

 

の無い社員は

社内での評価を下げるだけです。

 

いずれにしても、

「苦」として自分に跳ね返る

ということですね・・・。

 

このような環境下で

「苦」を避ける為には、

自分が自分を正当に評価することです。

 

会社の評価は会社に任せる。

 

その上で、自分は自分で

自分のことをしっかり観察し、

プロセスを見守っていくことです。

 

会社に与えられた「欲」に振り回されると、

心身共にダメージがあります。

 

ですから、

会社からの「欲」はほどほどに、

自分自身が、自分にとっての評価機関に

なってあげるべきですね。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料