■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「霧島神宮」「桜島」の偉大なパワー

2017年03月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

霧島の山深くに、荘厳にそびえる霧島神宮。

 

 

天孫降臨の神話にある「ニニギノミコト」を祀り、

坂本龍馬とおりょうも訪れた、

由緒ある神社を参拝しました。

 

 

大自然の緑と、鮮やかで朱塗りの豪華絢爛な本殿が、

とても美しく交差していて、静寂の中で、

不思議な力を感じました。

 

 

大鳥居は22.4メートルで、

「西日本一」の高さを誇るそうです。

 

 

また、境内の御神木の樹齢は800年で、

南九州一体の杉の祖先と言われます。

 

 

杉の祖先、、、

 

花粉症で悩む現代人は、

複雑な感情も覚えそうですね。

 

私も花粉症持ちなのですが、

ご利益を有り難く受け止めつつ、

その後しばらく、くしゃみと目の痒みを

味わわせていただきました。w

 

続いて、鹿児島市から見つめる桜島の反対側、

大隅半島から、桜島を半周しました。

 

 

桜島は、現在でも5000人が暮らしています。

いつ、大噴火が起きるかわからない中で、

桜島を愛し、住み続けている方がいるのです。

 

 

経済的な理由も含め、様々な要因があるでしょうが、

日本に住む限りは、大なり小なり、

自然災害のリスクと隣り合わせです。

 

それこそ、私のように東京に住み続ける人間も、

近いうちに起こると言われる関東大震災と

向き合わなければいけない日が、必ず来ます。

 

このような国民性、

世界の中では、奇異に映るかもしれません。

 

 

しかしながら、快晴に恵まれた中で、

雄大な桜島を間近で見つめながら、

ここから離れられないという感情も、

私は、理解できると思いました。

 

 

さて、フェリーで薩摩半島に戻り、

天文館を散策しましたが、

この辺りから感じられる昭和の香り、

とても好きです。

 

 

特に、路面電車の風情ある景色は、

いつまでも守って欲しいですね。

 

 

そして、お楽しみの鹿児島グルメ、

お昼は「さつま路」でカツ丼、

夜は「黒豚百寛」でさつま料理をいただき、

順調に太っております!w

 

 

ということで、本日が今回の旅の最終日!

 

故郷・鹿児島をたっぷり堪能しますね^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

世界遺産、宮島「厳島神社」へ

2016年09月01日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

hiroshima20160901_1

 

日本三景の一つにも数えられている世界遺産、

朱色の柱が並ぶ回廊や、沖合200メートルにある

大鳥居の景観が美しい、厳島神社を訪れました。

 

hiroshima20160901_2

hiroshima20160901_10_2

hiroshima20160901_10

hiroshima20160901_11

hiroshima20160901_12

hiroshima20160901_16

hiroshima20160901_17

hiroshima20160901_18

hiroshima20160901_19

 

同じ広島県内の数十分の距離の中に、

「負の世界遺産」と言われる「原爆ドーム」と、

こんなにも美しい「厳島神社」という

二つの世界遺産を擁していることが、

広島の大いなる魅力の一つですね。

 

原爆ドームで命の大切さを考えさせられた上で、

人と神々が共に生きるこの美しい島は、

清く正しく生きていくことの大切さを

人々に教えていただいているように感じました。

 

私達は、家族のことだけではなく、

私達に関わってくださるすべての皆様の

ご健康とご多幸をお祈りしてきました。

 

hiroshima20160901_20

 

hiroshima20160901_6

hiroshima20160901_8

hiroshima20160901_9

 

あなたにも届くことを願っております。

この時期は、葉の緑が映え、海の青や柱の赤と交わり、

とても素敵な色合いを見せてくれます。

 

hiroshima20160901_13

hiroshima20160901_14

hiroshima20160901_15

 

1900本のソメイヨシノや、約200本の紅葉もあるので、

春や秋に訪れると、また違った美しさを

見せてくれるのでしょうね。

 

今度は季節を変えて、また家族で訪れようと

妻や息子と誓い合いました。

 

hiroshima20160901_3

 

宮島では、野生の鹿も優しく迎えてくれて、

最初は少し怖がっていた息子も、

おとなしい鹿との触れ合いを楽しんでいました。

 

hiroshima20160901_21

hiroshima20160901_23

hiroshima20160901_4

hiroshima20160901_7

hiroshima20160901_22

hiroshima20160901_24

 

広島駅から25分、フェリーで10分の距離ですから、

あと2日の広島滞在中にもう一度、訪れたいと思います。

夕食は、広島駅にある「酔心」へ。

 

hiroshima20160901_26

hiroshima20160901_27

hiroshima20160901_28

hiroshima20160901_29

hiroshima20160901_30

hiroshima20160901_31

hiroshima20160901_32

hiroshima20160901_33

 

私が電通退社後、ベンチャー企業で共に戦った仲間、

渡川修平君にお勧めしていただきました。

 

現在、複数のプロジェクトを一緒に進行していて、

渡川君が一生懸命働いてくれるからこそ、

私は自由なライフスタイルを送ることができています。

 

ですから、私にとって、

本当に大切なビジネスパートナーの1人です。

 

渡川君、いつもありがとう!

 

お勧めいただいた「酔心」、

広島のカキや瀬戸内海のお魚のお刺身が

とっても美味しかったです^^

 

さて、夜は息子のリクエストで、

急に大好きになった野球を覗くために、

再度、聖地マツダスタジアムへ!

 

hiroshima20160901_5

 

カープはまた圧勝で、ついに、マジック10です。

 

マジック20が点灯してから、1週間で半減ですから、

マスコミ関係の皆さんは優勝に備え、

日々大忙しかと思います。

(その中心にいる、弟の悲鳴が聞こえます!w

広島が活気に溢れる時期に、

この地を訪れることができて本当に幸せです。

 

あと2日間、広島を味わい尽くしますね~^^

 

hiroshima20160901_25

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料