■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


カブトムシの死と、命の尊さの教育

2020年09月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

息子が大切に大切に育てていた、

カブトムシの「ミツ」が動かなくなり、

息子が不思議そうにしていました。

 

ミツは、黒蜜が大好きなメスで、

息子は、朝起きる度に、

 

「ミツ、ミツ、可愛いねー!」

 

と言ってカラダを撫でて、

ミツが大好きな黒蜜のゼリーをあげていました。

 

それが習慣になってから1ヶ月程度で、

突然、動かなくなったミツ。

 

「ミツ?ミツ?なんで動かないの?」

 

大きな声で問いかける息子に、妻が、

 

「ミツは、もう、

 天国に行ってしまったのかもしれないね。

 

 カブトムシは、生きている時間が

 とても短いんだよ。

 

 悲しいけど、天国でつっくんのことを

 見守ってくれていると思うよ」

 

そう伝えた途端、

 

「ミツ!ミツ!どうして動かないの!?

 

 昨日まであんなに元気だったのに、

 あんなに可愛かったのに、

 なんで?どうして??」

 

と、号泣してしまう息子。

 

その様子を見て、妻も泣き始め、

お兄ちゃんとママの急変を見て、

娘も泣いていました。

 

命の儚さを知り、

大切さを知った子ども達を見て、

私も、感極まって、涙。

 

「つっくんに“ありがとう”って、

 ミツは言ってるよ。

 

 大切に育ててくれて、

 本当にありがとうって、

 天国で思ってくれているよ」

 

そう言って慰めながらも、

もっと泣いてしまう子ども達や妻を見て、

私も、胸がとても苦しくなりました。

 

目の前にある命は、当たり前ではない。

 

今日、喜び合えることも、

ぶつかり合うことも、時に、

憎しみ合うことも、すべて奇跡。

 

そんな「生きていることの尊さ」を、

息子の涙に、教えてもらいました。

 

長く生きれば生きるほど、

辛く、苦しい経験もあるけれど、

それを消し去るほどの幸せな経験を、

これから、子ども達にも体感して欲しい。

 

カブトムシのミツとの別れで、

その有り難さを強く感じた「命」に、

心から、感謝しています。

 

追伸;

 

ミツが元気で、息子といつも一緒だった頃の、

息子とミツの写真を5枚、アップしています^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

「電通を、つかえ。」に思うこと

2019年03月04日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

2020年の新卒採用がスタートし、

各企業が様々なキャッチコピーで、

学生に対し、自社の魅力を伝えています。

 

その中で目に付いたのが、

私の古巣である「電通」のコピー。

 

ボディーコピーの一部も含めて、

ここに引用します。

 

「電通を、つかえ。」

 

「さあ、キミは電通をどう使うか。

 個性をどこまでも発揮できる自由が、

 ここにある。

 

 いくつもの常識を超えてきた

 先輩たちがいる。

 

 大きな夢を描くほど、

 世界が広がる出会いが待っている。

 

 荒削りでいい。

 これまでの電通からはみ出していけ。

 

 その先に、無限の可能性があるのだから。」

 

これを受け、電通の企業としての変化を

褒め称える声も散見されますが、

私の目には、過労自殺で亡くなった

後輩の社員・高橋まつりさんが、

天国でこう言っている姿が浮かびました。

 

「私は、電通に、つかわれた。」

 

私自身も、特に若手社員の頃は、

奴隷のように働くことを強いられました。

 

ですから、

 

「電通を、つかえ。」

 

には、強い違和感を覚えます。

 

ただ、あの事件があったからこそ、

 

「電通は、生まれ変わった」

 

という意思表示をしたいのであれば、

上手な「見せ方」だけではなく、

抜本的な変化を、これから、

社会に示して欲しいと思います。

 

なお、

 

「藤沢さんは、いつまで、

 “元電通”を名乗り続けるのですか?」

 

というご質問を、時々受けるのですが、

私は、社会がそれを求める限り、

「電通を使う」必要があると考えています。

 

先日も、セミナーで初めてお会いした方から、

 

「電通を辞めたんですか?

 もったいないと思わなかったんですか?」

 

とご質問いただきました。

 

そのような方に、様々な視点から、

私が感じている「時代の変化」を

しっかり伝えたいのです。

 

「良い大学・良い会社という古いレールには、

 もう、これまでのような幸せな未来は無いよ。

 

 個人で自由に、誰にも管理監視されず、

 経済的にも豊かに生きていくことが、

 誰にも可能な時代。」

 

私の記事が不快だと感じる方、

私と価値観が合わない方は、

離れていくでしょう。

 

致し方無しです。

 

私はただ、自分が到来させたい未来に向かい、

批判されてでも、「電通」の名を使い続け、

社会を少しでも、変えていきたいと願っています。

 

それが、

 

「さあ、キミは電通をどう使うか。」

 

に対する、OBとしての答えです。

 

追伸;

 

本日の写真は、娘のひな祭りの様子です。

 

 

手巻き寿司に加え、ウニ&「社長の酒」^^

 

これからは、「11法人以上」で、

全員が「社長」の時代。

 

その素晴らしさが、社会に十分に浸透するまで、

発信し続けたいと思います。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

人生最大の喜びは最愛の伴侶に出逢うこと

2013年07月09日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

0709

私の最愛の2人です。

私の幸せは、
2人の幸せと共にあります。

多くの人が、
結婚は「地獄」とか、
「墓場」とか言いますが、
私は、全くそう思いません。

妻とは、出会ってから8年。

そんなに長く一緒にいると
飽きるでしょ?とか、
まだ好きなの?とか聞かれます。

しかし私は、
愛が無くなるどころか、
8年目の今、
妻を過去最高に愛しています。

こんなに私のことを愛してくれて、
こんなに息子を愛してくれて・・・、
妻には、感謝しかありません。

私は、人生最大の喜びは、
最愛の伴侶に出逢えることだと
考えています。

いくらお金を手にしても、
それをどう使うか計画し、
そしてお金使う過程で
それをどう楽しむかを
共感し合える伴侶がいなければ、
ただの無駄遣いに終わるでしょう。

それでは、虚し過ぎます。

お金を追い掛ける前に、
最愛の伴侶を探しましょう。

恋は突然やって来ます。

私が電車の中で恋したように。笑

1つの出逢いが、
人生を大きく変えるのです。

そして、突然始まった恋から、
愛をどう育んでいくのか。

それはまた今度、
書かせて頂きますね。

 

【無料】月収300万円メール講座

⇒ http://bit.ly/13MImVc

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 

仕事の中に人生を見付けよう

2013年07月08日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

0707_1

大半の人は、
「仕事」と「人生」を分けて考えます。

あるいは、「仕事」は
「人生」の一部と割り切って、
独立した存在と見なしています。

私も、前職の時はそうでした。

平日9時半から17時半の
業務時間は、「耐える時間」として、
人生の中で切り分けていました。

残業の多い部署だと、
21時、22時、あるいは、
深夜1時、2時までが、
「耐える時間」です。

土日の出勤もあれば、
人生ほぼすべて、
「耐える」為に生きていた
ということになります。

仕事は人生の大半を占めます。

仕事が嫌いということは、
人生が嫌いということです。

だからこそ、
私は飛び出しました。

仕事を人生にする為に。

そして今、
仕事が人生であり、
人生は仕事、
と捉えられるようになったことが、
とても幸せです。

あなたがもし、
今の仕事に不満を言いながらも、
転職や独立を選ばないなら、
実は、満足している証拠でしょう。

無駄な不満を重ねて
自分自身や周囲の人を
不快にさせるより、
堂々と、仕事を人生と
言い切ってしまいましょう。

仕事の中に人生を見付けられた時、
私達は「生まれてきた意味」を
掴むことになるのです。

せっかく授かった命。

仕事をどう捉えるかで、
天国にでも地獄にでもなります。

どうせなら、天国にしませんか?

 

【無料】月収300万円ノウハウ公開

⇒ http://bit.ly/13MImVc

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料