■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「子ども・子育て拠出金」引き上げ=増税

2017年04月19日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

会社員の方には見えないところで、こっそり、

「増税」されている事実があります。

 

社会保険の中の「子ども・子育て拠出金」が、

今月から引き上げられるのです。

私が起業した2012年当時は、

その拠出率は標準報酬の「0.13%」でした。

 

しかし、この5年でどんどん上がっていて、

20174月からは「0.23%」ですので、

ほぼ倍増です。

 

それでは、この5年で子育ての環境が

それだけ良くなったかと考えると、

全くそう思えない方が大半だと思います。

 

特に、都心の待機児童問題は全く解決せず、

むしろ、悪化しています。

 

私は幸運にも、起業して自由になったことで、

息子が4歳になるまで家庭保育で育て、その後、

希望した幼稚園に入れることができましたが、

周囲の方とお話しすると、現実は悲惨です。

 

保育園に2年連続で落ちて、

仕方無く英語系の保育園に入れ続けているものの、

月に10万円以上の教育費が必要。

 

奥様のパート代が月10万円程度なので、

何のために働いているかわからない、、、というAさん。

 

複数の幼稚園に落ちてしまい、

自宅から遠くの園までの通園を余儀無くされ、

多大な労力が掛かっているBさん。

 

その他にも、多くの方が悩んでいらっしゃいます。

 

以前、耳を疑った、

 

「一時的に離婚して点数を稼ぎ、

 子どもを保育園に入れてから籍を戻す」

 

という異常事態も、冗談では済まない状況です。

 

政府が子育ての名目でお金を徴収していながらも、

実際の子育て環境が悪化しているという現実に、

大いなる矛盾を感じざるを得ないですね。

 

また、「子ども・子育て拠出金」に関しては、

社会保険の中でも事業主だけの負担となっているので、

労働者と折半される「健康保険」や「厚生年金」と違い、

増額されても、全く目立ちません。

 

実際は、人件費の一部ですから、

国民からの増税と同義なのですが、

できるだけ見えないようにしながら、

こっそり上げ続けているとしか思えません。

 

小泉進次郎氏が推進する「こども保険」が実現した時、

また同じ道を辿らないことを願いながらも、

国任せでは育児環境問題が解決しないと強く感じています。

 

今こそ、個々人の意識と行動が大切ですね。

 

なお、妻の実家・熊谷は、待機児童がほぼ無く、

物価も安くて、あらゆる伝統などが守られる

とても素敵なところです。

 

 

このような、子育てしやすい環境に移住するという

選択肢を持つのも、個人でできる1つの解決策ですね。

 

異常に暑いのだけが難点ですが、、、

 

昨日の午後も、30度近い灼熱の中、

お稚児さんになった息子と頑張って練り歩きました。

 

 

そして、衣装を脱いだ息子は、

映画「呪怨」の俊雄くんに見えて、、、

 

 

ちょっと怖かったです。笑

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


「顧客のために」から「顧客の立場で」へ

2017年04月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

商品やサービスが「売れない」と悩んでいる方は、

「顧客のために」と考えていることそのものに

原因があることが多いと感じます。

 

顧客のニーズが目まぐるしく変化する時代、

過去の経験や既存の概念をもとに

顧客の求めるものを「決め付け」て、

思い込みで売り付けているのです。

 

そのような態度だと、顧客はますます、

買わなくなってしまいます。

 

変化が激しい時代だからこそ、

私達は「顧客のために」ではなく、

「顧客の立場で」考えることが必要なのです。

 

このことは、子育てにおいても、全く同じです。

 

「子どものために」

 

という気持ちが行き過ぎて

強く叱ってしまうことは、実は、

子どものためになっていません。

 

自分の経験や常識から、

 

「子どもはこうあるべきだ」

 

という思考や感情を優先させて叱ることは、

子どもが本当に必要としていることと違うのです。

 

日々成長して、取り巻く環境も変わる中、

「子どもの立場で」考え、その上で、

改善すべきことを丁寧に教えてあげれば、

子どもの反応も大きく変わります。

 

商売の話に戻せば、たとえば、ヨーカ堂は2008年、

期間中に買い上げたレシートの合計額5000円ごとに、

ガソリン1リットル10円割引券をプレゼントし、

前年同期比20%増の売上高を実現しました。

 

当時は、記録的な原油の高騰で

ガソリン価格の上昇が続いていたので、

その消費者心理に対して、

「顧客の立場で」考えたサービスをしたからこそ、

成功するキャンペーンになったのです。

 

もし、「顧客のために」という発想だけなら、

ただの値引きキャンペーンに終わり、

ここまでの売り上げにはならなかったでしょう。

 

刻一刻と変化する社会を注視しながら、

顧客の立場で考え続けることに、

ビジネスの成功もあるということですね。

 

追伸;

 

金の舌を持つ大人のための、代官山「kintan」。

 

 

 

極上の和牛だけではなく、

キャビア、フォアグラ、トリュフを味わうコースは、

お肉と同時に「たまには贅を尽くしたい」顧客の立場を

しっかりと理解していると感じました^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


富裕層への課税と海外移住

2014年10月21日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

sunaba1021

 

お金持ちにもっと課税せよ!

という主張がありますが、

それは日本の衰退を早めます。

 

何故なら、

今や海外移住の障壁は低く、

日本を居心地悪く感じた富裕層は

簡単に外に飛び出してしまうからです。

 

そうすると、日本には、

お金を稼げない人ばかりが

残ることになってしまいますよね。

 

そんな国に、

未来はあるのでしょうか・・・。

 

子ども手当の所得制限が議論されたり、

富裕税、資産税も検討されている日本は、

努力して成功した人を讃えられない国家です。

 

そんな国が、

他国に負けずに

発展していくとは思えません。

 

私が直接知っている成功者達は、

大きなリスクを取って、

並外れた努力をしたからこそ、

一代で財を成しています。

 

それなのに、

高額所得者からもっと取れ!

という嫉妬のような攻撃を浴びると、

日本にいたくなくなるのは当然です。

 

彼らも、本当は、

日本で暮らしたいはずです。

 

四季を感じたいはずですし、

美味しい日本食を食べたいはずですし、

親族・仲間と交流したいはずなのです。

 

しかし、彼らは

成功者として尊敬されないばかりか、

取れるだけ取ろうとする国や民意に

堪えることが出来なくなって、

海外に出てしまうのだと思います。

 

税制の違いが大きな引き金なのは

もちろん当然ですが、

その前提として、です。

 

私は、日本が復活する為には、

成功者を素直な目で尊敬する姿勢を

取り戻さなければいけないと

考えています。

 

そうすれば、

彼らは会社を大きくして、

雇用を増やし、社員の給料を上げて、

日本に更に貢献してくれるはずなのです。

 

努力した人が

ちゃんと報われる社会にすること。

 

それが、

現在の暗い日本を

救う道になるのではないでしょうか。

 

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Free Agent TRIBE Project】

 

半田やすひろさんと私が、

組織に依存せずに働く仲間を

拡大するプロジェクトです。

 

→ http://t.fujisawa-ryo.com/fatp

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料