■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


子どもへの「給与」と「起業家精神教育」

2017年12月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

私は、子ども達がどのような職業を選んだとしても、

「起業家精神」を持った人間であって欲しいと

考えています。

 

どこかの会社に就職した場合でも、

 

「努力しないで、安定した給与がもらえる」

 

という受け身で仕事をするのではなく、

 

「自分の給与以上の働きをする」

 

という意識で仕事をして欲しいですし、

そう思えない会社なのであれば、

潔く離れて、他の道を探すべきだと思っています。

 

また、スポーツ選手、画家、ミュージシャン、

YouTuber、プログラマー、インスタグラマーなど、

その他どんな職業でも、自分が選んだ仕事において、

 

「どうして報酬が発生するのか」

 

「その報酬以上の働きができているか」

 

「得た報酬をどう使えば、事業が安定するか」

 

常にこのようなことを考え続け、

主体的に生きて欲しいと思うのです。

 

そのような大人に育てるために、

以前から考えていたのが、

私の経営する法人から、給与を出すということです。

 

私の事業の一部は、

子ども達の「笑顔」で成り立っていると考えています。

 

私自身が、「家族の時間」を生み出すために

大企業を離れ、様々なビジネスや投資で

それを実現していく中で、

今現在の私の「幸せ」を「表現」するために、

子ども達の「笑顔」が欠かせません。

 

実際に、私の教育事業の中で、

アフィリエイトやFXなどに挑戦される方の中には、

 

「お子さま達の笑顔に癒されます。

 僕も、藤沢さんのように

 家族の時間を生み出したいです。」

 

などとおっしゃってくださる方が、

とても多くいらっしゃいます。

 

ですから、

子ども達の笑顔が人を動かしているならば、

そこに給与を出しても良いと思うのです。

 

もちろん、「年齢」や「金額」は論点になります。

 

たとえば、息子は、日々の写真をチェックしていて、

今日の3枚も約20枚の中から「この3つね!」と

選んでいるくらいですから、十分に、

私の事業に参画していると言えます。

 

 

一方で、娘は、まだ撮られていることも

あまり認識が無い状態ですから、

そこに報酬が発生するのは違和感があるでしょう。

 

金額は、毎月100万円などとなると

さすがに現実と乖離すると思いますが、

日給1000円程度、つまり、月給3万円程度なら、

その位の働きはしていると思うのですよね、、、

(また「親バカ」だと怒られそうですが、、、)

 

これまでは、私個人のお財布から、

 

「今日は良い笑顔だったから1000円あげる!」

 

などとお小遣い制にしていたのですが、

いよいよ、「給与」制にするか悩みどころです!

 

顧問税理士さんの見解としては、

 

「度が過ぎると、節税策と見られる」

 

ということでしたが、

 

「何歳から良いのか、いくらなら良いのか、

 それは明文化されていない」

 

とのことでしたので、

 

「当社の広報を担う所属タレント」

 

としての「価値」を、まずは息子から、

評価していく時期かと感じています。

 

「このまま、お小遣いで良いのでは?」

 

というご意見が多いような気もしますが、

もし、「給与」を出すなら、「何歳から」、

そして、「いくら程度」が妥当だと思われますか?

 

幅広いご意見をいただけると、大変有り難いです^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

社会の「期待」より、自分の「希望」

2017年09月29日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

「幸せになる」ためにではなく、

「幸せな人だと思われる」ために、

苦しんでいる人が多いように思います。

 

・平均年収より下だったら負け

 

・学歴が無ければ負け

 

・有名企業に勤めていなければ負け

 

・同僚より成績が悪ければ負け

 

・結婚していない人は負け

 

・子どもがいなければ負け

 

そのような無駄な「勝敗」に

気を取られ過ぎているように感じるのです。

 

他人から評価されることを望んで、

世の中のペースに取り込まれてしまっても、

それが自分にとって「幸せ」であるかどうかは、

全く別問題です。

 

もちろん、社会の中で生きていくためには、

他人の目を完全に無視することはできません。

 

しかしながら、それを気にし過ぎてしまい、

生き辛くなっている人が多いのが、

現代の日本社会だと捉えています。

 

周りのペースにほどほどに合わせながらも、

時にはペースダウンしたり、休んだり、

今いる場所から移動してみたり、、、

 

「マイペース」である人こそが、

ストレス無く笑顔で生きているのです。

 

私もそうです。

 

社会の「期待」に無理矢理合わせるのではなく、

自分の「希望」に向かって生きるようにしてから、

自分の人生が、本当に愛おしくなりました。

 

世の中のペースに巻き込まれずに。

 

そして、

 

世の中のペースに身を委ねずに。

 

つかず離れず、自分なりのペースで

生きていきたいですね。

 

追伸;

 

最近、息子と娘がベタベタで離れません。w

 

これから少しずつ、

「つかず離れず」の距離感を定めて、

時に支え合い、時に遠くで見守り合いながら、

素敵な兄妹になっていって欲しいと願っています^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

「子ども5人」と「東京ドームシティー」へ!

2017年08月18日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

私達夫婦は、子沢山家庭を望んで結婚しました。

 

しかし、大企業で過労ストレス環境下に置かれ、

心身ともに疲弊してしまった私は、医師から、

「男性不妊」と診断されました。

 

あの時に感じた、人生への「絶望感」は、

今思い出すだけでも、胸が苦しくなるほどです。

 

ですから、上原多香子さんの元夫、

TENNさんのことを思うと、、、

 

と書き出すと、

とても暗い記事になってしまうので、

今回はやめておきます。

 

現実として、私は起業したことで、

自由になり、ストレスが皆無になって、

心身の健康を取り戻し、自然妊娠で、

2人の子どもを授かったのです。

 

こんなに、幸せなことはありません。

 

そんな私達も、可能ならば、

もう1人、あるいは、さらにもう1人、

子どもが欲しいと願っています。

 

そして、この夏休みシーズンに、

妻の妹の娘、私の弟の息子・娘の合計3人を、

同じ日に預かるというチャンスがやってきました。

 

一気に、子ども5人家庭です^^

 

14歳、9歳、6歳、4歳、1歳の子ども、

そして妻、全員にリクエストを聞くと、

 

「ディズニーより怖いジェットコースターが良い!」

 

「観覧車に乗りたい!」

 

「あまり混雑していないところが良い!」

 

とのことだったので、

すべてを満たす「東京ドームシティー」へ!

 

皆で、どの順番でアトラクションを楽しむか、

真剣に作戦会議をして、身長制限や年齢制限を

しっかり考慮しつつ、効率良く楽しめるように

リーダーシップをとりながら、とっても楽しく、

充実した時間を過ごしました。

 

 

妻の妹の夫も、私の弟も、会社員です。

 

ですから、子ども達は夏休みでも、

父親は、なかなか休めません。

 

2人とも、仕事にやり甲斐を持っているので、

それは素晴らしいことだと思いますが、

現在の日本の会社員は、どうしても、

育児に多くの時間を割くことが難しいですね。

 

改めて、いつでも自由に子ども達と遊べる

現在の私の環境を、とても有り難く感じました。

 

さて、結婚前に、恋人同士として

妻とデートした、東京ドームシティ。

 

「この女性と結婚したら、

 きっと素敵な家庭を築くことができる!」

 

そう予感したこの場所で、

こうして、姪っ子、甥っ子も合わせて

総勢7名の大家族で楽しんだ時間は、

とても感慨深いものがありました^^

 

追伸;

 

たくさん写真を撮りましたので、

その一部をアップしています!

 

 

想像以上に怖かったジェットコースター、

カラオケが付いている観覧車など、

私も妻も童心に返って楽しんで、

幸せな思い出を作ることができました!w

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

子どもの数、36年連続で減少し最低更新

2017年05月05日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

子どもの幸せを願う「こどもの日」。

 

 

悲しいことですが、本日こそ、「日本の現実」に

向き合わなければいけないと思います。

 

総務省が発表した人口推計によると、

外国人を含む14歳以下の子どもの数は、

昨年より17万人も減ってしまい、1571万人と、

36年連続の減少となりました。

 

ピークだった1954年の2989万人から、

半減近いという「激減」です。

 

少子化をこのまま放置すれば、

国が滅びてしまいますから、

日本において「最優先課題」であるはずなのに、

昨日取り上げた「教育無償化」を含め、

遅々として進まない状況です。

 

現在の日本で子どもを産み育てることは、

ますます歪になる人口ピラミッドを支えるための

「老人の奴隷を育てることになる」

という見解もあります。

 

しかしながら、だからと言って

子どもを産まない選択をする人が増えれば、

日本はさらに加速的に、破滅に向かいます。

 

ですから、「財源」の確保の前に、

子供が多いほど所得税が軽減される

NN乗方式」などの税の仕組みや、

不妊への助成などをはじめ、打てる施策を

次々と打っていかなければいけません。

 

子どもを持つ世帯の経済的な負担を軽減し、

各家庭が子どもを産み育てることを、

「国全体」で支えていくことが大切です。

 

また一方で、個々人も主体的に、

「時間」と「お金」を生み出すことを

真剣に考えなければいけません。

 

私自身も、大企業を退社して起業したことで、

育児に対して全力で向き合うことができています。

 

あのまま会社員を続けていたら、

そもそも、子どもを授かっていない可能性が

とても高いと感じていますし、

もし、幸運にも授かることができていたとしても、

プライベートの時間が無く、収入も増えずに、

育児への不安やストレスに苛まれていたでしょう。

 

国民が、国の新たな政策を期待し、

働き掛けていくことも大切ですが、同時に、

当事者である私達親世代が、未来に希望を持って、

自らの可能性を拡大していくために、

努力し続けなければならないと思います。

 

子ども達に「光」を与えられるよう、

個々人ができることを積み重ねたいですね!

 

追伸;

 

ますます「変顔」が上手になる息子と、

父親の「髭剃り」を「スマホ」と間違える娘。w

 

 

この子達の様子を見つめ続ける人生は、

笑いが絶えず、最高の幸せを感じられて、

生まれて来てくれたことに感謝する毎日です^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「子ども・子育て拠出金」引き上げ=増税

2017年04月19日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

会社員の方には見えないところで、こっそり、

「増税」されている事実があります。

 

社会保険の中の「子ども・子育て拠出金」が、

今月から引き上げられるのです。

私が起業した2012年当時は、

その拠出率は標準報酬の「0.13%」でした。

 

しかし、この5年でどんどん上がっていて、

20174月からは「0.23%」ですので、

ほぼ倍増です。

 

それでは、この5年で子育ての環境が

それだけ良くなったかと考えると、

全くそう思えない方が大半だと思います。

 

特に、都心の待機児童問題は全く解決せず、

むしろ、悪化しています。

 

私は幸運にも、起業して自由になったことで、

息子が4歳になるまで家庭保育で育て、その後、

希望した幼稚園に入れることができましたが、

周囲の方とお話しすると、現実は悲惨です。

 

保育園に2年連続で落ちて、

仕方無く英語系の保育園に入れ続けているものの、

月に10万円以上の教育費が必要。

 

奥様のパート代が月10万円程度なので、

何のために働いているかわからない、、、というAさん。

 

複数の幼稚園に落ちてしまい、

自宅から遠くの園までの通園を余儀無くされ、

多大な労力が掛かっているBさん。

 

その他にも、多くの方が悩んでいらっしゃいます。

 

以前、耳を疑った、

 

「一時的に離婚して点数を稼ぎ、

 子どもを保育園に入れてから籍を戻す」

 

という異常事態も、冗談では済まない状況です。

 

政府が子育ての名目でお金を徴収していながらも、

実際の子育て環境が悪化しているという現実に、

大いなる矛盾を感じざるを得ないですね。

 

また、「子ども・子育て拠出金」に関しては、

社会保険の中でも事業主だけの負担となっているので、

労働者と折半される「健康保険」や「厚生年金」と違い、

増額されても、全く目立ちません。

 

実際は、人件費の一部ですから、

国民からの増税と同義なのですが、

できるだけ見えないようにしながら、

こっそり上げ続けているとしか思えません。

 

小泉進次郎氏が推進する「こども保険」が実現した時、

また同じ道を辿らないことを願いながらも、

国任せでは育児環境問題が解決しないと強く感じています。

 

今こそ、個々人の意識と行動が大切ですね。

 

なお、妻の実家・熊谷は、待機児童がほぼ無く、

物価も安くて、あらゆる伝統などが守られる

とても素敵なところです。

 

 

このような、子育てしやすい環境に移住するという

選択肢を持つのも、個人でできる1つの解決策ですね。

 

異常に暑いのだけが難点ですが、、、

 

昨日の午後も、30度近い灼熱の中、

お稚児さんになった息子と頑張って練り歩きました。

 

 

そして、衣装を脱いだ息子は、

映画「呪怨」の俊雄くんに見えて、、、

 

 

ちょっと怖かったです。笑

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「顧客のために」から「顧客の立場で」へ

2017年04月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

商品やサービスが「売れない」と悩んでいる方は、

「顧客のために」と考えていることそのものに

原因があることが多いと感じます。

 

顧客のニーズが目まぐるしく変化する時代、

過去の経験や既存の概念をもとに

顧客の求めるものを「決め付け」て、

思い込みで売り付けているのです。

 

そのような態度だと、顧客はますます、

買わなくなってしまいます。

 

変化が激しい時代だからこそ、

私達は「顧客のために」ではなく、

「顧客の立場で」考えることが必要なのです。

 

このことは、子育てにおいても、全く同じです。

 

「子どものために」

 

という気持ちが行き過ぎて

強く叱ってしまうことは、実は、

子どものためになっていません。

 

自分の経験や常識から、

 

「子どもはこうあるべきだ」

 

という思考や感情を優先させて叱ることは、

子どもが本当に必要としていることと違うのです。

 

日々成長して、取り巻く環境も変わる中、

「子どもの立場で」考え、その上で、

改善すべきことを丁寧に教えてあげれば、

子どもの反応も大きく変わります。

 

商売の話に戻せば、たとえば、ヨーカ堂は2008年、

期間中に買い上げたレシートの合計額5000円ごとに、

ガソリン1リットル10円割引券をプレゼントし、

前年同期比20%増の売上高を実現しました。

 

当時は、記録的な原油の高騰で

ガソリン価格の上昇が続いていたので、

その消費者心理に対して、

「顧客の立場で」考えたサービスをしたからこそ、

成功するキャンペーンになったのです。

 

もし、「顧客のために」という発想だけなら、

ただの値引きキャンペーンに終わり、

ここまでの売り上げにはならなかったでしょう。

 

刻一刻と変化する社会を注視しながら、

顧客の立場で考え続けることに、

ビジネスの成功もあるということですね。

 

追伸;

 

金の舌を持つ大人のための、代官山「kintan」。

 

 

 

極上の和牛だけではなく、

キャビア、フォアグラ、トリュフを味わうコースは、

お肉と同時に「たまには贅を尽くしたい」顧客の立場を

しっかりと理解していると感じました^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

富裕層への課税と海外移住

2014年10月21日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

sunaba1021

 

お金持ちにもっと課税せよ!

という主張がありますが、

それは日本の衰退を早めます。

 

何故なら、

今や海外移住の障壁は低く、

日本を居心地悪く感じた富裕層は

簡単に外に飛び出してしまうからです。

 

そうすると、日本には、

お金を稼げない人ばかりが

残ることになってしまいますよね。

 

そんな国に、

未来はあるのでしょうか・・・。

 

子ども手当の所得制限が議論されたり、

富裕税、資産税も検討されている日本は、

努力して成功した人を讃えられない国家です。

 

そんな国が、

他国に負けずに

発展していくとは思えません。

 

私が直接知っている成功者達は、

大きなリスクを取って、

並外れた努力をしたからこそ、

一代で財を成しています。

 

それなのに、

高額所得者からもっと取れ!

という嫉妬のような攻撃を浴びると、

日本にいたくなくなるのは当然です。

 

彼らも、本当は、

日本で暮らしたいはずです。

 

四季を感じたいはずですし、

美味しい日本食を食べたいはずですし、

親族・仲間と交流したいはずなのです。

 

しかし、彼らは

成功者として尊敬されないばかりか、

取れるだけ取ろうとする国や民意に

堪えることが出来なくなって、

海外に出てしまうのだと思います。

 

税制の違いが大きな引き金なのは

もちろん当然ですが、

その前提として、です。

 

私は、日本が復活する為には、

成功者を素直な目で尊敬する姿勢を

取り戻さなければいけないと

考えています。

 

そうすれば、

彼らは会社を大きくして、

雇用を増やし、社員の給料を上げて、

日本に更に貢献してくれるはずなのです。

 

努力した人が

ちゃんと報われる社会にすること。

 

それが、

現在の暗い日本を

救う道になるのではないでしょうか。

 

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Free Agent TRIBE Project】

 

半田やすひろさんと私が、

組織に依存せずに働く仲間を

拡大するプロジェクトです。

 

→ http://t.fujisawa-ryo.com/fatp

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料