■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


成功の「窓」、失敗の「鏡」

2015年03月17日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

papa_0317

 

大手書店「三省堂」の「三省」は、

孔子の弟子である曾子が言った

論語の一文から引用されています。

 

「われ日に三たび我が身を省みる」

 

「三たび」というのは、

「何度も」という意味です。

 

つまり、

 

「一日に何度も、自分を省みる」

 

ということの大切さを

説いているのです。

 

この前後の文を読み解くと、

 

 自分自身を省みる姿勢が無い人は、

 決して正しい道が見えることはなく、

 自分の使命も分からないままだ。

 

と示してくれています。

 

人は、うまくいっている時は

省みる必要が無いと判断し、

うまくいかなかった時は

相手のせいだと責任転嫁してしまい、

結局、省みらないことが多いものです。

 

「三省」どころか、

「一省」もできていない…という方が

とても多いのではないでしょうか。

 

ところが、

成功している方は違います。

 

うまくいった時は、

 

「◯◯さんのおかげです。」

 

「たまたま、運が良かっただけです。」

 

と言って、決して、

自惚れることはありません。

 

そして、失敗してしまった時は、

 

「私のせいです。」

 

「◯◯さんは悪くありません。」

 

と、我が身を省みる姿勢を

常に持っています。

 

起業家必読のベストセラー

「ビジョナリーカンパニー2」には、

こう書いてあります。

 

「成功を収めた時は窓の外を見て、

 成功をもたらした要因を見つけ出す。

 

 結果が悪かった時は鏡を見て、

 自分に責任があると考える。」

 

これは、とても深い教えですよね。

 

そして、このようにできる方こそが、

長期的に成功し続けられるのです。

 

あなたは、成功の時に「鏡」を、

失敗の時に「窓」を見ていませんか?

 

そういう態度は

周囲にすぐ伝わり、

せっかくの協力者達を

あっという間に遠ざけてしまいます。

 

ですから、

成功の時に「窓」を、

失敗の時に「鏡」を見る習慣を付け、

日々、「三省」していきましょうね。

 

これは私自身への自戒の念も込めて、

しっかり注意徹底していきたいと思います。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

孔門十哲の顔回に学ぶべし

2013年06月08日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

0520

セミナーや講演をしていると、
参加者の方のリアクションで
当日の講演の質が変わります。

こちらの想定以上に
笑ってくれたり、
頷いてくれると、
当日話す予定の無かった
極秘ネタまで話して
しまうこともあります。

音楽活動でライブを
頻繁にやっていた頃もそうです。

お客さんがノリノリになってくれたり、
バラードで泣いてくれたりすると、
演奏や歌にもっと感情が入り、
感動的なライブが実現出来ます。

予定に無かった新曲や
アドリブのカバーを取り入れて、
演者の方の気分も高揚してきて、
更に盛り上がるライブになります。

つまり、講演やライブは、
話したり、演じたりする方ではなく、
それを聞いたり、見たりする方の反応が、
とても大切だということです。

儒教の祖である孔子は、
数々の素晴らしい言葉を残しました。

それは、孔子が天才だったのは
言うまでもありませんが、
弟子の顔回が、いつも感動しながら
孔子の話を聞いていたからだとも
言われています。

顔回は、孔門十哲、つまり
孔子の弟子の中でも
最も優れた十人の弟子の中で、
随一の秀才です。

顏回は、地位や名誉を求めず、
ただただ、孔子の教えを理解し
実践していました。

『論語』の中でも、
「顔回ほど学を好む者を聞いたことがない」
と記されていて、
孔子から後継者として
見なされていたのです。

顔回は、残念ながら早く亡くなり、
孔子の後継者にしたいという望みは
果たされませんでした。

自分は、師匠・与沢翼の話を
顔回のように聞けているか。

誰かのセミナーを
その講師が気持ち良くなるような
リアクションで聞けているか。

自分自身を
見詰め直したいと思います。

 

【無料】月収300万円メール講座(全30回)

⇒ http://bit.ly/13MImVc

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料