■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


赤ちゃんの19人に1人が、体外受精で誕生

2017年09月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

2015年、国内で行われた体外受精によって、

過去最大の51001人の赤ちゃんが誕生したことが

日本産科婦人科学会から発表されました。

 

100万人の出生数に対して、

19人に1人という割合であり、その8割が、

受精卵を冷凍保存して、

時機を見計らって母親の子宮に戻し、

妊娠させる方法だということです。

 

また、国内の体外受精児は、1983年に

東北大で生まれたのが初めてで、

累計482627人になったそうですね。

 

体外受精で子を授かることに関しては、

批判的なご見解を持つ方もいらっしゃいますが、

私は、偏見を持つべきでは無いと考えています。

 

なぜなら、私自身が、4年間の不妊に悩み、

医師からは人工授精か体外受精でしか、

子どもを授かることができないと

言われた過去があるからです。

 

私達の不妊の原因は、私自身の身体にあり、

その主因は「ストレス」だということでした。

 

そこで、妻には、

 

「自分の人生を考えても、

 2人の結婚生活を考えても、

 このまま大企業にいることはできない。

 

 退社して、起業に挑戦させて欲しい。

 

 そして、心身ともに回復させるから、

 子どもはもう少しだけ、時間が欲しい。」

 

と話しました。

 

最長1年、心身の健康を取り戻す努力をして、

もし、それでも授かる力を取り戻せなかったら、

医療の力を借りたいと考えていたのです。

 

そして、身体を温め、食事に気を付け、

ストレスを排除する生活を心掛けるなどして

自分なりに心身を整えたところ、

大変有難いことに、翌々月には息子を授かり、

娘も、自然で授かりました。

 

これは、本当に奇跡的なことであり、

妊娠・出産に適した時期を

逃すリスクもありましたから、

万人にお勧めできるものではありません。

ですから、当時の私達と同じように、

 

できるだけ早く子どもを授かりたいと願う方達には、

医療の力を借りることも、早期に、

視野に入れるべきだと考えています。

 

そこでの問題は、高額である費用です。

 

助成金が不足していて、

私の知人の中には、なかなか上手くいかずに、

数百万円を失った上で、諦めてしまった方も

現実としていらっしゃいます。

 

少子高齢化を解決する1つの策としても、

まだまだ不足する国の赴任への助成が拡大することと、

医療の進展により、治療の女性の心身への負担が

少しでも軽減されることを願っています。

 

追伸;

 

本日の写真は、息子が娘に

絵本を読んであげている様子です。

 

社会の現実を知ることで、

こうして息子と娘、2人が誕生し、

成長していくことの奇跡に、

改めて、感謝しております。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

マクロとミクロのアルゴリズム

2014年02月15日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

20140111_18 2 

「日本人は」「日本の働き方は」

というように、マスコミは

マクロの視点で語ります。

 

しかし、そのような情報を

ぼんやり眺めていては、

ビジネスチャンスを見誤ります。

 

日本の少子高齢化

 

TPPへの参加

 

日中韓関係

 

などがどう影響するかは、

大企業の人、

町工場の人、

ITベンチャーの人、

サービス業の人など、

それぞれの立場によって

全く違います。

 

個々人にとって、

「日本人は」という主語設定は、

何の解決策も導き出さないのです。

 

このようなマクロに逃げて、

自分の悩みや不安を

国や政治や時代のせいにし、

現実を直視することから

逃げてはいけません。

 

例えば、

日本の株価はバブルから

大きく下げましたが、

2/3の企業の株価は上がっています。

 

平均株価を押し下げているのは、

1/3の大きな銘柄なのです。

 

ソフトバンクの時価総額はこの20年で、

KDDIを抜き、Docomoを抜き、

国内ではトヨタに次いで2位になりました。

 

全世界のマクドナルドの時価総額も

抜き去っています。

 

日本は「失われた20年」でしたが、

そんな日本の中で、

孫さんはゼロから10兆円超を

生み出したのです。

 

マクロで見ると

日本市場で戦うことは

難しいと感じてしまいますが、

ミクロの視点で見れば、

日本にはビジネスチャンスが

山ほどあります。

 

マクロに騙されないで、

ミクロの視点でしっかり

市場のニーズや動向を

見極めるようにしたいですね。

 

さて、

 

『週休5日で年収1000万円』

 

という情報が公開されました。

 

http://fujisawa-ryo.com/5days-free

 

このような情報も、

ミクロの視点で分析してみて下さい。

 

7億稼いだ彼を自分に置き換えて、

そのノウハウをどのように活用出来るか、

しっかりとシミュレーションすることで

大いなる学びが得られます。

 

羨ましいなあ、、、

と眺めるだけでは、

全く無意味ですよ。

 

マクロとミクロの視点を

コントロールするべく、

アルゴリズムを鍛えましょう。

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料