■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


元電通社員の「詐欺」による逮捕に関して

2018年01月13日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 


電通の後輩が、詐欺の容疑で逮捕されました。

 

 

会社の買収資金名目で、グッズ販売会社の社長から

2000万円を騙し取ったとのことです。

 

彼は、交友関係が幅広く、芸能界にも知人が多くて、

ジャニーズ所属タレントとも

頻繁に飲みに行くような男でした。

 

容姿も派手でしたから、社内でも目立つ存在で、

親しくする人と、敬遠する人が、

大きく分かれるようなタイプです。

 

私は、強面の割には素直なところを知っていたので、

他の社員と同様に付き合っていましたが、

今回の逮捕の報道を受け、裏切られたように感じ、

大変遺憾に思います。

 

実は、一部の報道で明らかになった通り、

彼は、RIZAP3億円を請求するという恐喝の容疑で、

2015年に1度、逮捕されています。

 

 

その直後、電通から懲戒解雇になり、

何度か、彼から私にも連絡がありました。

 

彼が、罪を犯したことを深く反省し、

真面目に生きていく決意をしたのならば、

私が知る個人で収入を得る方法を

指南することも考えていました。

 

しかしながら、恐喝事件が示談になった後も、

本人の反省の色は薄いと感じられ、

彼とは距離を置いていました。

 

その先に、このような悲劇が起こりました。

 

ですから、私としては、複雑な感情もあります。

 

私が、もっと積極的に、

彼にビジネスや投資の指導をしていれば、

彼が罪を犯すようなことはなかったのではないか、、、

 

その一方で、その後も付き合いを続けていれば、

私も犯罪に巻き込まれてしまう可能性があったので、

距離を置いておいて正解だった、、、

 

様々な思いで、揺れています。

 

いずれにしても、

人の人生は、少しのボタンの掛け違いで

大きな転落が待っているということは

強く意識したいと感じます。

 

なお、彼が現役の電通社員だった当時、

恐喝で逮捕されても、報道では

「電通社員」と明かされることはありませんでした。

 

しかし、こうして退社した後の詐欺容疑では、

「電通の元社員」であることが大きく報道されます。

 

これが、彼が所属していた時に電通から圧力があったのか、

報道するメディアの勝手な忖度だったのか、

現場を離れた私には分かりません。

 

ただ、報道のあり方として、

誰もが、疑問に思うことではないでしょうか。

 

この数年で、電通の神話が崩壊したと見る方も多いでしょう。

 

実際、「電通ブランド」は、完全に崩れ去っています。

 

私は、地に堕ちる古巣を脱した身として、

「破壊の先の創造」ができるよう、努力を続けるのみです。

 

自分を戒め、日本に少しでも貢献できるよう、

私にできることを続けていく所存です。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

週刊文春「電通の真実」激震ドキュメント

2016年12月15日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

 

ベッキーの不倫報道などスクープを連発し、

2016年の多くの話題を放ってきた週刊文春が、

「電通の真実」を報じています。

 

 

 

1.電通社員にライターで焼かれた女子大生

 

2.労基署に行けば解雇と通告された契約社員

 

3.ライザップへ3億円恐喝未遂で懲戒解雇の元社員

 

4.森喜朗に400万円献金、東京五輪をめぐる蜜月

 

今回の記事化にあたり、私も週刊文春の記者さんから

複数回、ご取材いただきました。

 

そして、彼らがこれだけのスクープを出せる勝因を

目の前で見せていただきました。

 

文春の記者さんは、「1行の裏取り」のために、

莫大な時間とお金を掛けるというポリシーで挑みます。

 

その過程では、取材に掛けた時間やお金が

全くの無駄になることも、当然、多くあるそうです。

 

しかしながら、たとえそうなったとしても、

「疑わしきは罰せず」という精神で挑み、

明らかに「黒」であると確定したことだけを

記事にしています。

 

また、お金目的のタレコミは相手にせず、

自らの足で掴んだ情報だけを報じているのです。

 

社員手帳から「鬼十則」を削除するなど、

表向きには、少しずつ変化を見せている電通。

 

ところが、これだけ社会で問題視される中で、

女子大生の腕をライターで焼く社員がいるなど、

言語道断でしょう。(この事件は報道過熱後)

 

文春の記者さんは、こうおっしゃっていました。

 

「今回、取材を進める中で、

 驚くべき電通の実態が明らかになりました。

 1度徹底的に糾弾し、改革を促さなければ、

 電通も日本も変わらないでしょうね。」

 

私も、「長時間労働」だけではなく、

パワハラ、セクハラなどが横行する

電通社内の悪しき文化を変えなければ、

何も変わらないと訴え続けてきました。

 

ですから、今回の記事で指摘されたように、

電通の中に眠る異常な体質を早急に変えることが

極めて重要だと考えています。

 

また、昨今の電通の問題に対しては、

 

「電通をスケープゴートにするな」

 

という声も大きくなってきましたが、

私は、罪を犯した人や組織は糾弾されて当然であり、

その原因や改善策を社会で考え、

当事者以外の個人や組織の「教訓」へと昇華することが

社会を変えることにつながると考えています。

 

そして、記事の中でも触れられている通り、

「クライアントの何でも屋」である電通の問題は、

仕事を与えるクライアント側にも元凶があるのではないか、

という視点も含めて、引き続き、考察すべきだと思います。

 

インターネット広告の不正請求という詐欺事件の詳細、

強制捜査の結論が発表されるであろう年末年始、

電通が社会にどう発信し、どう変化していくのか、

私自身も古巣の言動を見つめて考察した上で、

あなたの考える機会にもしていただきたいと願っています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料