■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


選択的「夫婦別姓」へ、国を提訴

2017年11月10日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

外国人との結婚では同姓か別姓かを選べるのに、

日本人同士の結婚だと選択できないのは

「法の下の平等」を定めた憲法に反するとして、

サイボウズの青野慶久社長が国を提訴しました。

 

青野社長は、旧姓の「青野」で

経営者としての信頼を築き、経営するサイボウズを

2000年に東証マザーズに上場させています。

その後、2001年のご結婚で姓が変わりましたが、

 

所有していた株式の名義を戸籍上の姓に書き換えるのに

300万円の費用を要したそうです。

 

「働き方が多様になった方が

 働きやすくなるのと同じで、

 姓も選択できる方が生きやすさにつながる」

 

と訴えていらっしゃり、私も賛同します。

 

なぜなら、私の母は、3度の結婚をしていて、

姓を3回も変えて4つの姓を名乗ってきたという半生で、

その度に、母がとても苦労しているのを

目の前で見ているからです。

 

さらに、私も思春期の改姓によって

周囲の方の視線を痛く感じた過去が

現実としてあるからです。

 

もちろん、結婚によって一緒になったことの「幸福」が

「同姓」によって少なからず得られることは、

全く否定しません。

 

しかし、それがすべてだとは思いません。

 

最も大切なのは、

 

「名前のつながり」

 

ではなく、

 

「心のつながり」

 

なのです。

 

「夫婦同姓」に縛られることでネガティブに働く何かが、

社会の中に少なからずあるのであれば、

それを解放する「自由」があってしかるべきだと

私は考えています。

 

たとえば、先日IT企業を設立した柴咲コウさんも、

お名前は「芸名」であり、ご本名ではありません。

 

ですから、会社の登記は、ご本名でされています。

 

ところが、会社のHPなどでは、

代表取締役「柴咲コウ」として、

堂々と表記されています。

 

そして、この事実に関して、

私は、全く問題無いと捉えています。

 

社会の中で生きていくために、自ら選んだ名前を、

そのまま刻めば良いと思うからです。

 

「夫婦は同姓でなければいけない」

 

「戸籍上の名前を名乗らなければいけない」

 

このような、個人を縛り付けるような古い常識は

「ダイバーシティ」「LGBT」を認める現代に

相応しくありません。

 

少子化を解決するために、結婚の制度自体も、

これから変化を求められるでしょうが、

まずは、選択的「夫婦別姓」だけでも、

認められる社会であって欲しいと思います。

 

それにしても、青野社長は、

「働き方改革に関するお詫び」広告などをはじめ、

社会活動を積極的にされていて、凄いですね。

 

今回の提訴も、社会を大きく変える一歩となることを

心から願っています。

 

追伸;

 

平日の午後は、「人気カフェ」ものんびりできます!

 

 

何にも縛られずに「自由」であることは、

本当に幸せなことだと、私は感じております^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

家庭を品格ある「最高の楽園」に

2016年05月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

aoi0503

 

ベビードレスを身にまとった天使が、

我が家に舞い降りて来てくれました。

 

区役所に提出した出生届も無事に受理されて、

戸籍上でも、すでに家族の一員です。

 

娘を我が家に迎え入れて、父親として考えることは、

家庭を品格ある「最高の楽園」にしていきたい

ということです。

 

私達の一万円札の顔でもある福澤諭吉は、

 

「家風こそ、無上の良教師なれ」

 

と言っています。

 

親が、行動において節度を保ち、

美しく生きていくという家風こそが、

子供の品格をしっかり育てて、

能力も開発していくということです。

 

インターネット、マスコミの世界の中や、

家を一歩外に出た時に出会う人の中には、

見苦しいことをしてしまう人も少なからずいます。

 

そのような中で、

様々な悪影響が懸念される現代社会ですが、

もし、子供が、

 

「我が家こそが、最高の美、最高の楽園だ」

 

と確信していれば、

そのようなものには染まらないのです。

 

「この家に生まれて、本当に良かった」

 

と、心の底から自分の家を誇りに思ってくれた時、

子供は他からの悪影響をほとんど受けないのですね。

 

だからこそ、私達夫婦は、

お互いを尊重し合い、支え合い、

温かい家庭を築いていこうと誓い合っています。

 

そして、人は1人では生きていけないけれども、

愛の力を育めば、大きな力を得ることを

家庭の中でしっかりと教えていきたいと思います。

 

福澤諭吉は、若い頃に父親を亡くしてしまい、

とても苦労しています。

 

そして、妻も、私も、片親で育っています。

ですから、両親が揃っていなければダメ、

ということではありません。

 

どんな状況でも、

家庭に「団欒」と「品格」があれば、

子供はすくすく育つと考えています。

 

ところが、今の日本社会では、

両親が健在なのに、夫婦共働きで、

子供が親と接する時間が極端に少ない家庭も少なくは無く、

この問題はとても大きいと考えています。

 

1人でも多くの方が、私と同じように、

常に家族と一緒にいられる環境を手にし、

「最高の楽園」をたくさん、

社会の中に生み出して欲しいと願っています。

 

そのお力添えができるように、

私も可愛い天使を守りながら、

努力を続けていきますね!

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料